あなたがカードローンに求めるものや条件は?借りる目的は?置かれた状況は?

「どうしても今日中にお金が必要!!」
「絶対に家族には内緒!!」
「月々の返済額が小さいところがいい」
「審査に落ちそうで不安・・・」
カードローンを利用すると言っても、人によって目的やニーズ、状況というのは異なるもの。
ここでは、そんな様々なニーズや求め、状況に応じた最適なカードローンを見つけることが出来ます。

エージェントが各カードローンを徹底調査し、あなたの求めに合致するものを厳選して紹介!
ぜひ、あなたにピッタリの1枚を見つけて下さい。

人気のカードローンから選ぶ

プロミス

実質
年率
4.5%~17.8%
30日間無利息※1
最高
限度額
1~500万
審査
時間
最短30分
融資
スピード
最短60分
最低
返済額
月1,000円
収入
証明書
50万円まで不要
比較タイトル 比較タイトル

平日だけじゃなく土日も祝日も、最短当日融資が可能!

inform-btn2
inform-btn2-sp
  • ※1メールアドレス登録とWeb明細の利用登録をされた方。
  • ※1メールアドレス登録とWeb明細の利用登録をされた方。

新生銀行カードローン レイク

実質
年率
3%~18%
2つの無利息制度あり
最高
限度額
1~500万
審査
結果
申込完了画面に表示
融資
スピード
最短即日※1
最低
返済額
月3,000円
収入
証明書
100万円まで不要
比較タイトル 比較タイトル

攻めてる銀行系カードローン。即日にも強く、2つの無利息制度も好評

inform-btn2
inform-btn2-sp
  • ※1即日融資希望の場合、平日14時迄に申込と必要書類確認の完了が必要
  • ※1即日融資希望の場合、平日14時迄に申込と必要書類確認の完了が必要

アコム

実質
年率
3%~18%
30日間無利息
最高
限度額
1~800万
審査
時間
最短30分
融資
スピード
最短60分
最低
返済額
月1,000円
収入
証明書
50万円まで不要
比較タイトル 比較タイトル

2016年 大手カードローン3社の中でNO.1の審査通過率 ※1

inform-btn2
inform-btn2-sp
  • ※1それぞれのIR情報を参照。アコム(新規貸付率)・プロミス(成約率)・アイフル(無担保新規成約率)
  • ※1それぞれのIR情報を参照。アコム(新規貸付率)・プロミス(成約率)・アイフル(無担保新規成約率)

ニーズ別・状況別おすすめカードローン比較!

今日中にお金を借りたい!

「明日じゃだめ! 今日中にお金が必要なんです!」という人のためのおすすめ比較。即日の中でも「振込で借りたい」、「土日も祝日も当日中に借りたい」という人のためのページも用意しています♪

既に借入があるけど
追加で借りたい!

審査が心配な人は「2社目3社目以降」の比較ページを。年収3分の1の規定に引っ掛かりそうな人は「総量規制対象外」のページを。利息を下げたい、まとめたいという人は「一本化」のページをチェック♪

内緒で借りたい!

「とにかく秘密!」「バレたくない!」という人のための比較特集ページ。もちろん商品の比較だけじゃなく家族、会社にバレずに借りるポイントも紹介しています♪

初めての借入なんです!

「人生で初めてのカードローン!」という人のためのお勧め紹介ページ♪ イメージ良好な「銀行カードローン」と「無利息期間あり」のカードローンを集めてみました。

出来れば安く
お得に借りたい!

「やっぱり気になるのは金利や利息…」という方は、低金利や無利息期間ありの特集を。「毎月の返済負担を小さしたい…」という方は、返済額が小さいカードローン特集をチェック♪

審査が不安・・・

「審査に自信がない…」、「私でも僕でも借りれる?」「審査が甘いカードローンってどれ?」という人のためのお勧め比較♪

専業主婦なんです!

専業主婦(主夫)の人の為の比較ページ。無職の専業主婦でも借りれる貴重なカードローンを集めてみました。

パート・アルバイト
なんです!

「パート労働やアルバイトでも借りれるの?」と心配な人のカードローン特集。ズバリお勧めの1枚はコレ!

派遣社員なんです!

安定した収入があれば派遣社員でもカードローンの利用は十分OK。派遣の方にお勧めのカードを集めました♪

フリーランス、
個人事業主なんです!

