| TOP | 節約エージェント | よつばブログ。 | カードローン・エージェント |

【プロが教える!】30代の為の最も美しく見えるウエディングドレスの選び方

スポンサードリンク

30代の私に似合う結婚式のウエディングドレスはコレ!プロが年代別に辛口指南!

元ウエディングプランナーのランです。

今回は、30代女性の為のウエディングドレスの選び方を解説!

もう若い子と同じように「自分が好きだから」という理由でウエディングドレスを選んでいてはダメなのです。

30歳を超えると若くてピチピチとはいかない・・・つまりどんなドレスでも似合うわけではないのですね。

そこで数百組のカップルを見てきたランが、30歳を超えた女性が最も美しく見えるウエディングドレスの選び方を伝授したいと思います!

全然似合っていなくてゲストから笑いの種になるのは嫌なら、是非ご一読を!

スポンサードリンク

1.30代のドレス選びは自分の弱点を探ることから!

自分の弱点を知る

30代のドレス選びは自分の体の弱点を知ることから

例えば30歳を超えてくると、今までは気にならなかったお腹周りや太もも、お尻など様々なところに取れない脂肪が。

また、肌は昔よりも乾燥がちになり、背中のニキビは痕になってしまっていることも!

20代女性であればピチピチとした肌質がどんな弱点もカバーしてくれますが、30代になるとそうもいきません。

裸になって全身が映る鏡の前に立ち、隅々までチェックして弱点を探りましょう。

2.年代別で似合うドレスのラインを理解しよう!

ウエディングドレスのライン

ウエディングドレスのラインの特徴を理解しましょう。

ウエディングドレスは「デコルテデザイン」「全体的なドレスラインのデザイン」「スリーブデザイン」にそれぞれ特徴があります。

ここでは、参考に年代別での大まかな選び方をマスターしておきましょうか!

20代はどんなドレスラインでもある程度、着こなすことが出来る

20代写真

20代は年齢によるハンデが限りなく少なく、どんなドレスラインもある程度着こなせます。

しかし20代前半女性だったり新郎よりもかなり年下であるなど、相手方親族にどう見せるかを気にする必要がある女性が多いのでは?

例えば20代向けのデコレーションが派手目なドレスで、いかにもキュートなドレスは20代の新婦にしか映えないもの。

しかし新郎が40代など年上の場合、まるで親子のように見えてしまう場合があります。

また新郎家や新婦家が「若すぎる結婚」と認識している場合は、その気持ちに拍車をかけてしまったり・・・。

「プリンセスライン」や「ベルライン」、露出多めの派手なドレスは若さを前面に出せますが、あまりにアピールするドレスは親族ウケも良くないとの理解を!

30歳を超えたら短所を上手く隠したり、綺麗に見えるデザインを選ぶこと

30代写真

30代を超えた女性の場合は、体型の崩れや肌の衰えなど体にトラブルが出てきます。

その短所を上手く隠したり、綺麗に見せるデザインを選ばなければならないのですね。

加えて30代になると「落ち着いた大人っぽいウエディングを」と思いがち。

でも、あまり落ち着いてしまうと老けて見えるのもこの年代。

30代は若作りと思われず、大人っぽいスタイルもほどほどに取り入れるのが大切です。

40代女性のドレス選びで大切なのは「透明感」と「清潔感」

40代写真

40代女性の場合は、肌の露出などで若さを見せびらかすのは逆に下品になります。

参加するゲストは新郎新婦の年齢を知っている人ばかりですから、下手に若作りをするのは意味がありません。

40代で大切なのは「透明感」と「清潔感」です。

例えば、オフホワイトの色合いはあまりベージュが濃いものを選ばないようにしましょう。

清潔感を演出するには、できればホワイトが強い色合いのドレスが良いでしょう。

また、透明感を出す為にも、シミやシワなどの体の欠点は、「隠す」ことが重要です。

加えて、ドレスで全て隠すことよりもベールやアイテムを上手に取り入れて、上級なドレスの着こなしが必要となります。

3.デコルテデザインは露出型を基本的に選ぶこと!

