【80名調査】引越し先にNHK滞納分の請求がくる可能性は54%!

NHK滞納
ミカサ

ミカサ

【80名調査】引越し先にNHK滞納分の請求がくる可能性は54%!

mikasa_ico

NHKの受信料を滞納したまま引越しを考えている人にとって、「このまま引越ししたらどうなるんだろう?」という点は気になりますよね。

結論から言ってしまうと、およそ54%の確率で引越し先にも請求・督促が来てしまいます。

そこで気になるのは、以下の2点。

・実際、みんな支払っているものなの?
・引っ越し先に請求が来たときはどういった対処をすればいいの?

というわけで今回は実際にNHK滞納中に引っ越しを経験した80名からアンケートを取り、リアルな事情についても調査しました。

ぜひ、ご覧ください。

【調査結果】80人中43名が引っ越し後に督促されている

アンケート調査の結果、80名中43名と半数以上の人が引越し先の住所でも請求や督促を受けていることが分かりました。

気になるのが、どのように請求や督促がくるのか・・・?ですが

主に「郵送物」「直接訪問」の2通りです。

郵送物(はがきや封筒等)20人
直接訪問18人
最も多かったのは「郵送物」による請求・督促です。郵送物はハガキや封書、振込用紙が添えられたものなど、形式の統一はされていないようです。

次に多かったのが、「直接訪問」

NHK関係者が家まで訪問してくるのはよく耳にする話ですが、滞納分の督促についても同様に直接訪問が行われるようですね。

なぜ引越し先にまで請求や督促がきてしまうのか?

理由はズバリ、NHKは契約者の引越し後の住所を把握することができるからです。
NHKが住所を把握している方法は、大きく分けて以下の2つ。

・転送届から把握

・住民票から把握

では1つずつ解説していきます。

方法1転送届の情報がNHKに共有されている

転送届とは、これまでの家に届いていた郵便物を、引越し先の住所へと送り直してもらうための申請用紙です。

郵便局の窓口に置かれているこの転送届ですが、実は種類が2つあります。

①が通常タイプの転送届で、②がNHK住所変更届が付属されたタイプの転送届です。

②のタイプには、記入用紙の裏にカーボン紙が挟まれており、住所など必要事項を記入すると、裏の用紙へ複写されるようになっています。

この複写された情報は、NHKに共有される仕組みとなっているのです。

そのため、②のタイプの転送届を窓口に出してしまうと、NHKはそこから新しい住所を調べることができるのです。

転送届からNHKに引っ越し先を把握されないためのポイントは、転送届が2種類あることを知っておくことです。

2種類の転送届は並んで置かれていることがあるため、知らずに②のタイプで手続きをしてしまう人は多いようです。

住所を知られたくないという人は①の通常タイプの転送届を選ぶか、インターネット申込から手続きをしましょう。

そうすれば、NHKに情報が共有されることなく転送手続きが行えるため、引越し先の住所がNHKに知られることはありません。

方法2住民票の情報がNHKに開示されることがある

気になるのは、「なぜ個人情報である住民票が開示されてしまうのか?」ということですが、

これは「正当な理由がある場合、役所は住民票情報を開示してもいい」という法律があるからです。

では、正当な理由とは何か?

