クレジットカードの料金が払えない人へ!現金を用意する方法を5つ紹介!

クレジットカード金策
ミカサ

ミカサ

クレジットカードの延滞料金を用意する方法

mikasa_ico

クレジットカードの滞納を甘く見ていると、思っている以上に大変な目に遭ってしまうのですね。

強制解約されたり、信用情報が傷つく前に、何がなんでも対処しなければいけません。

でも、どうしても現金が足りない…そんな場合にはどうしたら良いのでしょうか?

ズバリ、今から紹介する金策方法を検討してみて下さい。

クレジットカードの料金が払えない人の為に、全部で5つの金策方法を紹介しています。

金策その1.短期バイトをする!

夜勤系バイト

ここは一発奮起して、短期バイトをしてお金を貯めてみましょう!

体力的には確かに少しきついかもしれませんが、延滞、その後のブラック状態になるよりはましです。

お勧めのバイトは、夜勤系バイトです。

私もしたことがあるのですが、ホテルのナイトボーイなんて、時給もいいし、仮眠もあるし、お昼の時間は有効に使えるし、いいことが多いです。

金策その2.親や友人に借りる!

親や友人に借りる!

もしできるなら、親に頼み込んで借りる、というのも一つの手でしょう。

もちろん、小言を言われるのを覚悟で、です。

社会的な信用の回復はなかなか難しいですが、家族の信用ならまだ回復しやすい。

もちろん、身内だからと言ってただ甘えるよりも、しっかり借用書を書き、毎月いくらずつ返すから、というけじめをつけ、大人としての対応を見せるのも大事かもしれません。

金策その3.身の回りのものを売る!

身の回りのものを売る!

身の回りの家電、本、雑誌、家具などを売ってお金に変えるのも方法の一つです。

リサイクルショップにもっていくのが普通ですが、最近はインターネットで売るという方法もあります。

フリマアプリなど、簡単に売買できる時代となってきたので、それを限利用するのも賢い方法でしょう。

金策その4.最終手段! 債務整理

弁護士事務所

最終手段として、債務整理、という方法があります。

債務整理とは、法律の専門家に入ってもらい、破産申請や個人再生などを行ってもらうことを言います。

いわば、法的にクレジットカードの滞納を解消してもらう、という方法です。

ただし、これは本当に困ったときの最終手段だと考えてください!

何故なら、債務整理は“金融事故”として扱われしまうからです。

つまり、債務整理を行うと確実に信用情報がブラックになってしまうのですね。

そうなると、新規でクレジットカードを持つことも、各種ローンを組むことも、以後5年~10年の間は出来なくなってしまいます。

債務整理は行う場合、その結果を受け止める覚悟で実施しましょう。


ズバリ! お勧めの金策方法は、カードローンでの一時立て替え!

なるほど。その手があった

ここまで、いくつかの金策をご紹介してきました。

どれもメリットだけでなくデメリットが常に付きまといます。

信用を失うだけでなく、人生設計が大きく狂ってしまいかねません。

そうしたことを踏まえて、クレジットカードの滞納を解消する良い方法があります。

それが、一時的にカードローンでクレカの延滞料金を立て替える、という方法です。

カードローンと聞くと不安に感じる人もいると思うのですが、それって映画やドラマでのイメージであって、よくよく調べてみると実際はそんなに怪しいものではないのですね。

その証拠に、まず、利用者がメチャクチャ多い。

利用者数は何と、日本全国に1100万人!

(ちなみに、日本の融資制度で最も利用者が多い!)

これって実に「大人の9人に1人」が利用している計算になるのです。

皆さんが知らないだけで、カードローンを賢く利用している人が、周りには沢山いるのですよ。

カードローンは成人の9人に1人が利用している

また、利息も思ったほど高くありません!

一度借りたら返せなくなるぐらい金利が高いのでは?とイメージしている人も居るかもしれませんが、そんなこと無いのですね。

仮に10万円借りたとしても、1ヵ月の利息は1,500円程度で済むのです。

つまり、賢く使えば、カードローンほど便利で融通の利く制度は、他にはないのですね!

ということで、ここからはカードローンがどうしてお勧めなのか?

