楽天カードは強制解約になったら再入会は無理!理由と代替策を紹介!

楽天カード 再入会
ミカサ

ミカサ

楽天カードは強制解約になったら再入会は無理!理由と代替策を紹介!

mikasa_ico

楽天カードを強制解約された人からの質問で多いのが、「数ヶ月・数年たったら再入会(再契約)することが出来るのか?」というもの。

ズバリ、結論から言ってしまうと「ほぼ100%無理」

今回の記事では、「どうして再入会が無理なのか?」の理由と「再契約が難しい人に向けての代替策」を紹介したいと思います。

代替策を早く知りたい方は、コチラをタップして下さい。

強制解約後は何故、再入会(再契約)が出来なくなるのか?

強制解約後は何故、再入会(再契約)が出来なくなるのか?

ズバリ、楽天から「カード利用者としてふさわしくない」と判断され解約に至っている為、楽天の独自のブラックリストに名前が載ってしまっているからです。

だからそのリストに名前が載っている間は、何度申込をしても審査には通らないのですね。

しかも、このリストは、いわゆる「信用情報機関(CIC・JICC)」が管理している信用情報とは異なり、有効期限がありません

つまり、場合によっては「永遠に」楽天カードとの契約が無理になってしまう可能性もあるのですね。

この辺りは、楽天側がそのリストをどう扱うのかによって異なってきますが、少なくとも2・3年で再入会できるようなことは無いと言えます。

よくある質問1.延滞や利用規約違反を行っていないのに強制解約された! それでも再契約は無理なの!?

滞や利用規約違反を行っていないのに強制解約された! それでも再契約は無理なの!?

楽天カードを強制解約された人の中には、延滞や利用規約違反などを犯していないのに強制解約された、という方がおられます。

ネットの掲示板でも度々、話題になっている内容ですね。

これについては徹底的に調査しましたが、解約された人の主張は正しいと言えます。

つまり、楽天カードは、延滞や利用規約違反を行っていなくても、強制解約になることが多々あるのです

そんな納得がいかない(利用者に落ち度が無い)強制解約だったとしても、再契約は無理なの?? という質問ですが…

残念ながら無理になります。

理由をズバリ言ってしまうと、

強制解約は、延滞などの利用規約違反が行われた場合だけじゃなく、楽天側からみて「カード利用者としてふさわしくない」と判断した場合にも行われるからです。

「そんなの法律違反じゃないのか! 納得できない!」と思われるかもしれませんが、残念ながら法律違反ではないのですね。

利用規約の第19条にも、「当社が必要と判断した場合には、カード利用の停止や会員資格の取消しが出来る」ときちんと書いてあるのです。

この利用規約に同意した上で楽天と契約を結んでいる以上、納得できない理由で一方的に解約されたとしても文句が言えないようになっているのですね。

よくある質問2.具体的にどういった場合に強制解約されるの?

具体的にどういった場合に強制解約されるの?

この話題については、以下のページで詳しく説明しているので、気になる方はチェックしてみて下さい。

なぜ楽天カードが利用停止や強制解約に?理由と解除方法を徹底解説!

なお、ここでも簡単に紹介しておくと、強制解約になるパターンは概ね以下の2パターンがあります。

  1. 延滞や不正使用などの……「利用規約に違反した場合」
  2. 入会後の再審査(途上与信)の結果……「カード利用者としてふさわしくない(不適格)と判断された場合」
1番は、いわゆる利用規約違反ですね。

延滞や不正使用や明確な規約違反ですから、これに該当した場合には強制解約されてしまうことがあります。

軽微な延滞であれば見逃されることが多いですが、長期のものや複数回に渡る場合は、解約されても仕方ないところかもしれません。

その他、住所や勤務先、連絡先などの変更届を怠った場合にも、利用規約違反になるので注意。

実際、変更を怠ったことが原因で楽天からの連絡や書類が届かず、解約になってしまった例も存在しています。

2番は、いわゆる「納得がいかない理由」で強制解約された人の多くが該当しているものになります。

要は、カード入会後も抜き打ちで再審査をしているのですが、その結果、「カード利用者としてふさわしくない(基準を満たしていない)」と判断され、解約されてしまうパターンになります。

