イオンカードが払えない人へ!延滞後に起こる事と取るべき対処法まとめ

イオンカード延滞
ミカサ

ミカサ

イオンカードの滞納時の対処法まとめ

イオンカードを延滞するとどうなる?時系列で紹介

お買いものするのにとても便利なイオンカード。

でも、うっかりイオンカードを滞納してしまうと、大変なことになってしまいかねません。

ということで、今回はどういったことが具体的に起こるのか? を時系列で解説!

なお、支払う余裕がない…という人は以下を参考に。

延滞金を支払う余裕がない人へ! 現金を用意する方法を5つ紹介

起こること その1滞納した次の日からイオンカードの利用が停止する

イオンカードが利用停止になる

どのクレジットカードを使っていても同じことですが、引き落としが確認できなかったら即、利用制限がかかります。

つまり、支払いが確認されるまでイオンカードは使えなくなるのです。

イオンカードの場合、締日が毎月10日、引落日が翌月2日、という少し変わったスケジュールになっているため、残高不足に気が付かない人が多いようです。

イオンカードは、イオン銀行を自動引落し口座として指定している場合のみ3~5日まで再振替をしてくれます。

ただし、3~5日が平日の場合のみに再振替は実施されるので注意してください。

3日~5日がいずれも土日祝の場合は、再振替は行われずに支払通知書が送られてくることになります。

なお、イオン銀行以外を指定口座にしている場合は、再振替はなく即、支払通知書の送付になります。

わかりやすく表にしていますので確認してください。

金融機関イオン銀行それ以外
引落日毎月2日
再振替毎月2〜5日
(金融機関営業日のみ)
無し
支払通知書
(督促状)
最初の引落日から5日〜1週間前後最初の引落日から1週間前後
電話催促最初の引落日から18日前後
延滞損害金の発生支払通知書の支払期限の翌日から
(最初の引落日から20日前後)

もう一つ、注意しておかなければならないことがあります。

それは各種支払いをイオンカードのクレジット払いにしている場合です。

例えば、携帯電話の支払いをイオンカードのクレジット払いにしている場合、イオンカードの支払いだけでなく携帯料金も滞納になってしまいます。

もちろん、家賃や公共料金などの引き落としを行っている場合も、同様ですので注意してください。

起こること その2引き落とし日から1週間で支払通知書(督促状)が送られてくる

イオンカードの督促状が届く

先ほど説明したように、カード料金の引き落とし先としてイオン銀行の口座を指定している場合のみ、毎月3~5日の間に再振替が行われます。

しかし、その再振替でも支払いが確認できない場合は、支払通知書(督促状)が送られてきます。

いつ送られてくるのかというと、概ね最初の引落日から1週間前後。(再振替期日から数えると2~4日後)

再振替がそもそも実施されない方もほぼ同じで、最初の引落日から1週間前後に送られてくることになります。

起こること その3支払通知書に書かれている期日に支払いがなされなかった場合、その翌日から遅延損害金が発生する

遅延損害金が発生する

先ほど説明しましたが、イオンカードの引き落としが確認できないと(再振替含む)、支払通知書が送られてきます。

もし、この支払期日にも料金の支払いが確認できないと、その翌日から遅延損害金が発生します。

具体的には、毎月20日前後(最初の引落日から18日前後)から遅延損害金が発生することになります。

どのくらいの年率で延滞金がかかってくるのでしょうか?

これはキャッシングとカードショッピングでは年率が異なってきます

キャッシングは残高に対して20%、カードショッピングは請求金額に対して14,6%の年率となっています。

具体的に計算してみたので参考にしてください。

20万円を30日間延滞した場合の延滞金の額は?

キャッシング
200000円×20%÷365日×30日=3,314円

カードショッピング
200000円×14%÷365日×30日=2,314円


起こること その4支払通知書を無視していると、電話による催促が開始される

支払通知書による請求を無視していると、今度は電話による催促が開始されます。

支払通知書に記載されている支払期限は、最初の引き落とし日から約18日前後なので、それを過ぎた辺りから電話はかかってきます。

(例)1月2日が最初の引落日の場合、督促の電話は1月20日前後から

まずは本人の携帯電話にかける

携帯電話に督促の電話がかかる

最初は本人の携帯電話にかけてきます。

電話で催促、といっても、映画やドラマでよく見るような恫喝まがいの電話はかかってきませんので安心してください。

支払い期日が過ぎても引き落としが確認できないこと、いつまでに支払えるのかの確認等、必要事項を伝えてくれます。

もちろん、口調はいたって穏やかな優しいものですのでご安心を。

自宅に電話をかけてくることは?