そのメリットを1つずつ見ていきたいと思います。

カードローンのメリット

  1. 最短1時間で借りられる為、すぐに滞納状態を解消できる
  2. 毎月の返済額が1,000円からと少なく生活が建て直しやすい
  3. クレカの金利よりも安い金利で借りられる
  4. 初めてなら無利息で借りられる

メリットその1.最短1時間で借りられる為、すぐに滞納状態を解消できる

最短で30分~60分で審査が完了し、1時間~3時間後にはお金を借りられる

現金が手元に全くないのに、明日が支払期限だ。。。どうしよう、なんてことよくある話ですよね。

でもカードローンなら、まだまだ間に合います。

何故なら、申込みから借入れまで、たったの1時間で済んでしまうからです。

具体例を出すと、大手の有名カードローンのココ(←お勧め第1位)ココ(←お勧め第2位)なら最短60分で融資を受けることが可能です。

その理由は、ネットでの取引が可能になったから。

申し込みから審査まで全てネットで完結するため、スピーディーな融資が可能になったのですね。

しかも、ネットで全ての手続きが済んでしまうため、来店したり、誰かと会って話す必要もありません。

メリットその2.毎月の返済額が1,000円からと少なく生活が建て直しやすい

カードローンの返済は月々1,000円

毎月の返済額が小さく設定されているのもカードローンのメリットの1つ。

具体的に言うと、アコムとプロミスの最低返済額は、たったの1,000円。

仮に5万円借りたとしても月々の返済額は2,000円、10万円借りても4,000円でOKなのです。

これぐらいの額であれば、誰しも負担なく返済してくことが可能ですよね?

その為、生活も非常に立て直しやすいです。

このまま滞納を続けてブラックになるよりも、遥かに賢い選択肢だと言えます。

何よりも、周りに迷惑を掛けることなく、また、友人などの信頼を失わずに済むのも良いところです。

メリットその3.クレカの金利よりも安い金利で借りられる

クレカより金利が安い

クレジットカードの遅延損害金はカード会社によって異なるものの、ほんとどのところがショッピング枠で14.6%、キャッシング枠で20%というように設定されています。

ではカードローンで借入した場合の金利はどれぐらいか? というと、

ズバリ、三菱UFJグループのアコムで、年3%〜18%

プロミスで、年4.5%~17.8%。の金利となっています。

クレカを延滞すると、最低でも「年率14.6%~20%」の延滞利息を取られてしまう為、カードローンで立替えした方が安く済む可能性があるのですね。

ただし、実際に何%の金利が適用されるかは個々人の契約で異なってくるので一概には言えませんが、どちらにしても20%の遅延損害金よりかは安くなるのは確実です。

メリットその4.初めてなら無利息で借りられる

初めてなら利息0円

カードローンの借り換えの最大のメリットは、この無利息制度があるところ、と言っても過言ではありません。

無利息制度とは、その名の通り「無利息」でお金を融資してもらえる制度のことをいいます。

条件は会社によって若干だけ異なるものの、共通しているのは「その会社のカードローンの利用が初めてであること」

下記の表にて、各社の条件をまとめていますが、はっきり言って条件はユルユルです。

ズバリ、誰でも簡単に無利息で借りることが出来る! と言い切っても支障ないと思います。

カードローン名無利息制度の内容条件
プロミス初回借入日の翌日から30日間無利息初めての利用であること
メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録を行うこと
アコム契約の翌日から30日間無利息初めての利用であること
返済期日を35日ごとにすること
アイフル契約の翌日から30日間無利息初めての利用であること
レイクその1契約の翌日から180日間、借入額のうち5万円が無利息に初めての利用であること
契約額が200万円以下であること
レイクその2契約の翌日から30日間無利息初めての利用であること

レイクの「その1」と「その2」は併用不可


細かいことを言ってしまうと、一番お得なのがプロミス。

理由は、無利息期間のカウントが「初回借入日の翌日」からスタートするからです。

他社の場合は、「契約日の翌日」となっていますが、誰しも契約したその日に借りるとは限らないのですよね。

仮に、契約したけどすぐには借入を行わず、11日後に借入した場合にはもう既にその時点で10日分の無利息期間を消化してしまっているのです。

その点、プロミスの場合は11日後に借りても、その翌日から30日のカウントがはじまる為、無利息期間で損することが無いのですね。

その他、プロミスの場合、メールアドレスの登録やWEB明細が気になる人がいますが全く心配ありません。

そもそも、どこのカードローンでも申込時にはメールアドレスの登録を行いますし、それに登録したからといって迷惑メールを送ってきたり、個人情報を売られる、なんてことも無いからです(笑)

web明細も問題ないですよね?