ドレスのデコルテライン

ウエディングドレスのデコルテデザインは大きく分けて6種類あります。

  1. 肩を鎖骨が見えるくらいまで出した「オフショルダータイプ」
  2. 首元がV字カットの「Vネックタイプ」
  3. 船底のようなラインを描く露出が少ない「ボートネックタイプ」
  4. キャミソールで肩ひもが無い「ビスチェタイプ」
  5. オフショルダータイプで胸元がV字カットの「ハートカットタイプ」
  6. 「ビスチェ」タイプに肩ひもが付いた「キャミソールタイプ」

30代で「Vネック」や「ボートネック」のタイプはNG! オフショルダーやビスチェ、ハートカットやキャミソールタイプを。

VネックやボートネックはNG

確かに30代に入ると首や肩の肌にも年齢が出始めますよね。

しかし、結婚式当日は体にもファンデーションを塗るので、30代の年齢肌くらいは十分隠せます。

逆に露出を控えているほうが年齢を感じさせてしまいます。

デコルテデザインは肩を大きめに露出するオフショルダーやビスチェ、ハートカットやキャミソールタイプを

但し、胸の大きい女性の場合、ビスチェタイプは胸の肉がドレスに乗っかってしまうこともあるので、要注意です。

30代後半で肌トラブルが多めな女性は「Vネック」や「ボートネック」を選びましょう。

年齢トラブル

30代のお肌の衰えをカバーするには、「Vネック」や「ボートネック」を選びましょう。

また、ドレスに付属のネックレスやイアリングでは派手感はあっても、上質感がなく、肌の衰えを隠せません。

ネックレスやイアリングもできればオーダーで上質なものをレンタルか購入して身に付け、視線をアクセサリーに向けて!

4.全体的なドレスのデザインは体型意識で決める!

全体的なドレスライン

女性にはそれぞれ「このラインが好き」というのがあるでしょう。

ドレスの全体的なラインには大きく分けて6種類あります。

  1. ウエスト下からふんわり大きく広がった「プリンセスライン」
  2. ウエストから斜めにまっすぐ広がるラインの「Aライン」
  3. 鐘のように広がる「ベルライン」
  4. ボディラインに沿って体のラインが出る「スレンダーライン」
  5. ひざ下あたりまで体にフィットしつつ、裾が人魚のように広がった「マーメイドライン」
  6. 胸元の下で絞られ、その下はまっすぐ下に落ちる「エンパイアライン」

この他にも、マーメイドラインとAラインを混ぜたような「マーメイドAライン」なども。

ここでは上記の6種類について触れますね。

30歳を超える女性は、“自分の体型隠し”を優先しよう!

体型隠し

プリンセスラインやベルライン、Aラインは上半身が細めで下半身にボリュームがある女性に。

ふわっとしたドレスラインのおかげで下半身のラインが全く出ませんし、隠れるからですね。

基本的に、「マーメイドライン」「スレンダーライン」はNGなんです!

スレンダーライン

自分では細くて若い頃の体型を維持していると思っていても、実は30歳を超えた女性はお尻の下や背中に贅肉が付いてしまっています。

贅肉があるとスレンダーライン、マーメイドラインでは後姿がとっても不細工なことに。

後から結婚式の写真を見て、自分の後ろ姿にゲンナリしない為にも、30歳を超えて体のラインを強調するようなデザインは避けましょう。

太っている場合は? 「Aライン」や「プリンセスライン」がお勧め!

太っている

太った女性が体型隠しにエンパイアラインを選ぶことがありますが、かえって体を巨大に見せてしまいます。

少し太った女性は、下半身をAラインやプリンセスラインで隠しましょう。

さらに、上半身は長めベールやグローブなどアイテムで隠すのがオススメですよ。

プリンセスラインやベルラインって30代でもアリなの?