自宅に電話をかけてくることは?

本人の携帯電話にいくらかけてもつながらない場合や、あからさまに無視している場合には自宅に電話をかけてくることがあります。

ですが、最初はきちんと本人確認をしてくれます。

いきなり、「イオンカードの滞納分が○○円です。何日までに支払ってください。」なんて強引なことはしません。

本人以外に滞納状況を伝えることはありませんので、ある程度安心できます。

ただし、連絡が取れない場合は、必然的に何度も自宅に「ご本人様はご在宅ですか?」と、電話がかかることになるので、不審に思った家族から問い詰められる可能性は否定できません。

その時にはうまく切り抜けるか、正直に相談するか、どちらかを選ばなければいけませんね。

会社や職場に電話はかかってくる?

会社への電話と訪問は?

会社や職場に催促の電話がかかってきて、会社にばれて、居づらくなるのではないか?

誰もが気になる点でしょう。

結論から言いますと、会社や職場に催促の電話をかけてくることは、ほとんどありません。

なぜなら、貸金業法という法律の21条によると「正当な理由なく勤務先に取り立ての電話を掛けること」は違法とされているからです。

ですが、「正当な理由なく」電話を掛けることが違法となっている点に注目してください。

逆に言えば、明らかに悪質な滞納の場合には会社にかけることは可能だ、ということです。

そのことはしっかり覚えておきましょう。

なお、一番良い対処法は、こちらからコールセンターに電話し、払う意志を見せることです。

先手必勝で、こちらから相談すればある程度柔軟な対応をしてくれますし、印象も良いですよね?

ぜひ、滞納してしまった場合にはこちらからアクションを起こすようにしてください。

起こること その5滞納の数日後から信用情報が傷つきはじめる(延滞の記録が付けられる)

信用情報が傷つきはじめる(延滞の記録が付けられる)

さて、ここからが本番です。

いやもちろん、これまでもとても大事なことをお伝えしてきました。

数日でも滞納すると、カードが利用停止になる、延滞金もかかる、電話もかかってくるなど、不都合なことがたくさん起こります。

でも、これから説明する「信用情報に傷がつく」ことに比べればまだ可愛く見えます。

そもそも、信用情報は何でしょうか?

信用情報とは簡単に言えば個人個人の「お金に関する成績表」みたいなものです。

この成績表には、クレジットやローンの契約内容、支払い状況、残債務などの項目があります。

きちんとお金を返済していれば成績は良く、滞納していれば成績は悪く、といった具合に情報が毎月記録されていきます。

成績が良い人は各種審査に通りやすく、成績が悪い人は通りにくくなるのです。

この成績表が、クレジットカードを作る際や、ローンを組む際の審査の判断基準となっているのです。

信用情報に関してさらに詳しくしりたい方は下記の記事を参考になさってください。

信用情報とは? 信用情報機関とは?

さて、イオンカードなど、クレジットカードの支払いに関して登録される成績表、つまり信用情報は3段階評価です。

第一段階はきれいな状態。

支払いに何の問題もなく、毎月きちんと払っているという状態です。

この時には、毎月の入金状況の欄に「$」というマークがつきます。

第二段階は短期の滞納。

支払いが通常通り行われなかった状態です。

この場合、その月の入金状況のところに「A」マークがつくことになります。

下記の書類の入金状況の項目に注目して下さい。

これはイオンカードも加盟している信用情報機関(CIC)から取り寄せた本物の信用情報ですが、実際に支払いが遅れた月については「A」マークが付いていますよね?

本物の信用情報イオン

よく信用情報に傷が付く、という話が出ますが、いわゆるこの状態・・・

信用情報に「A」マークが付いた状態を一般的に「信用情報に傷がついた状態」と呼んでいます。

では信用情報に傷がついたら、どんなデメリットがあるのでしょうか?