フリーランスや個人事業主でも借りれるの? と心配な方の為に、なるべく借りやすいカードを集めてみました。

学生なんです!

学生でも20歳以上であること。そしてアルバイトなどで定期収入があればカードローンの申込みはOKなんです♪



scope

自分で細かく条件を指定してカードローンを選びたい場合は、こちらで検索♪
あなたのニーズにあったカードローンをワンショットで検索できます。ズキュン♪

0件 Hit!

借り入れ・返済で使用したいコンビニ

借入限度額

審査スピード

融資スピード

借り入れ方法

返済方法

金融機関

0件 Hit!

カードローンの比較で失敗しないポイント!損をしないカードローンの選び方!

ナターシャよ。
カードローンを比較する際、「何に気を付ければ良いのか?」をここで徹底的に解説。特に、カードローン選びで失敗したくない人、損をしたくない人は必見よ。」

金利で比較する際のポイント

誰しも、なるべく低金利のところで借りたい!と思うもの。

その為、各社の金利を比較し、より低いところで借りようとするのだけど、実は、「金利を比較する際の大切な2つのポイント」を見過ごしてしまい失敗してしまっている人も多いのよね。

ポイント1.自分の希望する借入金額に応じた金利で比較すること!

気になる、「ポイントの1つ目」は・・・

ズバリ、金利を比較する際には、必ず「自分が希望する借入金額に応じた金利で比較する」ということ。

一見、当たり前のようだけど、このパターンで失敗している人が多いのよね。

例えば、楽天銀行スーパーローンの利率は、「年1.9%~14.5%」で、イオン銀行カードローンBIGは、「年3.8%~13.8%」

失敗する人は何故か、低い方の金利(これを「下限金利」と言います。)ばかりに注目し、下限金利でカードローンを比較してしまうのよね。

上記の場合だと、「楽天が1.9%でイオン銀行は3.8%だから楽天の方が金利が安い!」というように判断してしまうの。

でも、以下の表を見てもらえればわかる通り、どちらが低金利なのか?の答えは、希望する借入限度額によって変わってくるのよ。

楽天銀行スーパーローンの金利

ご利用限度額 実質年率
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万円未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
10万円以上100万円未満 14.5%

イオン銀行カードローンBIGの金利

ご利用限度額 実質年率
700万円以上~800万円 3.8%
400万円以上700万円未満 4.8%
300万円以上400万円未満 7.8%
100万円以上300万円未満 8.8%
30万円以上100万円未満 13.8%

30万円を借りる、と想定して考えてみようかしら。

上記の表を見ると・・・限度額30万円の金利は、楽天銀行が14.5%でイオン銀行が13.8%。

つまり、借入希望額が30万円の時については、イオン銀行の方が低金利ということになるのよ。

いま見てもらったように、金利で比較する時は、必ず自分の借入希望額に応じた金利で比較すること。

そうじゃないと、せっかくの比較が台無しになっちゃうのよね。

ポイント2.金利に幅がある場合、高い方の金利で比較すること!

例えば、楽天銀行。

借入限度額が「200万円~300万円」の金利を見てみると・・・6.9%~14.5%というように、幅があるわよね?

こんな時、なぜか多くの人は安い方の6.9%という最低金利でもって他社との比較をしがちなのよね。

確かに金利に幅がある場合、どの金利が適用されるのかは分からないように思えるわ。

だけど、実はそこが落とし穴。カードローンの意地悪な点でもあるのよ。

実は金利に幅がある場合というのは、十中八九、その範囲内での最高金利が適用されることになっているの。

楽天スーパーローンで言うと・・・・

借入限度額200~300万円(金利6.9%~14.5%)の場合は、14.5%。

6.9%~14.5%というようになっているけど、よほどの事情が無い限り14.5%より低い金利が適用されることは無いのよね。

これは借入金額が200万円であっても300万円であっても同じ。

「300万円の方が金利は安くなるでしょ。」と思われがちだけど、実際には、どちらの場合も最高金利の14.5%(上限金利)が適用されるのよ。

新規借り入れの場合であれば、尚更よ。

返済に関して比較する際のポイント

借入の時だけじゃなく、借りた後のことにも目を向けることが重要よ。

ここでは「返済方法」や「月々の返済額」にてカードローンを比較する際のポイントを解説しているわ。

ポイント1.「返済方法」の比較の際は手数料だけじゃなく、「その返済方法自体」が持つメリット・デメリットにも目を向ける!

