アイフルは在籍確認なしは無理!ただし電話を避けることは可能!

アイフル在籍確認
ミカサ

ミカサ

mikasa_ico

アイフルの利用を検討している人にとって気になるのは、「在籍確認をなしにできないか?」「電話以外の方法に変更できないか?」という点ですよね?

結論から言うと、アイフルの在籍確認自体をなくすことはできませんが、電話を回避することは可能です。

そこで今回は、「なぜ在籍確認をなくすことが出来ないのか」、「電話を回避するための具体的な手順」の2つについて詳しく解説します。

なぜ在籍確認はなしにできないのか?

ズバリ、働いているかどうかが確認ができない人にお金を貸すわけにはいかないからです。

働いているかどうか分からないということは、返済の見込みも立たないですよね?

返済の見込みが立たない人に、リスクを冒してまでお金を貸す大手のカードローン会社は存在しません。

だから、本当に働いていることを確認する在籍確認をなしにすることはできないのですね。

では、なぜ在籍確認は電話で行われるのか?というと、一般的に電話は一番確実な方法と考えられているから。
職場に電話を掛け、申込者が働いていることが確認できれば、本当に働いているか判断できますよね?

だから、より確実に申込者の勤務状況を把握するために、アイフルでは原則、在籍確認は電話で行われているのです。

でも、電話以外の方法で在籍確認を行ってもらうことは可能!

アイフルの在籍確認は通常、電話で行われるとお話ししましたが、実は電話以外に変更することも可能です。

具体的には「書類」での在籍確認に変更することが出来ます。

気になるのは、「なぜ電話以外の方法に変更してもらうことが可能なのか?」 それから、「書類での在籍確認に切り替えてもらうにはどういった手順が必要になってくるか?」 ですよね?
まずは、なぜ電話以外の方法に変えてもらうことが可能なのか?を説明すると…
ズバリ答えは、「在籍確認は必ず電話で行わなければならないと決まっているわけではないから」です。
在籍確認の目的は、あくまでも本当に申告した会社で働いているかを確かめることなので、本当に働いていることがわかるのであれば、電話以外の方法でも良いのです。

便宜上、電話が最も分かりやすくスムーズに手続きを進めることが出来るので「電話」という手段をとっていますが、働いていることさえ証明できれば書類の提出でもOKなのです。

「書類」での在籍確認に切り替えてもらうにはどういった手順が必要?

書類での在籍確認に切り替えてもらうには、ただ申し込みをするだけでは出来ません。

では、「具体的にどんな手順で変更してもらえるのか?」「どのような書類を提出すればいいのか?」について、次から詳しく説明します。

手順1アイフルの担当者に電話で相談

まずは、アイフルの担当者に電話で直接「在籍確認の方法を変更してほしい」とお願いする必要があります。
そこで気になるのは、「いつ相談すればいいのか?」ということですが、電話で相談するタイミングは以下の2つ
  • 申し込み直後に自分から電話
  • 本人確認の電話が掛かってきたときに相談
自分から電話をかける場合は、お客様専用ダイヤル(0120-201-810)に電話して担当者に取り次いでもらってください。

また、アイフルから本人確認の電話が来たときは、「ご質問はありますか?」と尋ねられたタイミングで相談するようにしましょう。

ただし、相談する際に在籍確認の方法を変更してほしい理由を伝えることが必要です。
なぜかという言うと、アイフルとしては理由もなく在籍確認の方法を変更できないからです。

正当な理由がなければ、アイフル側から「勤務先や年収を偽っているのではないか?」などと疑われてしまい、書類での在籍確認に切り替えてくれない可能性もあるのですね。

だから、相談するときは、「普段自分に電話がかかってくることがないから」「会社が休みで電話が繋がらないから」など、電話をされると困る理由をしっかりと伝えるようにしましょう。

手順2働いていることがわかる書類を提出

変更に応じてくれた場合は、アイフルから「現在働いていることを証明できる書類」の提出を求められます。

では、どんな書類を提出すればいいのか?ということについて、アイフルが指定する書類は以下の通り。

  • 直近の給与明細
  • 会社名が記載された保険証
  • 社員証
これらの書類は本当に働いていなけば用意できないものなので、在籍確認の書類として有効というわけですね。

ちなみに、提出方法はいずれかの書類をスマートフォンで撮影して送信するだけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