「いやいや、入会後も収入や勤務先も変わってないのに、それはおかしいでしょ!」

と思われる方が多いのですが、実は、ここが楽天の批判されている点でもあるのですが・・・

楽天は他のカード会社とは異なり、入会前の審査より、入会後の審査の方が厳しくなっているのです。

一般的なカード会社の場合は、入会前の審査のハードルを高くし、優良なお客だけを集めるという商売のやり方をやっているのですが、楽天の場合は逆。

入会前の審査のハードルを下げ、お客をかき集めてから選別していくという商売のやり方をしているのです。

なので、入会時と収入や勤務先などの条件が変わっていないにも関わらず、入会後の審査で引っ掛かる人が続出してしまっているのですね。

特に、入会前の審査をギリギリで通過していたというような人は、入会後の審査に引っ掛かるケースが多いと言えます。

楽天は他のカード会社とは異なり、入会前の審査より、入会後の審査の方が厳しくなっている

そもそもの話、なぜ楽天はそんな商売のやり方をしているのか?

これは恐らくそうした方が儲かるから、というのが理由だと思います。

個人的には歓迎できない方法ですが、どんな商売のやり方をするかは楽天側の自由ですから、ここは文句が言えないところではあります。

なお、具体的に、「入会後の再審査では何を見られるのか?」「何をキッカケに再審査が行われるか?」 などについては、先ほど紹介した記事で解説しているので気になる方はチェックして下さい。

再入会は難しいことが分かった! 何か代替策は無いの?

再入会は難しいことが分かった! じゃぁ何とかする方法は無いの?

ここまでで説明してきた通り、楽天カードに再入会することは残念ながら相当難しいと言えます。

もしかしたら、10年後・15年後であれば、再入会できるかもしれませんが、そんなのを待っていても仕方がありません。

ということで、代替方法は無いか? ということですが、ズバリ結論は簡単で、「他のクレジットカードに申込む」というものになります。

ただし、強制解約の理由が長期延滞である場合はクレカは作れない!

ただし、強制解約の理由が「3ヶ月(もしくは61日)」以上の延滞である場合は、クレカは作れない!

具体的には、強制解約になる前に、「3ヶ月(もしくは61日)」以上の長期延滞を起こしていた場合は、クレジットカードを作ることが出来ません。

何故なら、日本の全てのクレジットカード会社が加入している「信用情報機関(CIC)」に長期延滞の事故を起こしていることが記録(「異動情報」という)されている可能性が高いからです。

この記録が残っているうちは、何をどうやってもクレジットカードを持つことは不可能。

長期延滞の異動情報が消去されるのは、「完済」から5年が経過した時点ですから、それまでは耐え忍ぶしか方法は無いのですね。

長期延滞を起こした人が、唯一、代替策として使えるのが「デビットカード」

唯一、代替策として使えるのは「デビットカード」になります

デビットカードは、クレカとは違い「審査」というものが一切ない為、申込みさえすれば誰でもカードを持つことが出来るのですね。

何故なら、利用額は全て銀行口座から瞬時に引落しされるからです。

クレジットカードのようにカード会社が、信用に基づき立て替え払いを行うものではないので、口座に現金さえ入っていれば、いつでも利用できるのですね。

なお、色々なところからデビットカードが出ていますが、個人的にお勧めは、「セブン銀行デビット付きキャッシュカード」です。

口座開設を同時に行う必要がありますが、年会費も永年無料ですし、新規発行手数料も無料となっています。

nanacoと一体型になっていて、セブンイレブンで使えば1.5%のポイント還元も受けられます。(通常のnanacoの還元率は0.5%)

その他、色々な利点があるので気になる方はチェックしてみてください。

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

年会費ポイント
初年度2年目以降ポイント還元率ポイントの有効期限
無料無料0.5%~1.5%翌々年度3月末日
新規発行手数料カードブランド
無料JCB

セブンイレブンでの使用の場合は1.5%のポイント還元率。セブン&アイグループ(デニーズ、SEIBU、SOGO、7netなど)の場合は1%。その他は0.5%。

長期延滞を起こしていない場合はクレカを作れる可能性あり!