一度や二度、Aマークがついたぐらいでは大きな問題にはなりません。

でも、それが何回も続いたり、定期的についていたりすると、途端に審査の通過が難しくなってしまうのですね。

短期間でも、お金を返していないのですから、そう判断されてしまっても文句は言えません。

通ることもあれば、通らないこともある、非常に不安定な状態といえます。

でも、もっと、もっと怖い段階が次に待ち受けています。それが三段階目のブラック状態です。

起こること その6滞納から3か月後には強制解約。信用情報が完全ブラック状態に

ブラックリスト

では最終段階、第三段階目とは一体どんな状態でしょうか?

これは、信用情報が傷ついた、いわゆる“ブラックリスト”に載った状態になります。

気になるのは、いつ?どういったことを行った場合に、ブラックリストに載った状態になるのか?という点ですが、これはズバリ、以下の通りです。

長期延滞2か月~3ヶ月の長期滞納を起こした場合。ただし、2か月未満でも繰り返し滞納したような場合にも。
強制解約契約違反などにより、契約を強制的に解除された場合。長期延滞も契約違反となる為、強制解約になる。
任意整理いわゆる債務整理を行った場合。
自己破産・個人再生 裁判所にて自己破産や個人再生をした場合。

主に今回の記事で関係してくるのは上の2つですね。

具体的にはイオンカードの場合は、3ヶ月以上の長期延滞を起こした時点で強制解約になるため、そこでブラックの記録を付けられることになります。

ただし、信用情報に「ブラック!」という文字を書かれるわけではありません。

具体的には、下記の書類を見てみてもらいたいのですが、長期延滞を起こした場合や強制解約になってしまった場合には、日付と共に「異動」という文字を書き込まれることになるのですね。

異動記録

では、ブラック状態(異動記録を付けられた状態)になると、いったい何が不都合なのでしょうか?

ズバリ、以後5年間は、クレジットカードを含め、すべての金融機関のローン、オートローンやカードローン、各種融資が全く受けられなくなるのですね。

各種クレジットやローンに申し込んでも、ほぼ100%審査に落ちてしまうのです。これは、かなり痛いです。

大人としてとても不便な生活を強いられます。

家も車も買えません。もちろん現金一括で買えるなら話は別なのですが・・・

しかも、怖いのは新規契約だけではありません。

実は、1社にて金融事故を起こしてしまったら、いま持っている他社のクレジットカードやカードローンなども全て利用停止になってしまうのですね。

(最悪の場合は強制解約の上、一括にて全額の支払いを求められることも。)

何故こうなるのか?というと、イオンで事故を起こしたということは、うちの会社でも事故を起こす可能性が高いと判断するからです

だから、異動情報が信用情報に載った時点で、各社とも最低でも利用停止、最悪の場合は強制解約という手を打ってくるのですね。

自業自得とはいえ、かなりつらい現実が待ち受けていることを覚悟しなければなりません。

起こること その7裁判所から支払い督促状が届き、最悪の場合は強制執行に

最悪の場合は差し押さえの強制執行

さて、「そんなの関係ないね。別に強制解約なったって特に問題ない。このまま逃げ切ってやる!」って思っていませんか?

甘い。甘すぎます。

日本には、司法制度があるんです。

そうです、もし、滞納をほっておくとイオンカードは法的手段に訴え、裁判所に滞納者を訴えてきます。

流れはこうです。

まず、3か月たつとイオンカードの返却と強制解約を通達する手紙が届きます。

その後、滞納分と利息を一括で支払うようにという督促状が届きます。

同時に、支払わなければ法的手続きを執る、という督促状も送られてきます。

これはイオンから送られてくるものです。

それを無視していると、法的手続きが実際に進み、今度は裁判所から支払督促が届くのです。

一括で支払いなさい、という命令がこれには含まっています。

この段階まで来たら、その督促状を絶対に無視してはいけません。

一括で払えなくても、必ず「異議申し立て」を行ってください。

そうしないとどうなるかといいますと、、、強制執行の対象になってしまいます。

強制執行になると、不動産・預金・給与などが取り押さえられてしまいます。

こうなったら最悪です。強制執行になる前に、何とか手を打たなければなりません。

では一体どうすればいいのか?