プリンセスライン

先ほど体型隠しに良いと言った上の2つのドレスデザインですが、会場によってはオススメできません。

30代女性で会場が高級ホテルや高級なゲストハウスの場合、プリンセスラインやベルラインがゴージャス。

しかし、カジュアルな雰囲気の地方ホテルや、互助会会場、カジュアルなレストランなどでは途端に「若作り」に見えてしまいます。

会場の雰囲気にも合いません。

30歳以上の女性の場合はプリンセスラインやベルラインをゴージャスに着こなす以外には、基本的にNG。

間違っても20代女性のように可愛くキャピキャピとは着こなせませんからね。

5.スリーブデザインは基本的に露出タイプを選ぶ!

スリーブデザイン

まずスリーブデザインには大きく分けて4種類あります。

  1. 肩部分に切り替えがなく短い袖が付いた「フレンチスリーブ」
  2. 首の根元から肩が露出した「アメリカンスリーブ」
  3. パフスリーブやパゴダスリーブなど袖がしっかりある「長袖スリーブ」タイプ
  4. 「ビスチェ」や「キャミソール」タイプでまったくスリーブがないもの

スリーブがないタイプor「アメリカンスリーブ」「フレンチスリーブ」 

アメリカンスリーブ

30代女性で基本的に上半身に悩みがあまりない人の場合は、スリーブがないものや露出の多いスリーブデザインを。

長袖タイプのデザインは、腕が細すぎるのをカバーしたり、太すぎるのをカバーできますが、露出が少なくなる分、少し大人っぽく見えます。

その為、30代なのにも関わらずなんだか実年齢よりも高く見られてしまうことも。

まだまだ30代なのですから、スリーブで二の腕をカバーするよりも、グローブなどを長めにして、スリーブは短くし、あくまで肌は露出するタイプを選ぶのがオススメ。

6.ドレスの背中の露出はどうするべき?

背中の露出

背中はニキビ痕や産毛など、30代に限らず露出に抵抗の多い部位です。

ですが30代女性はデザインこそ大人っぽくすれど、あまり露出を控えてしまわないよう注意しましょう。

基本的には首元と同じく、当日は濃いめのファンデーションを背中にも塗りたくられます。

ですから、ちょっとした痕や産毛程度ならしっかり隠れるのですね。

ウエディングドレスは足元は完全に隠れていて、上半身の露出で若さをアピールするしかありません。

まだまだ30代なのに背中を大きく隠してしまっていると、実年齢よりも老けて見られがちな点を覚えておきましょう。

30代は露出しながらも、長めのベールやヘアアレンジで上手く隠すのがお勧め♪

露出隠し

ただし、ファンデーションを塗っても「良く見ると」背中に年齢が出てしまいます。

結婚式中は長め丈のベールで背中を隠し、披露宴では少し髪を下したタイプのヘアアレンジで隠すのがオススメ。

思い切って露出したものの、式中に気になっては嫌ですもんね。

7.有名ブランドでステータスアップは効果的!

30代女性に強くオススメしたいのが、有名ブランドやデザイナーのドレスです。

安くて一般的なドレスにも、もちろん可愛いデザインはたくさんあります。

しかし、ウエディングドレスの有名ブランドや、桂由美・神田うのモデル、その他ウエディングドレスデザイナーによるドレスは格が違います。

ブランドのドレスってそんなにいいの?

ブランドドレス

画像出典:http://www.i-bic.net/chiyoya/

有名ブランドのドレスと似たようなデザインのドレスが、巷に安く見つかる場合もあります。

有名ブランドのドレスは雑誌などへの露出も多く、モデルが着用していることもあるのでステータスがグンと高くなります。

また有名ブランドの場合は司会者に「こちらは桂由美のドレスで・・・」と紹介してもらうこともできるので、よりゲストからドレスに注目してもらえます。

30歳を超えたら一着はブランド系のドレスを入れておくこと!