返済方法について比較する時、多くの人は、手数料ばかりに注目するけど、それだけだと不十分なのよね。

というのも、手数料以外にも、実は隠れたメリットやデメリットというのがそれぞれあるからよ。

例えば、口座振替。

これには、手数料が掛からないというメリットがあるけれど、それ以外にも、「いちいちATMに出向かなくても良い」というメリットだったり、逆に、「通帳に履歴が残る為、身内にバレてしまう可能性がある」というデメリットがあるのよね。

だから返済方法を比較する際は、手数料だけではなく、「その返済方法自体が持っているデメリット・メリット」にも目を向けることをオススメするわ。

それぞれの返済方法が持つメリットとデメリットを整理しておいたから参考にしてみて。

代表的な返済方法とそれぞれのメリット・デメリット

返済方法 メリット デメリット 備考
自社ATMでの返済 手数料がかからない 出向く必要がある ローンカードをATMに差込み返済するパターン
履歴残らずバレにくい
提携ATMでの返済
(コンビニ含む)
履歴残らずバレにくい 出向く必要がある ローンカードをATMに差込み返済するパターン
銀行系のカードローンの場合にはATMの使用手数料が0円というところが多い 消費者金融系のカードローンの場合には基本的にATM手数料がかかる
銀行振込 ネット振込なら出向かなくて良い ATMでの振込の場合は出向く必要あり
手数料がかかる
履歴が残るためバレる可能性がある(※1)
Pay-easyでの振込 手数料がかからない ATMを使う場合は出向く必要あり
ネットバンキング経由なら24時間瞬時に振込まれる 履歴が残るためバレる可能性がある
ネットバンキング経由なら出向かなくて良い
口座振替 手数料がかからない 履歴が残るためバレる可能性がある
出向かなくて良い

(※1)

キャッシュカードを使い振込みをした場合やネットバンキングを使った場合

ポイント2.「月々の最低返済額」を比較する際は、借入希望額に応じた返済額で比較しよう!

最低返済額とは、契約により決められた「毎回の最少の返済額」のこと。

なるべく月々の返済額を抑えたい人は、この最低返済額に注目することで、自分のニーズに合ったカードローンを選ぶことが出来るという訳ね。

そんな最低返済額にて、カードローンを比較する場合の注意点は何かというと・・・

ズバリ、自分が希望する借入限度額にて、各社の最低返済額を比較すること。

何故なら、これは金利と同じで、借入限度額に応じて、最低返済額も変動するからよ

しかも、カードローン会社によって変動の設定もバラバラ。

その為、借入限度額10万円の場合には、A社の方が安いけど、15万円の場合には、B社の方が安い、といったことも起こるのよ。

なお、具体的にいくらの額になるのか?については、オリジナルの「最低返済額 比較システム」をぜひ使ってもらいたいわ。

借入したい金額を選んでボタンを押すだけで、各社の最低返済額が表示されるわ。

ポイント3.「月々の返済額」を比較する際は、最終的な利息や総返済額にも目を向けよう!

特に、なるべく月々の返済額を抑えたい、という人には気を付けてもらいたい点ね。

何故なら、毎回の返済額が少ないということは、完済までに時間がかかるため、最終的な利息や返済額がかさんでしまうからよ。

確かに、月々の負担が軽いか、重いかは重要。

だけど、最終的な利息や総返済額というのも重要だから、そちらにも目を向けて欲しいわね。

例えば以下の表はモビットで30万円を借りた場合の返済シミュレーションだけど、月々の返済額が数千円変わるだけで、利息や返済総額、返済期間がこんなにも変わってくるのよ。

モビットで30万円を借りた場合の返済シミュレーション

毎月返済する額 返済回数 返済期間 利息総額 返済総額
1万1千円 36回 3年 88,683円 388,683円
1万5千円 24回 2年 59,332円 359,332円
2万円 18回 1年6ヵ月 42,404円 342,404円
2万5千円 14回 1年2ヵ月 33,260円 333,260円
3万円 11回 11ヶ月 27,483円 327,483円
3万5千円 10回 10ヶ月 23,561円 323,561円
4万円 9回 9ヶ月 20,640円 320,640円
4万5千円 8回 8ヶ月 18,466円 318,466円
5万円 7回 7ヶ月 16,800円 316,800円
5万5千円 6回 6ヶ月 15,406円 315,406円
6万円 6回 6ヶ月 14,257円 314,257円
6万5千円 5回 5ヶ月 13,286円 313,286円
7万円 5回 5ヶ月 12,525円 312,525円
7万5千円 5回 5ヶ月 11,763円 311,763円
8万円 4回 4ヶ月 11,136円 311,136円
8万5千円 4回 4ヶ月 10,680円 310,680円
9万円 4回 4ヶ月 10,226円 310,226円
9万5千円 4回 4ヶ月 9,772円 309,772円
10万円 4回 4ヶ月 9,317円 309,317円