長期延滞が強制解約の理由じゃない場合は、クレカを作れる可能性あり!

延滞をしていたとしても、長期のものではなく短期のものであればクレジットカードを作れる可能性は大いにあります。

10日、2週間ほどのものであれば、信用情報も無傷なことが多いので、期待値も高めですね。

ただ、どのクレジットカードでも、自由に申込んで良いというわけではありません

何故なら、楽天カードを解約になっているということは、少なからず、審査面に不安が存在しているのは間違いないからです

楽天カードは入会後の再審査が厳しいと言っても、他のクレカと比べた場合には、相当甘い部類に入ります。

その楽天カードを解約になっているのですから、そこよりも審査が厳しいところを選んだ場合は、落ちてしまう可能性があるのですね。

しかもクレカに申込み審査に落ちてしまった場合には「契約に至らなかった」という記録が信用情報にも残ってしまうため(半年間も)、その次に申込むカードの審査難易度が必然的に上がってしまうのです。

(信用情報を閲覧したカード会社に、審査に通らなかったのだろうと推測されてしまう為、審査が不利になる。)

つまり、一枚目の申込みに全てをかける必要があるのです。

二度目・三度目のチャンスは無いと考え、一枚目に勝負をかけることをお勧めします。

ということで、次で具体的にお勧めできるクレジットカードを紹介するので、審査が不安な方は参考にしてください。

具体的にお勧めできるのは、この3枚

具体的にお勧めできるのは、この3枚

ただし、原則的には1位でお勧めしているカードを本命の1枚として捉えることを強くお勧めします。

何故なら、当サイトでも申込後の契約率をウォッチしているのですが、2位・3位で紹介しているカードの審査通過率は約20%と低いからです。

2位・3位のものも世間的には相当甘いカードとして評価されていますが、楽天を強制解約になった人に限っては、厳しい結果が出ているのですね。

それに対し、1位のカードの審査通過率は大よそ70%~80%。

理由は後ほど説明しますが、審査の基準が一般的なクレカとは異なるため、明らかに通りやすくなっているのですね。

ココで通らなければ諦めて下さい!

ACマスターカード

ACマスターカード

とにかく確実に審査に通したい!

そんな人に最もお勧めするのがカードローン最大手のアコムが発行するACマスターカード(クレジットカードです)。

ハッキリ言って、ここで通らなかったらクレカを作るのは諦めるしかありません!

何故なら、当サイトでも申込後の契約率をウォッチしているのですが圧倒的に審査通過率が高いからです。

何故、ACマスターは他のカードより審査の通過率が高いか? ですが、ズバリ理由は、一般的なクレカとは違い、アコム独自の基準で審査を行っているからです。

一般的なクレカの場合は、収入だけではなく、過去のカードの利用履歴や勤務している会社の評価、勤続年数、住居形態(自己所有か賃貸か?)や家族構成などを1つずつ事細かく見られるのですが、ACマスターが見ているのは、実質的には以下の4点のみだと言えます。

    ACマスターの審査では何を見られるか?

  1. 年齢が20歳~69歳までか?
  2. 申込み時点で職に就いているか?
  3. 安定した収入があるか?
  4. 信用情報がブラックではないか?