ブランドドレス2

画像出典:http://zexy.net/

30代の女性は「本物感」で上質を醸し出さなければなりません。

若い頃は、偽物の真珠や偽物のレースでも、若さで乗り越えることができます。

しかし30歳を超えると、偽物や安物ではなかなか自分を綺麗に見せられなくなってきます。

ブランドドレスは存在だけでステータスが高いので、その分自分を引き上げてくれます。

有名ブランドのウエディングドレスでも試着は無料!

試着は無料

どんなに有名なドレスブランドのお店でも、基本的に試着は無料です。

結婚する時しか体験できないのがウエディングドレスの試着。

せかっくなのでレンタルドレスのお店をはしごして、いろいろなブランドドレスを試してみるのもオススメですよ。

8.会場に合わせるのが30代女性のたしなみ!

会場

30代女性は、ウエディングドレスをチャペル・披露宴会場の雰囲気に合わせて総合的にコーディネートを。

例えば、本格的なチャペルで天上高が高く、バージンロードの長いチャペルで挙式をする場合、ドレスの丈が短いと残念すぎます。

小さ目のモダンカジュアルな挙式会場で、デザインがエレガントスタイルだと、会場の雰囲気と合いません。

さらに披露宴会場が高級ホテルのメインホールで天上高が高く、巨大なシャンデリアもある場合は会場に負けないようにしなければなりません。

スレンダーラインやマーメイドラインなど自分を細く小さく見せるデザインのドレスでは自分が小さく見えてしまうので、スポットライトを浴びても会場に負けてしまいます。 

このように、挙式・披露宴の会場にも合わせてドレスを選ばなければ、非常にアンバランスになり、30代女性の場合はそれが致命傷となります。

ゲストの友人女性が辛口診断するから要注意!

女友達

自分が30代ということは友人も30代が多くなりますよね。

30代ともなると周りに何人か結婚している人も多く、辛口に結婚式を評価する女性ゲストも増えてきます。

会場とドレスの相性もばっちりにしておけば、辛口診断の友人も高評価せざるを得ませんよね。

9.ドレスはあくまで非日常をテーマに

非日常

20代であればどんなドレスを選んでも、大体「非日常」になります。

しかし30代になるとそれなりにフォーマルな格好をする機会もあり、ちょっとおしゃれなくらいでは日常に近くなってしまいます。

結婚式はいかに非日常的かが勝負ですから、ドレス選びでもテーマに考えましょう。

普段着る感じのラインや色味・雰囲気はNG

普段の雰囲気はNG

例えば、会社へ通う際にスカートがAライン系の場合、ドレス選びではAラインを選ばないのが鉄則です。

結婚式ではゲストに非日常を感じてもらわなければなりません。

それ以上に自分自身も普段とは違う雰囲気を感じなければ記憶にも残りません。

普段あまりガーリーな洋服を着ない人は思い切ってフリルの多いドレスにするなどもいいですね。

あくまで自分に似合ったデザインかつ非日常なドレスを選べれば、限りなく100点に近いドレス選びで!

まとめ

30代女性は本当に似合うドレスを見つけられれば、見違えるほど美しく変身できます。

「好きだから」でドレスを選ぶだけでは年齢による短所が目立って、写真を見てゲンナリしてしまうかも。

30代で出てきがちな自分の体型トラブル、肌のくすみやシワ、年齢による短所を長所に変えられるドレスを選ぶべき。

30代だからこその魅力を引きだして人生で一番美しく変身する花嫁になりましょう!

スポンサードリンク

ライター紹介

ラン

元ウエディングプランナー、現在は『一姫二太郎』の子育てに奮闘中のママです。 趣味はお散歩と映画鑑賞。 ネットでのお買い物にも最近はまり中です。クリックのしすぎ(買いすぎ)に気をつけねば!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