裁判で和解を目指すのです。

必ず、裁判所からの支払督促には「異議申し立て」ができる旨が示されています。

その用紙にしっかりと記入し、裁判で「和解」を目指しましょう。

和解交渉は、一括でなく分割で支払うことを認めてくれます。

その後、計画的に返済することをお勧めします。

裁判に行くまでの流れを表にしましたので参考にしてください。

支払日引き落としができないと・・・
1週間後支払通知書
18日後辺りから電話による催促開始
自宅にかかってくる
3か月後イオンカードの強制解約
一括払いの督促状
裁判所からの督促状
裁判
強制執行

延滞金を支払う余裕がない人へ
現金を用意する方法を紹介!

イオンカードの延滞金を用意できない人へ

以上ご説明してきたように、イオンカードの滞納は、思った以上に深刻な問題を引き起こします。

速く延滞を解消しないと信用情報が傷つき、他のクレカを解約されたり、新規の契約が通らなくなってします。

裁判所に訴えらる可能性もゼロではありません。

でも、どうしても現金が足りない・・・
そんな場合にはどうしたら良いのでしょうか?

ズバリ、これから説明する金策方法を検討して下さい。

資金が足りない人の為に、全部で5つの金策の方法を紹介しています。

金策その1.休日や夜間にバイトをする!

夜間のバイトをする

働き過ぎによる体調管理には十分気を付けなければいけませんが、最も堅実なのがこちらの方法。

特に多くの人が働きたくない休日や深夜帯であれば時給の高いバイトも沢山あります。

例えば、深夜のコンビニ(22時以降)であれば時給1,000円~というのが基本なので、週3日働けば24,000円、1ヵ月で90,000円ほどのお金を作ることが可能。

警備員のバイトも高額な日給で有名ですね。

その他、余りお勧めではありませんが、ナイトワーク(キャバクラ・ガールズバー)であれば、時給3,000円・4,000円というのが当たり前となっています。

金策その2.身の回りにあるお金になりそうなものを売却する

身の回りにあるお金になりそうなものを売却する

有名なものでヤフオクやメルカリがありますね。

サイトやアプリをチェックし、お金になりそうなものがあれば売却を検討してみてください。

有名ブランド品であればそこそこの額で買い取ってくれます。

また、最近ではアイドルグッズを専門に買い取る業者もあったりします。

思わぬお宝が自宅に眠っている可能性もあるので一度チェックしてみても良いかもです。

また、車やバイクであれば確実に数万円~数十万円のお金を作ることが出来ますね。

絶対に必要という訳でなければ、査定だけでも出してみる価値はあるかもしれません。

金策その3.親に借りる

親や友人に借りる!

事情を説明し、親にお金を借りるのも1つの方法です。

特に延滞金が大きく、バイトや不用品を売却しただけでは返せない場合には、恥を忍んで頼み込んだ方が良い場合もあります。

大変言いづらく、かつ、恥ずかしい思いをするのは間違いないですが、クレカやローンの審査に通らなくなったり、裁判や差押えになるよりかは確実にマシだと言えます。

その際には、親といえども、きっちりと借用書を用意し、誠意や決意を示すのがお勧めです。

金策その4.債務整理を行う

債務整理

返済金が大変大きく、打つ手が何もない場合には、最終手段として債務整理というのもあります。

債務整理とは、裁判所や弁護士を利用し、合法的に借金を減額したり帳消しにするもの。

具体的には、以下の4つの方法があります。

  1. 自己破産
  2. 裁判所に破産を申立て、借金を免除してもらう方法。

  3. 個人再生
  4. 同じく裁判所を利用。借金の一部を原則3年間で払うことを条件に、残りの借金を免除してもらう方法。

  5. 特定調停
  6. こちらも裁判所にて行うもの。調停委員に間に入ってもらい借金の減額や分割払いについて交渉し、解決を目指すもの。

  7. 任意整理
  8. 裁判所を通さない方法。一般的に弁護士に依頼して行う。弁護士が本人に代わり、借金の減額や分割払いについて交渉を行い、解決を目指すもの。

ただし、債務整理について注意しておかなければいけないのは、債務整理を行うと信用情報に事故情報(異動情報)が記録されてしまうという点。

つまり、債務整理を行うと信用情報がブラックになり、解決から5年~10年は、あらゆるローンやクレジットカード、スマホの分割購入の審査に通らなくなってしまうのですね。