※金利(年率)18.0%

口コミで比較する時のポイント

カードローンを絞り込む際、利用者の口コミにて選定するという人も多いわね。

ということで、ここでは口コミにてカードローンを比較する際のポイントについて触れておくわ

ポイント1.口コミで審査の難易度などを比較するときは、自分と属性が近い人の投稿を参考にしよう!

属性とは、年齢や年収、他からの借入状況、家族構成(未婚・既婚・子あり・子なし)や雇用形態(正社員・アルバイト・パート)と言った個人情報のことね。

特に口コミにて、「審査の難易度」「与えられる借入限度額」を探ろうとする場合には、自分の属性と近い人の口コミを参考にないと、有益な情報取集にはならないわ。

何故なら、カードローンの審査というのは、まさに「属性」や「信用情報」を元に行われるのだから、属性が異なれば当然、審査結果も変わってくるからよ。

特に、「年収、年齢、勤務先、雇用形態、借入状況」の5つの属性は、どのカードローンでも重要視している項目だから、口コミを参考にする場合にはこれらが近い人の投稿を見るようにしましょう。

それに対し、「即日融資の成功率」や「審査スピード」、「カードローンの満足度」などについては、属性や信用情報はあまり関係ないから、全体的な口コミ評価を参考にしてもらえれば良いわね。

ポイント2.満足度を比較する場合は悪い口コミにも目を向ける!

カードローンに限った話じゃないけど、どこの会社でも自社が不利になるような情報をわざわざ商品紹介ページに書かないのよね。

なので、カードローンの満足度に関する口コミを見る際には、特に不満足と感じている人が、何に対してそう思っているのか?に注目してもらうと良いわ。

なお、うちの口コミでは、投稿者に必ず良いと思った点とイマイチだと思った点を聞いているから、参考にしてもらっても良いわね。

審査について比較する際のポイント

カードローンに申し込む前、何が気になるって、やっぱり審査よね。

ここではそんな気になる審査について比較する際に抑えてくべきポイントを説明するわ。

ポイント1.審査の難易度(甘い・辛い)は参考程度に捉える

理由は至って簡単。

カードローンの審査基準や審査の通過率というのは、基本的にどこの会社も非公開だからよ。(ただし、例外はコチラ

確かに、口コミデータや体験談、元社員(審査担当者)からの情報を元に、ある程度、推測するということは可能だけど、やはり、そこは「ある程度」のお話。

およその傾向は分かったとしても、実際の結果はどうなるか?は、様々な事情が絡み合うため、予想通りにいかないこともあるのよね。

実際、一般的に審査が甘いと言われている消費者金融の審査に落ち、それよりも厳しいと言われている銀行のカードローンに通った、という事例は世の中に沢山あるわ。

だから、審査の難易度での比較については鵜呑みにしすぎないことが重要ね。

ただ、それらの情報が役立たないか?というとそうでもなく、もちろん情報の質にもよるけど、大よその傾向というのは掴むことが出来るから、信頼できる情報源なのであれば、参考にしてもらって良いと思うわ。

例外 アコム・プロミス・アイフルの3社は審査通過率を公表している

一つ例外として、大手カードローンのアコム・プロミス・アイフルの3社については決算情報(IR)にて「審査の通過率」に相当するデータを公表しているのね。

具体的には、アコムは、「新規貸付率」。プロミスは、「成約率」。アイフルは「無担保新規成約率」という名称ね。

上記3つのカードローンについては、これらのデータを比較することで、それぞれの難易度もある程度見てくるわ。

もちろん、通過率は毎月変動するのだけど、概ね、アコムが48%アイフルが46%プロミスが44%といったところで推移しているわね。

ポイント2.審査スピードを見る時は、「営業時間」や「土日祝の対応の有無」も確認

例えば、AとBという2つのカードローンがあるとするわね。

どちも、審査時間の表記は「最短即日」

この場合、どちらに申込んでも似たような結果になるかというと、そうじゃない場合もあるのよね。

何故ならこういうこともあるからよ。

例えば、Aの場合は土日や祝日も審査を行っているけど、Bの方は、土日祝については審査を行っていない。

この場合(土日祝に申込んだ場合)、AとB、どちらの方が審査結果が早く出るかというと・・・

当然、Aと予想することできるわよね?