カンタンに言うと、「住所などの個人情報が無ければ、契約などで取り決めた権利を行使できない」と役所が判断できるもの。

権利というのは、例えば何らかの料金支払いを請求する権利などが当てはまります。

今回でいうと、NHKには「現住所がわからないと、受信料の請求ができないから」という正当な理由があるため、住民票の開示が許されてしまうわけです。

ちなみに、住民票の開示を防ぐこのとできる手段として、「住民票の異動手続きを行わない」という方法があります。

異動手続き自体をしなければ、NHKは住民票から引越し先の住所を調べることができなくなります。

しかし、この方法はあまりおすすめできません。

なぜなら、住民票の異動手続きをしていないと市区町村の様々な公的サービスを受けることができなくなりますし、最悪の場合罰金になってしまうこともあるからです。

引越しても滞納分の支払義務はなくならない

まず前提として、NHKとの受信契約は「世帯」ごとに行われます。

この「世帯」とは、その家に住んでいる人のことであって、家そのもののことではありません。

そのため、どこへ引越しをしたとしても、支払義務の有無については何ら影響はないのです。

・・・とはいえ、実際に全ての人が引越し後も滞納料金を支払っているのかは気になりますよね。

結論からいえば、アンケート回答者の38%の人が引越し後も滞納料金の支払いをしていません。
滞納分を支払っていない人の理由としては、大きく2つ。

・引越し後に督促や請求が来なかった
・滞納分をチャラにするから新規契約してほしいと訪問員に言われた。

1つずつ見ていきましょう。

理由1引越し後に督促や請求が来ない場合がある

気になるのは、「なぜ督促や請求が来ないケースがあるのか?」ですが・・・

その理由は、NHK職員が滞納料金の督促や請求に手が回っていないからであると考えられます。

契約者の引越し先住所を調べるのには、郵便局や役所などを通す必要があるため、どうしても時間と手間がかかってしまいます。

滞納者の人数が多いほど手間は増えていくため、全ての滞納者一人一人へ迅速に対応することは現実的に難しいでしょう。

ただ、今来ていないからといって今後も督促が来ないとは限りませんある日突然督促が届くことは十分にありえる話です。

理由2滞納分の免除を訪問員から持ちかけられる

驚くことに、引越し先に訪問してきた職員が「もし新しく契約をしてくれればこれまでの滞納料金を免除する」と提案してくるとの回答もありました。

気になるのは「本当に免除されるのか」・・・ですが

結論から言うと、滞納料金が免除されることがありません。

まず前提としてですが、NHKの訪問員は正式なNHKの職員ではなく、受信料の集金・契約業務の委託を受けた別会社のスタッフです。

NHKとは別の会社が、NHKと契約者の間にある契約内容を勝手に変更できるはずがありませんよね?

なので、訪問員がこのように滞納料金の免除を提案してくることは本来ありえないのです。

ちなみに、受信料の免除については、「日本放送協会放送受信料免除基準」というもので基準が明確に定められており、それ以外の基準で勝手に免除することは法律で禁止されています。

では訪問員は「どうしてそんな提案をしてくるのか」・・ ・ですが

ズバリ、より多くの契約者を獲得するためです。

この委託会社の訪問員は、契約の獲得数に応じて歩合がもらえますので契約をしてもらうために様々な方法でアプローチをしてきます。

今回の「新規契約の代わりに滞納料金を免除する」という提案は、そのアプロ―チ手段の一つでしょう。

受信料を滞納し続けるとどうなる?

結論から言ってしまうと、最悪の場合、裁判を起こされて、差し押さえが行われる恐れがあります。

なぜなら、督促を無視され続けてしまうと、NHK単独で滞納分を回収することができないと判断されるからです。

そのためNHKは法的な措置を行使することにより、契約者から滞納分を回収しようとするのですね。

また、裁判をしたという事例を作ることで、他の滞納者へ支払いを促す狙いもあります。

では、裁判や差し押さえが行われるとどうなるのか?・・・ですが

ズバリ、自分の給与や預金口座、財産を強制的に没収されてしまいます。

また、職場や家族にも差し押さえが行われた旨の連絡がされるため「この人は借金をして差し押さえされたんだ」という「社会的な信頼を失ってしまう」ことにもなります。

滞納したまま引越した場合の対処法

確かに、NHKから督促されるかどうかは、その人やNHKの状況によりますので、放置し続けてもトラブルにならないケースもあります。

とはいえ、もし裁判になってしまえば滞納料金の支払いを免れることができません。

ではどうすればいいのか?