最もお勧めは、カードローンでの一時的な立て替え! 何故なら…

いま見てきた通り、お金を用意する方法は大きく分けて2つ。

自力で用意する方法と、債務整理をする方法。

ただ、どちらの方法にも言えることですが、デメリットが大きいのですね。

そこで、お勧めしたいのは、“支払いを一時的に” カードローンで立て替えるという方法。

具体的には、一時的に立替えることで、まずは最悪の事態(ブラックや裁判、差押え)を回避。

最悪の事態を回避したら、あとは、生活を立て直しつつ、コツコツと返済していくというもの。

カードローンであれば、今日・明日中にはお金を用意できますし、なによりも、毎月の返済額が少額で済むのでコツコツと返していくことが出来るのですね

ということで、ここからはどうしてカードローンでの一時立て替えがお勧めなのか?

その理由を説明していきたいと思います。

お勧めの理由その1.今日中に、遅くても明日中には、現金を用意することが出来るから!

バイトにしても不用品の売却にしても、実際にお金が入ってくるのには、ある程度の日数が必要になってきます

つまり、返済が目の前に迫っている場合には、どう頑張っても間に合わないことに・・・。

ですが、カードローンの場合は、今日中に、遅くても明日中には現金を用意することができるので、期限が迫っていても、間に合わせることが出来るのですね。

会社によりますが、最速だと、審査最短30分というところもあるほどです。

特に、お勧め1位のココとお勧め2のココは有名で、最短60分~90分で現金を手に入れることが出来ます。

実際に、このサイトでも公開実験をしましたが、1時間16分で借入れできています。

お勧めの理由その2.目前に迫った支払金を数千円にすることが出来る!

目前に迫った支払金を数千円にすることが出来る!

カードローンでの建替えを行った場合のメリットとして大きいのがこの点です。

例えば、イオンカードから10万円の請求が来ていたとします。

この場合、当然、10万円という額をきっちり一括で支払わないことには、延滞状態に突入してしまいます。

10万円中、1万円を支払ったからといって、見逃してくれることは無いのですね。

全額支払わないと延滞になる

ですが、カードローンで一時立て替えを行えば、この差し迫った10万円という返済額を2,000円や4,000円のように減額することが出来るのですね。

というのも、カードローンにはクレジットカードには無い、「最低返済額」という制度があるからです。

最低返済金とは、そのままですが・・・

借入金に応じた最低限の返済金の額のことで、例えば、5万円を借りた場合には、3,000円とか4,000円のように、借入金の一部のお金を支払えば、その月の支払いはOKとしてくれるのですね。

なので、仮にイオンカードからの10万円という請求額が支払えない状況であっても、カードローンで建替えを行えば、返済金を数千円に減らすことが出来るので、無理なく支払うことが出来るのですね。

カードローンで全額を一時立て替え

しかも、イオンカードからの請求はカードローンで全額立替えているので、延滞状態になることもありません!

最低返済額に関してですが、特に、お勧め1位のアコムは非常に安く、5万円借りた場合でも2,000円。10万円借りた場合でも4,000円となっています。

2,000円や4,000円であれば、誰でも楽に捻出することが出来ますよね。

お勧めの理由その3.イオンカードの延滞利息よりも安い金利で借りられるところもある

イオンカードのショッピング代金を延滞した場合、年14%の延滞利息が発生します。

キャッシングの場合は、年20%ですね。

実は、カードローンで立替えた場合には、これよりも安い金利で済む場合もあるのですね。

具体的には、借入金額によっても変わってきますが、アコムの場合には、年3%〜18%

プロミスだと年4.5%~17.8%でOKとなっています。

お勧めの理由その4初めての利用なら初月無利息で借りれるところもある

これもカードローンのメリットとして大きいなところですね!

ズバリ、初月無利息の条件は、その会社のカードローンの利用が初めてであること。

基本的にそれさえ満たしていれば、誰でも簡単に無利息でお金を借りることが出来ます。

気になるのは、どこのカードローンが無利息制度を導入しているか?という点ですが、こちらは以下の3社になります。

アコム、アコム、アイフル、そして、新生銀行のレイクですね。

個人的にお勧めはアコム。

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員で安心ですし、即日融資も得意。

そして何よりも審査通過率が高い点ですね!

ここで審査に落ちたら後が無いわけですから、審査通過率は非常に重要です!