このように、同じような審査スピードの表記であっても、「審査の営業時間」や「土日祝の対応の有無」によって、結果が異なってくることもあるから、特に審査スピードが気になる人は、それらの点に注目すべきよね。

即日融資の可否で比較する際のポイント

ポイント1.特別な条件が無いかをチェックすること

ズバリ、即日融資をしてもらうのに何かクリアしなければいけない特別な条件が無いか?をチェックすることが重要ね。

特に銀行のカードローンで多いのが、「そこの銀行の預金口座を持っているか?」というもの。

この場合、条件を満たしていなければ当然、即日融資は無理になるわ。

なので最短即日融資OK!という表記がある場合には、「何か特別な条件が無いか?」を必ずチェックするようにしましょう。

以下、代表的な例(全国から申し込みOKのもの限定)ををざっと表にまとめておくから参考にしてみて。

それぞれの説明も後ほど。

カードローン名 口座開設済 〇時までに手続き完了すること
イオン銀行カードローンBIG 必要
セブン銀行ローンサービス 必要
住信SBIネット銀行ミスターカードローン 必要
北陸銀行カードローン スーパーNOW 必要
(キャッシュカードも)
みずほ銀行カードローン 必要
(キャッシュカードも)
東京スター銀行 スターカードローン 必要 銀行営業日の午前9時30分までにHPより申込み。同日正午までにWEB契約完了。
スルガ銀行 リザーブドプラン 昼12時までの契約。
オリックスVIPローンカード 平日14:30までに契約内容の同意手続完了。

口座が開設済みであること

カードを即日で受取ることが出来る自動契約機の設置が無いカードローンで良くあるパターンね。

自動契約機がない為、カードは必然的に郵送に。

だけどカードが届くまで待てない人が多いから、そういった人を対象に、「振込」での即日融資を実施しているというもの。

その際の条件として求められるのが、「自社の口座を開設済み」であることなのよね。

このパターンに当てはまるカードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • セブン銀行ローンサービス
  • 横浜銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行ミスターカードローン
  • 東京スター銀行 スターカードローン

口座開設済みであり、なおかつ、キャッシュカードを持っていること

上のパターンと異なるのは、振込融資ではない点ね。

こちらの場合は、既に持っているキャッシュカードにカードローンの機能を付加し、そのカードでもってATMからお金を借りるというもの。

だから口座開設済みであると同時に、キャッシュカードの保持が求められるのよ。

このパターンに当てはまるカードローン
  • 北陸銀行カードローン スーパーNOW
  • みずほ銀行カードローン

一定時間までに手続きが完了していること

要は、振込みでの融資なのだけど、手続きの関係上、「一定の時間までに」全ての手続きを完了させないと振込はできないですよ、というお話ね。

このパターンに当てはまるカードローン
  • 東京スター銀行 スターカードローン
  • スルガ銀行 リザーブドプラン
  • オリックスVIPローンカード

ポイント2.土日祝に即日融資を受けたい場合は、審査部門の営業日を確認しよう

審査スピードの項目と同じ趣旨ね。

要は、「即日OK」という表記があっても、審査部門が営業していない土日や祝日に申込んだ場合は、そこで審査が止まってしまうのよね。

なので、土日祝の申込みの場合には、必ず土日祝の審査対応は行っているのか?を比較する必要があるのよ。

おまとめ・借換えのカードローンを比較する際のポイント

ポイントおまとめ・借り換え専用じゃないカードローンも候補に入れよう!