ズバリ、督促を受けてしまったら諦めて支払うことです。

残念ながら調査した限りでは、合法的に滞納した料金を帳消しにする方法はなく、督促を無視した段階で裁判のリスクが跳ね上がってしまいます。

ですので、差し押さえや社会的信用が無くなってしまうリスクを考えると、素直に「滞納料金を支払ってしまうのが結果的に最もマシな方法」なのですね。

ですが、どうしても手元にお金がなくて、請求されている金額を用意できないこともあると思います。

そういった方に向けて、お金が無い場合の対処法をご紹介します。

その1.自分で努力してお金を用意する

自分で努力してお金を用意する

当然ですが、自力でお金を用意できるなら、それに越したことはありません。

具体的な手段としては、例えば…以下のような選択肢があります。

  • 短期バイトなどの副業をする
  • 物を売ってお金に換える
  • 家族や知人からお金を借りる
ただし、こういった手段は、必ずしも必要な金額を用意できるとは限りませんし、働き過ぎて体を壊す恐れや周囲からの信用を失うリスクもあるので、あまりお勧めはできません。

その2.自己破産などの債務整理を行う

自己破産などの債務整理を行う

どうしても、自力でお金を用意することができなかった。そういった方は、債務整理という選択肢もあります。

債務整理とは、自己破産・個人再生・任意整理といった、弁護士や司法書士に依頼して法的に借金の負担を軽減する手続きです。

必ずしも、NHKへの支払い義務が免除されるとは限りませんが、少なくとも負担を軽くすることはできるでしょう。

ただし、債務整理を行うと、多くの場合で信用情報がブラックになってしまいます

債務整理をしたという情報は、信用情報に記録されてしまい、いわゆる金融事故として扱われるからです。

ブラックになる危険性については、前述した通りですね。

つまり、債務整理というのは、あくまでも最終手段であり、打つ手が無くなった時に目を向けるべきものと考えてください。

お勧めはカードローンによる一時的な立替え

お勧めはカードローンによる一時的な立替え

ご覧いただいた通り、手元にお金が無い場合の対処法は2つ。

自力で用意するか、債務整理をするか。

しかし、いずれにせよデメリットやリスクがあります。

そこでお勧めしたいのが、NHKへの支払いを「カードローンで一時的に立て替える」というもの。

カードローンと聞くと不安に感じる人は多いでしょうが、実のところ、日本全国では1100万人もの方が利用しており(成人の9人に1人)、非常に身近なローン商品と言えるのです。

カードローンは大人の9人に1人が利用している

また、カードローンというと「利息が高くて、一度借りると一生返済できない」と思っている方も多いのでは?

もちろん、無計画に借り過ぎてしまうと、利息の負担も大きくなり返済期間も長引きます。

しかし、カードローンは10万円借りても1ヵ月の利息は1,479円程度。

NHK受信料の利用料金を立て替える目的なら、何十万・何百万円と借りる必要はないでしょうから、利息が過度に大きくなる心配もないのです。

また、以下のようなメリットがあることも、NHK受信料の立替払いにカードローンをお勧めする大きな理由となっています。
  1. 最短即日で借り入れできるので、すぐに支払いができる
  2. 毎月の返済額が少ないので負担にならない(5万円借りても月2,000円)
  3. 初めての方は1ヶ月分の利息がゼロ円になる

メリットその1.最短即日で借り入れできるので、すぐに支払いができる

最短即日で借り入れできるので、すぐにNHKへの支払いができる

カードローン最大の魅力は、最短即日でお金を用意できることです。

スマホやパソコンから申し込みを済ませれば、最短30分で審査の結果がわかり、1~3時間後にはお金を借りられます。

特にお勧めは、ココ(お勧め1位)と、ココ(お勧め2位)の2社ですね!

いずれも銀行振込で即日融資をしてくれ、来店不要で誰にも会わず、内緒で借り入れすることができます。

メリットその2.毎月の返済額が少ないので負担にならない

毎月の返済額が少ないので負担にならない

毎月の返済額が少ないので、金銭的な負担が軽いというのも、カードローンの魅力です。

例えば、アコムで5万円借りた場合、月々の返済額はたったの2,000円。10万円借りても、4,000円ずつ返済していけばOK。

これぐらいの金額なら、NHKの受信料を滞納してしまった方でも、無理なく返済していけるのではないでしょうか?