まとめ

最後に、イオンカードの一時立て替えをするのにお勧めのカードを3社紹介しておきます。

イオンカードの延滞問題が解決し、無事、平穏な日常が戻ることを祈っております。

審査・スピード・無利息の3拍子が揃うカードローン

アコム

アコム

「審査に通るかが心配…」
「ここで失敗するわけにいかない!」

そんな人の第一候補にしてもらいたいのがアコムです。

やはり、審査の通過率を考えた場合、選ぶべきは銀行のカードローンではなく大手の消費者金融。(アコム・プロミス・アイフル・モビットなど)

その中でも最もお勧めなのがアコムなのですね。

何故なら、審査・スピード・無利息の3つ全てが揃っているカードローンは、他にはなかなか無いからです。

なお、審査が不安な方は、借りれるかその場で分かる「3秒診断」(←コチラ)をやってみてください。

名前などの個人情報を入れる必要もなく、借入可能かが3秒で分かります。

即日融資もメチャ強いですしね。

当然、初めての借入なら30日間無利息♪

主婦や学生でもバイトやパートで安定収入があれば申込みOKというのも良い点です。

その他、アコムの場合は、カードローンに「クレジットカード機能」を付けることが出来るのも特徴の1つ。

クレジットカードが止まってしまった場合にもサブのクレカとして使用することが出来ます♪

審査通過率★★★★★お勧め
融資スピード★★★★★業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。即日融資といえばアコムと言われるほど有名!
無利息サービス★★★★★初めての人に限り30日間無利息!

アコムと甲乙つけがたいのがプロミス!

プロミス

アコムの次にお勧めなのが、こちらのプロミスです。

ただし、ハッキリ言って、プロミスとアコムにはそれほどの差はありません。

若干、プロミスの方が金利が安いこと、それから女性専用の窓口を置いているところが評価されているポイントですね。

もちろんプロミスも即日融資にも強く、30日間の無利息制度も用意してくれています。

なお、プロミスにも3秒診断があるので、審査が不安な方はやってみてください。

「簡単3秒お借入診断」(←コチラ)

アコムとプロミスの両方で診断をやってみて、結果を見てどちらを選ぶというのもありですね!

もちろん、プロミスも主婦や学生でもバイトやパートで安定収入があれば申込みOKです♪

審査通過率★★★★★お勧め
融資スピード★★★★★業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。
無利息サービス★★★★★初めての人に限り30日間無利息!

家族に内緒で利用したい人誰とも会いたくない人は「WEB完結申込み」を選択して下さい。

全ての手続きがネット完了するため来店する必要が無いのです。

さらに、明細書やカードの自宅送付が無いので、家族にバレずに利用することが出来ます♪

WEB完結申込みはコチラより。

プロミス・アコムの審査に落ちた人に

アイフル

知名度の関係上、どうしても上記2社に押され気味のアイフル。

ですが「アコムやプロミスの審査に落とされたけどアイフルだけは通った…」という口コミがあるのも事実。

個人的には、本命としてプロミスかアコムを選択しておき、万が一落ちた場合にはアイフルに切り替えるというのが賢い戦略だと思っています

こちらもバイトやパートで安定収入があれば、主婦や学生でも申込み可能です♪

審査通過率★★★★★お勧め
融資スピード★★★★★業界最速レベル。審査最短30分。借り入れまで最短60分。
無利息サービス★★★★★アイフルも当然、30日間無利息となっています。

FP監修者からのアドバイスコメント

カードローンエージェント監修者 FP大泉稔
近所にイオンやイオンモールがあると、イオンのカードが便利ですよね。そんなイオン好きな方は「まとめ買いがお得」や「〇月限定お買い得ギフト」などの言葉に弱かったりしませんか?休みの日には家族総出でイオンに出掛け、帰りには家族が皆、たくさんの買い物袋を。よく見掛ける光景です。ですが、お家に帰ってみると、以前、買った品物が山と積まれていたり、冷蔵庫に隙間が無かったり、そして、その挙げ句に、イオンカードの請求書の数字が、
ということが無いように、イオンへ買い物に出掛ける前に、まず「我が家の在庫」を確認しましょう。>>FP大泉稔氏の詳細
サブコンテンツ

このページの先頭へ