いわゆるスマホやPCで見れる明細書の形式であって、クレカでも導入している会社がほとんどなので一般的だと言えます。

ぜひぜひ、これらの情報を活用して、各社の無利息制度を賢く利用してみてください。

最後に、クレジットカードの立て替え払いにお勧めなカードローンを3社紹介しておきます

お勧めのカードローン

もちろん、ご自身で好きなものに申し込んでもらってもOK。

ですが、その場合でも、1つだけ注意してもらいたいことがあります。

ズバリそれは、審査の通過率を最優先にカードを選ぶことです。

何故なら、信用情報には、「カードに申込んだ結果、契約に至ったか否か」の記録も残るようになっている為、ここで審査に落ちてしまうと、打てる手が無くなってしまうからです

つまり、一度審査に落ちてしまうと、次に申込むカードの審査難易度が自動的に上がってしまうのですね。

延滞状態に入っている人であれば尚更です。

なのでチャンスは一度限りと考え、ぜひ審査の通過率を最優先にしてカードを選ぶようにしてもらいたいと思います。

審査・スピード・無利息の3拍子が揃うカードローン

アコム

アコム

「審査に通るかが心配…」
「ここで失敗するわけにいかない!」

そんな人の第一候補にしてもらいたいのがアコムです。

やはり、審査の通過率を考えた場合、選ぶべきは銀行のカードローンではなく大手の消費者金融。(アコム・プロミス・アイフル・モビットなど)

その中でも最もお勧めなのがアコムなのですね。

何故なら、審査・スピード・無利息の3つ全てが揃っているカードローンは、他にはなかなか無いからです。

なお、審査が不安な方は、借りれるかその場で分かる「3秒診断」(←コチラ)をやってみてください。

名前などの個人情報を入れる必要もなく、借入可能かが3秒で分かります。

即日融資もメチャ強いですしね。

当然、初めての借入なら30日間無利息♪

主婦や学生でもバイトやパートで安定収入があれば申込みOKというのも良い点です。

その他、アコムの場合は、カードローンに「クレジットカード機能」を付けることが出来るのも特徴の1つ。

クレジットカードが止まってしまった場合にもサブのクレカとして使用することが出来ます♪

審査通過率★★★★★お勧め
融資スピード★★★★★業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。即日融資といえばアコムと言われるほど有名!
無利息サービス★★★★★初めての人に限り30日間無利息!

アコムと甲乙つけがたいのがプロミス!

プロミス

アコムの次にお勧めなのが、こちらのプロミスです。

ただし、ハッキリ言って、プロミスとアコムにはそれほどの差はありません。

若干、プロミスの方が金利が安いこと、それから女性専用の窓口を置いているところが評価されているポイントですね。

もちろんプロミスも即日融資にも強く、30日間の無利息制度も用意してくれています。

なお、プロミスにも3秒診断があるので、審査が不安な方はやってみてください。

「簡単3秒お借入診断」(←コチラ)

アコムとプロミスの両方で診断をやってみて、結果を見てどちらを選ぶというのもありですね!

もちろん、プロミスも主婦や学生でもバイトやパートで安定収入があれば申込みOKです♪

審査通過率★★★★★お勧め
融資スピード★★★★★業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。
無利息サービス★★★★★初めての人に限り30日間無利息!

家族に内緒で利用したい人誰とも会いたくない人は「WEB完結申込み」を選択して下さい。

全ての手続きがネット完了するため来店する必要が無いのです。

さらに、明細書やカードの自宅送付が無いので、家族にバレずに利用することが出来ます♪

WEB完結申込みはコチラより。

プロミス・アコムの審査に落ちた人に

アイフル

知名度の関係上、どうしても上記2社に押され気味のアイフル。

ですが「アコムやプロミスの審査に落とされたけどアイフルだけは通った…」という口コミがあるのも事実。

個人的には、本命としてプロミスかアコムを選択しておき、万が一落ちた場合にはアイフルに切り替えるというのが賢い戦略だと思っています

こちらもバイトやパートで安定収入があれば、主婦や学生でも申込み可能です♪

審査通過率★★★★★お勧め
融資スピード★★★★★業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。
無利息サービス★★★★★アイフルも当然、30日間無利息となっています。
サブコンテンツ

このページの先頭へ