エポスカードの延滞料金、リボ払いや分割払い可能?答えはNO!

エポスカード リボ 分割
ミカサ

ミカサ

エポスカードの延滞料金、リボ払いや分割払い可能?答えはNO!

mikasa_ico

エポスカードを滞納した場合、「延滞料金の支払いをリボ払いや分割払いにしたい!」と思うかもしれませんが、残念ながら出来ません。

ただし、延滞をする前であれば(正確には「支払方法変更締切日」が到来する前であれば)、リボ払いや分割払いへと変更することも可能なので、今回は延滞していない人を対象に、リボや分割払いに変更する方法を解説したいと思います。

なお、「そもそもカード代金を支払うお金がない!」という人や、「このまま延滞し続けたら何が起こるのか?」が気になる人は以下の記事を参考にして下さい。

リボ払いや分割払いに変更するための条件

「支払方法変更締切日」の前に支払い変更手続きを行うこと

ズバリ、「支払方法変更締切日」の前に支払い変更手続きを行うことです。

気になるのは、支払方法変更締切日はいつなのか?という点ですが…

これは、通常時の支払い方法が「口座引落し」なのか「エポスATMなどへの持参払い」なのかによって大きく2つに分かれてきます。

それぞれ見ていきましょう。

その1.口座引落しの場合の支払方法変更締切日は、引落日の約10日前(22時)まで

毎月27日が支払日の場合

毎月4日が支払日の場合

エポスカードの引落日は、人によって「27日」「4日」のどちらかになるのですが、いずれの場合も「支払方法変更締切日」は、引落日の“約10日前”ということになっています。

毎月27日が引落日の人は「当月の17日前後」が支払方法変更締切日となり、毎月4日が引落日の人は「前月の25日前後」が支払方法変更締切日ということになります。

ただ、1つ注意してほしいのは、”約10日前”という曖昧な表現になっている点です。
なぜ、”約10日前”という曖昧な記述になっているのかというと、これは「使用している銀行口座」だったり「その月」によって、変更締切日にバラつきが見られるからです。
要はエポスでは、“毎月〇日”といったような誰でも分かりやすい固定的な日時を設定しておらず、使用している銀行口座によって変更締切日を変えていたり月によって変更締切日を変動させる仕組を採用している為、引落日の1ヶ月ぐらい前の時期にならないとハッキリした変更締切日が分からないようになっているのですね。
その為、口座引き落としの場合の支払方法変更締切日は、引落日の「約10日前」という曖昧な表現になっています。

「22時まで」という時間は毎回同じですが、変更締切日は引落しに使っている「銀行口座」や「その月」によって若干変動するのです。

口座引落の場合の明確な支払方法変更締切日を知るには?

支払方法変更締切日を知る方法は、ズバリ、2つあります。

1つ目は、エポスカード公式サイトやエポスNetに記載されている変更締切日を自分で確認する方法。

2つ目は、エポスカードから送られてくる「お支払変更期限お知らせメール」で変更締切日を確認する方法です。

1つ目の公式サイトやエポスNetで確認する方法ですが、下記のページに、27日払い・4日払い、それぞれ直近の締切変更日が掲載されているので、こちらを自身で参照してもらう形になります。

(なお、最新の変更締切日は、口座引落日の概ね35日〜40日前にサイト上で発表される。4月4日引落分→2月22日〜2月27日あたり、4月27日引落分→3月23日〜3月28日あたり)

リボ払い変更の締切日
https://www.eposcard.co.jp/revo/change.html

分割払い変更の締切日
https://www.eposcard.co.jp/divide/change.html

エポスNet(ログインが必要)
https://www.eposcard.co.jp/member/index.html

2つ目の「メール」にて変更締切日を確認する方法ですが、こちらは事前にエポスNetにて、「お支払変更期限お知らせメール」を受け取れるように設定をしておく必要があります。