収入については、額はさほど関係なく、月に数万円でも定期的な収入があれば、「安定した収入がある」と認められるのですね。

つまり、働いていて収入さえあれば、ほぼほぼ通るようになっているのがACマスターカードなのです。

もちろん、相当な借金があったり信用情報がブラックになっている職に就いていない、という場合は除きますが、そうでない場合には通る可能性が高いのですね。

えっ。アコムが発行するカード?・・・って思った方へ。

言いたいことは分かります。

ですが、あくまでもそれはイメージだけであって、中身は他のクレジットカードと遜色ありません。

実際に私もACマスターを持っていますが、他社と比べて高い手数料を取られたりカードを持っていることで信用情報で不利を受けたりということは一切ないのですね。

カードの見た目もシンプルですし、アコムという文字はどこにも書いていないので、見た目でバレるということも無いでしょう。

ACマスターカード券面

なお、審査が不安な方にお勧めしたいのが、カード発行可能かが一瞬で分かる「3秒診断」。

文字通り3秒で、しかも、名前などの個人情報を入力することなく、審査の目安を見ることが出来るのですね。

とにかく審査が不安な方は、まずは試してみてください。コチラ⇒「3秒診断」

審査★★★★★当サイト経由でも7.8割の審査通過率
発行スピード★★★★★審査最短30分、申込をした当日にカードを受け取ることも可能。他のクレカではあり得ない!
カードブランド★★★★★VISAに次ぐ世界第2位の国際ブランド「MasterCard」。世界210の国と地域で使用可能!もちろん海外での利用もOK!
年会費★★★★★永年無料
限度額★★★★★10万円~300万円。他社に比べてたっぷりの限度額!
acマスター
acマスター

審査に自信がある!という方はコチラ

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

楽天カードを持っていた人というのは、楽天市場のへヴィーユーザーであることが多い。

そんな人にお勧めしたいのが、楽天のライバルであるヤフーのクレジットカード。

楽天と同じように、ヤフーショッピングで「Yahoo! JAPANカード」を使えばポイントが溜まるようになっていますし、ヤフオクの利用でもポイントが貯まります。

一般的にクレジットカードの審査難易度は、以下の順に優しくなっていくのですが、「Yahoo! JAPANカード」はその中でも2番目に優しいショッピング系に該当しています。

クレカの審査難易度

銀行系⇒流通系・信販系⇒ショッピング系・スーパー系⇒消費者金融系

ただし、楽天カードを強制解約になった人に限っては、厳しい結果が出ているので、相当審査に自信がある人のみ申込むようにして下さい。

(ACマスターに通ってから数か月後に、2枚目として挑戦するならOKだと言えます。)

審査★★★☆☆消費者金融系の次に通りやすいショッピング系カード。ただし楽天を解約になった人の通過率は低い。
発行スピード★★★☆☆申込から約1週間でカードを送付
カードブランド★★★★★JCB、Visa、MasterCardの中から自由に選択可能
年会費★★★★★永年無料
限度額★★★☆☆10万円~50万円。一般的な限度額。
Yahoo! JAPANカード
Yahoo! JAPANカード

審査に通りやすいスーパー系を狙うなら!

イオンカード

イオンカード券面

消費者金融系の次に通りやすいショッピング系・スーパー系の代表格といったらこのカードですね。

今なら6,000円分のポイントが貰える入会キャンペーンも実施しています。

特にイオンでお買い物をする機会が多いという方にはお勧めできる1枚になります。

イオンカードと言えば「主婦」のイメージが強いですが、意外に男性の方も持っていることが多いですね。

ただし、審査通過率は低めなので、相当自信が無い限り、一枚目の申込みに持ってくるのは避けた方が良いです。

(ACマスターに通ってから数か月後に、2枚目として申込むというのであればOKですが)

審査★★★☆☆通過率はヤフーと同程度
発行スピード★★★☆☆申込から約1週間~2週間でカードを送付
カードブランド★★★★★JCB、Visa、MasterCardの中から自由に選べる♪
年会費★★★★★永年無料
限度額★★★★☆100万円。初期は50万円まで。
イオン
イオン
サブコンテンツ

このページの先頭へ