複数の借入を1本にまとめようとする場合、それ専用のローンの方が良いように思えるのだけど、実はそうでもないのよね。

その理由をまずは説明するわ。

第一に専門の商品自体の数が少ない

実際、おまとめや借換え専門のローンとして、いま現在売りだされているものってこれぐらいしかないのよ。

金融機関系 商品名 実質年率 借入限度額
東京スター銀行 スターワンバンクローン 5.8~14.8% 1,000万円
スルガ銀行 リザーブドプラン プラス 3.6~14.9% 800万円
イオン銀行 イオンアシストプラン 3.8~8.8% 300万円
アイフル かりかえMAX 12~17.5% 500万円
おまとめMAX 12~15% 500万円
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 6.3~17.8% 300万円
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 7.7~18% 300万円

通常のカードローンのように繰り返しの借入・返済が出来ない

これは商品にもよるのだけど、通常のカードローンの場合って、与えられた限度額の範囲内で借りたり・返したりを繰り返すことが出来るのよね。

これがカードローンの1つの大きなメリットもでもあるのだけど、おまとめや借換え専門ローンだと、それができなくなるのよね。

上記の例でいうと、東京スター銀行の「スターワンバンクローン」とスルガ銀行 リザーブドプラン プラスを除いて全部アウト。

それ以外は、返済がある程度すすんだとしても、1円も借入することが出来ないのよね。

複数の借入を1本にまとめようとする場合、それ専用のローンの方が良いように思えるのだけど、実はそうでもないのよね。

じゃぁどうすれば?

というように、おまとめ専用や借換え専門ローンというのは、そもそも数自体が少ないし、その上、融通が利かないところもあるから、あえてその中から選ぶ必要はないのよ。

じゃぁ どうすればイイの?っていう話だけど、結論は簡単。

一般のカードローンで、「おまとめ目的での借入もOK(歓迎)」としている商品を候補に入れれば良いのよ。

特に、銀行が発行しているカードローンは、おまとめ目的OKのものが多いから、これだけで選択肢がかなり増えるのよね。

実際、有名どころだけでも、「借換え・おまとめ目的OK」としている銀行のカードローンはこれだけあるのよ。

金融機関系 商品名 実質年率 借入限度額
みずほ銀行 カードローン 3~7% ※1
3.5~14% ※2
1,000万円
三井住友銀行 カードローン 4~14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 1.8〜14.6% 500万円
楽天銀行 スーパーローン 1.9~14.5% 800万円
イオン銀行 カードローンBIG 3.8~13.8% 800万円
オリックス銀行 カードローン 3~17.8% 800万円
ソニー銀行 MONEYKit 2.5~13.8% 800万円
じぶん銀行 カードローン 1.7~17.5% 800万円
住信SBIネット銀行 ミスターカードローン 0.99~7.99% 1,200万円

(※1)

エグゼクティブプランの場合

(※2)

コンフォートプランの場合

それぞれ金利も専用商品に負けていないし、それに通常のカードローンと同じく繰り返しの借入もOK。

そういった点を考えても、おまとめローンを検討する際には、それ専用じゃないカードローンも候補に入れて比較するのが一番ね。

カードローンのキャンペーンで比較する際のポイント

カードローンを比較して残り2社・3社に絞られた際、最後はキャンペーンの有無で商品を決めるという人もいるわよね。

ということで、ここではそんなキャンペーンで比較する際の注意点について解説するわ。

ポイントキャンペーンの適用条件を満たせるか?をきちんと確認しよう

カードローンに限った話じゃないけど、世の中で実施されているキャンペーンって詳しく見てみると、要件を満たすのに意外とハードルが高かったりするのよね。

なのでカードローンのキャンペーンを比較する際もそこに注意が必要よ。

以下でよくあるキャンペーンの適用条件や注意点について整理しておくから参考にしてみて。

金融機関 キャンペーン内容 適用条件 備考
プロミス 収入証明書類提出キャンペーン 収入証明書類を提出。プロミスとの契約が継続していること。有効な電話番号が登録されていること。延滞していないこと。 最高10万円のギフトカードが貰える
おとくらぶ1周年記念キャンペーン 期間中に「おとくらぶ」に新規会員登録 ギフト券1,000円分プレゼント
オリックス・クレジット JCBギフトカード2,000円分プレゼントキャンペーン オリックスVIPローンカード BUSINESSに新規入会
楽天銀行 楽天スーパーポイント1,000ポイントプレゼント 楽天スーパーローンの新規契約 使用できるのが15日間限定の期間限定ポイント
楽天スーパーポイント最大30,000ポイントプレゼント 契約した翌月末時点でのご利用残高に応じてポイントをプレゼント (例)20万~30万円未満の残高で、500P。400万~800万円で30,000P。
サブコンテンツ

このページの先頭へ