メリットその3.初めての方は1ヶ月分の利息がゼロ円になる

初めての方は1ヶ月分の利息がゼロ円になる

一部のカードローンに限った話ですが、初めての利用に限り1か月間(30日間)は利息が発生しないというメリットもあります。

例えば、急な出費が重なったせいで今月だけNHKの受信料の料金が払えなかったが、来月は必ずお金を用意できるといった方。

借りた金額を翌月に一括返済できれば、全くの無利息でカードローンを利用し、滞納状態を脱せるのです。

では、具体的にどの会社のカードローンが無利息で利用できるのか、気になりますよね。

ズバリ、答えは三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムと、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。

いずれもお勧めなのですが、個人的にはアコムを推します。

申し込みが手軽ですし、即日融資もしやすく、また女性専用回線が用意されていて安心というメリットもあるからです。

最後に、立て替えにお勧めのカードローン3社をまとめて紹介

審査・スピード・無利息の3拍子が揃うカードローン

プロミス

プロミス

「審査に通るかが心配…」
「ここで失敗するわけにいかない!」

そんな人の第一候補にしてもらいたいのがプロミスです。

やはり、審査の通過率を考えた場合、選ぶべきは銀行のカードローンではなく大手の消費者金融。(プロミス・アコム・アイフル・モビットなど)

その中でも最もお勧めなのがプロミスなのですね。

何故なら、審査・スピード・無利息の3つ全てが揃っているカードローンは、他にはなかなか無いからです。

なお、審査が不安な方は、借りれるかその場で分かる「簡単3秒お借入診断」(←コチラ)をやってみてください。

名前などの個人情報を入れる必要もなく、借入可能かが3秒で分かります。

女性専用の窓口も用意されているので、女性の方も申込みやすいのもプロミスの良い所です。

即日融資もメチャ強いですしね。

当然、初めての借入なら30日間無利息♪

主婦や20歳以上の学生でもバイトやパートで安定収入があれば申込みOKというのも良い点です。

審査通過率★★★★★お勧め
融資スピード★★★★★業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。即日融資といえばプロミスと言われるほど有名!
無利息サービス★★★★★初めての人に限り30日間無利息!

※女性の方にはレディースプロミスがお勧め♪

家族に内緒で利用したい人誰とも会いたくない人は「WEB完結申込み」を選択して下さい。

全ての手続きがネット完了するため来店する必要が無いのです。

さらに、明細書やカードの自宅送付が無いので、家族にバレずに利用することが出来ます♪

WEB完結申込みはコチラより。

プロミスと甲乙つけがたいのがアコム!

アコム

プロミスの次にお勧めなのが、こちらのアコムです。

ただし、ハッキリ言って、アコムとプロミスにはそれほどの差はありません。

若干、プロミスの方が金利が安いこと、それから女性専用の窓口を置いているところが評価されているポイントですね。

もちろんアコムも即日融資にも強く、30日間の無利息制度も用意してくれています。

なお、アコムにも3秒診断があるので、審査が不安な方はやってみてください。

「簡単3秒お借入診断」(←コチラ)

アコムとプロミスの両方で診断をやってみて、結果を見てどちらを選ぶというのもありですね!

その他、アコムの場合は、カードローンに「クレジットカード機能」を付けることが出来るのも特徴の1つ。

クレジットカードが止まってしまった場合にもサブのクレカとして使用することが出来ます♪

もちろん、アコムも主婦や20歳以上の学生でもバイトやパートで安定収入があれば申込みOKです♪

審査通過率★★★★★お勧め
融資スピード★★★★★業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。即日融資といえばアコムと言われるほど有名!
無利息サービス★★★★★初めての人に限り30日間無利息!
※一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。

プロミス・アコムの審査に落ちた人に

アイフル

知名度の関係上、どうしても上記2社に押され気味のアイフル。

ですが「アコムやプロミスの審査に落とされたけどアイフルだけは通った…」という口コミがあるのも事実。

個人的には、本命としてプロミスかアコムを選択しておき、万が一落ちた場合にはアイフルに切り替えるというのが賢い戦略だと思っています

こちらもバイトやパートで安定収入があれば、主婦や20歳以上の学生でも申込み可能です♪

審査通過率★★★★★お勧め
融資スピード★★★★★業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。
無利息サービス★★★★★アイフルも当然、30日間無利息となっています。
サブコンテンツ

このページの先頭へ