エポスNetにログインし、「お支払変更期限お知らせメール」を受け取るように設定しておけば自動的にエポスからお知らせが届くようになります。

エポスNet(お支払変更期限お知らせメールの設定が可能)
https://www.eposcard.co.jp/member/index.html

ただし、メールの場合には1点だけ注意点があって、それは…変更締切日の2日前にならないとメールが届かないという点です。

つまり、かなり直前にならないと変更締切日が分からないので、もっと事前に知りたい場合には自身で公式サイトやエポスNetを確認するようにして下さい。

その2.持参払いの場合の支払方法変更締切日は支払日の22時まで

持参払いの場合の支払方法変更締切日は支払日の22時まで

「口座引落し」とは違い、「持参払い」の場合はシンプルで分かりやすいです。

ズバリ、支払日当日の22時までが支払方法変更のタイムリミットとなっています。

持参払いの支払日は、「その人」によって若干異なってはきますが(以下の6パターンのいずれか)、どちらにしても言えるのは、変更の締切は支払日当日の22時までという点

自分の支払日さえ分かっていれば、変更締切のタイムリミットも簡単に判るようになっています。

持参払いの支払日:5日、10日、15日、20日、25日、30日

リボ払い・分割払いへの変更手続きのやり方

「リボ払いや分割払いへの変更手続きは「エポスNet」で行う!」

リボ払いや分割払いへの変更手続きは、「エポスNet」にて手続きを行います。

(支払方法が「口座引き落とし」であっても「持参払い」であっても、どちらもエポスNetでの手続きとなる)

なお、キャッシングの利用分については「分割払い」への変更はできず「リボ払い」のみ選択可能となっているので気をつけてください。

口座引き落としか持参払いかは関係なく、キャッシング利用分については、そもそも分割払いへには変更できないようになっているのですね。

分割払いに変更する手順

分割払いに変更するには、エポスNetへのログインが必要となります。

ログイン後、分割変更のページから、「20◯◯年◯月27日お支払い分」「20◯◯年◯月4日お支払い分」「変更可能な項目すべて」など、該当する支払期日の中から、分割変更したい支払いを選択します。

その支払明細の中から、分割払いに変更したい項目の支払回数を、3回〜36回の中から自身が希望する支払回数に変更します。

変更する支払が決まったら、「変更内容確認」ボタンを押します。

その後、「申し込みを確定する」ボタンを押せば、分割払いへと変更完了します。

なお、注意点が1つだけあって、それは分割できる回数が3回〜36回と決まっていること。

つまり、2回払いや27回以上の分割はできないので、3回〜36回の中から、希望する回数を選ぶようにして下さい。

リボ払いに変更する手順

こちらもエポスNetへのログインが必要です。

ログイン後、リボ払い変更のページから、「20◯◯年◯月27日お支払い分」「20◯◯年◯月4日お支払い分」「ボーナス一括払いお支払い分」「変更可能な項目すべて」など、該当する支払期日の中から、リボ払いへと変更する項目を選択します。

その後、リボ払いに変更する合計金額を確認し「申し込みを確定する」ボタンを押せば、リボ払いへと変更完了します。

まとめ

まとめ

今回の記事の要点をまとめると、こうなります。

口座引き落としの場合

ショッピングキャッシング
変更期限引落日の約10日前の22時まで引落日の約10日前の22時まで
手続きエポスNetにてエポスNetにて
リボ払いに変更
分割払いに変更×

持参払いの場合

ショッピングキャッシング
変更期限支払日の22時まで支払日の22時まで
手続きエポスNetにてエポスNetにて
リボ払いに変更
分割払いに変更×
どうしても支払いがキツイという場合には、上記の期日までに分割やリボ払いに変更を行い、くれぐれも延滞だけはしないように気をつけてください。
というのも延滞をしてしまうと、エポスカード側から危険なお客であると認識されてしまい、カードの利用を長期間止められてしまったり、場合によっては強制解約になってしまう恐れがあるからです。
なお、それでも支払いが難しいという場合には、下記にて現金を用意する方法を5つ紹介しているので参考にして下さい。

カードが使えなくなったり、信用情報が傷ついてしまう前に…。

クレカの料金が払えない人へ!現金を用意する方法を5つ紹介!

サブコンテンツ

このページの先頭へ