家賃滞納時の保証会社9社の対応を調査!取り立ては怖い?自宅訪問の有無など

家賃滞納
ミカサ

ミカサ

mikasa_ico

家賃を滞納している人にとって気になる事項の1つが保証会社の対応。

例えば、取り立てがサラ金よりも怖いと言われていたり、親への連絡や自宅訪問があるなど・・・

普段、関わることが無い保証会社だからこそ、良くわからない点が色々とありますよね?
そこで今回は、大手の保証会社9社に対しヒアリング調査を実施。

上記を含めた疑問点を問い合わせ、その結果をもとに、家賃滞納時の保証会社の対応について徹底解説しています。

今回ヒアリング調査を行った保証会社 一覧

保証会社名対応地域問い合わせ
日本セーフティー株式会社全国 0120-34-6225
9:00~18:00
(年末年始を除く)
全保連株式会社全国0570-01-1083
9:00~18:00
(土日祝日を除く)
日本賃貸保証株式会社全国0120-643-641
9:00~18:00
(特定日を除く)
株式会社Casa全国03-6863-5677
9:00~18:00
(土日祝日および年末年始を除く)
あんしん保証株式会社全国0120-561-440
9:00~18:00
(特定日を除く)
エポスカード全国0120-75-0101
9:30~20:00
(年末年始を除く)
オリエントコーポレーション全国0570-030-660
10:00~17:00
(土日祝・当社指定休業日を除く)
クレディセゾン全国0120-333-919
10:00~17:30
株式会社ジャックス全国03-6365-1772
9:30~17:30
(土日祝日を除く)
全国に展開している大手の家賃保証会社に絞り込んで直接電話調査を行いました。

家賃滞納時の気になる保証会社の対応について、一つずつ見ていきましょう。

調査1サラ金より取り立てが怖いというのは本当か?

結論から言うと、入居者を脅迫して家賃を支払わせるといった怖い取り立ては行いません。

その理由は、脅迫的な取り立てを行うことで、保証会社の評判を落とすことに繋がりかねないからです。

今はネットで簡単に会社の評判情報について調べることが出来ますし、悪い噂などはSNSで一瞬にして拡散してしまいます。

もしも、脅迫的な取り立てに関する噂がネットに広まってしまったら保証会社はどうなるでしょう?

それを見た借手側や家主は、その保証会社とは関わりたくないと思いますよね。

家主もできるだけ入居者を増やしたいと考えているわけですから、借り手が避けるような保証会社を利用したいと思いません。

こうした理由から、保証会社にとってリスキーな“怖い取り立て”は行わないと言えるのですね。

調査2親(緊急連絡先)への連絡は行われるのか?

保証会社名親(緊急連絡先)への連絡連絡する条件
日本セーフティー株式会社本人と連絡がとれない場合
全保連株式会社本人と連絡がとれない場合
日本賃貸保証株式会社本人と連絡がとれない場合
株式会社Casa本人と連絡がとれない場合
あんしん保証株式会社本人と連絡がとれない場合
エポスカード本人と連絡がとれない場合
オリエントコーポレーション本人と連絡がとれない場合
クレディセゾン本人と連絡がとれない場合
株式会社ジャックス本人と連絡がとれない場合
ご覧の通り、どの保証会社も親(緊急連絡先)への連絡は必ず行われるという調査結果に。

気になるのは、どれくらいの期間、連絡がとれないと親へ連絡されるのか?ということですが、これについては正直、何とも言うことが出来ません。

というのも、保証会社にはいつ親へ連絡をするのかを定めた規則などが無く、その判断は各担当者に任せられていると考えられるためです。

ただ、目安として1カ月ぐらい電話を無視してしまうと、親へ連絡されてしまう可能性は高くなるでしょう。

理由としては、2カ月連続での家賃の滞納を防ぐためであると考えられるからです。

保証会社は入居者本人が電話に出られない状況にある可能性も考慮して、自宅への書類の送付による連絡も行ってくれます。

これら2つの連絡を1カ月ほど無視され、2カ月連続で家賃を滞納されるとなると、さすがに保証会社も親へ連絡しないわけにはいかなくなるわけですね。

そのため、着信履歴に保証会社と思われる電話番号があれば、すぐに折り返しの電話を掛けるようにしてください。

また、保証会社からの書類が届いている可能性もあるので、自宅の郵便ポストもしっかりと確認するようにしましょう。

調査3自宅訪問はあるのか? ないのか?

保証会社名自宅への訪問自宅を訪問する条件
日本セーフティー株式会社親(緊急連絡先)に連絡しても本人に連絡がつかない場合
全保連株式会社親(緊急連絡先)に連絡しても本人に連絡がつかない場合
日本賃貸保証株式会社親(緊急連絡先)に連絡しても本人に連絡がつかない場合
株式会社Casa親(緊急連絡先)に連絡しても本人に連絡がつかない場合
あんしん保証株式会社親(緊急連絡先)に連絡しても本人に連絡がつかない場合
エポスカード親(緊急連絡先)に連絡しても本人に連絡がつかない場合
オリエントコーポレーション親(緊急連絡先)に連絡しても本人に連絡がつかない場合
クレディセゾン親(緊急連絡先)に連絡しても本人に連絡がつかない場合
株式会社ジャックス×親(緊急連絡先)に連絡しても本人に連絡がつかない場合
ご覧の通り、9社中8社が自宅への訪問があるという結果に。

気になるのは、「自宅訪問が実施される条件」と「いつ自宅訪問が行われるのか?」の2点ですが、

まず、自宅訪問実施の条件については、9社中7社が親(緊急連絡先)に連絡しても本人に連絡がつかない場合と回答しています。

(なお、株式会社ジャックスに関しては、保証会社のジャックスではなく、家主や物件の管理会社が自宅訪問するとのこと。)

いつ自宅訪問が行われるのか?については、正確にはわからないものの恐らく割とすぐに実施されると予想されます。

というのも、親でも本人との連絡が取れないとなると、入居者本人の死亡や夜逃げのケースも考えられるからです。

その為、緊急連絡先に電話しても本人の所在が不明な場合や連絡が取れない場合には、割とすぐに自宅訪問は行われると言えます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