急にアイフルの借入れできない!利用停止の原因と解除方法を解説

アイフル利用停止
ミカサ

ミカサ

アイフルの借入れできない!利用停止の原因と解除方法

mikasa_ico

えっ!?

アイフルを利用していると、何の前ぶれもなく、急に融資停止になることがあります。

何度カードを入れ直しても、会員メニューを見直しても、そこに表示されるのは「ご融資余裕額0円」の文字。

はっきり言って、突然の利用停止ほどショックなことはありません!

ということで、今回はアイフルで借り入れ出来なくなった人に向けて、出金停止の原因と解除方法について詳しく解説していきます。

巻末には、記事を監修したFPさんからのアドバイスコメントも掲載。

原因 その1月に何度も借入したり、限度額まで借りては返すなど、利用状況が思わしくないと判断された為

月に何度も借入したり、限度額まで借りては返すなど、利用状況が思わしくない

恐らく、多くの人が引っ掛かってしまっているのがこのパターン。

カードローンには「限度額の範囲内であれば繰り返し利用できる」というメリットがありますが、実は、使い方によっては借入ストップ の原因となることがあるのですね。

気になるのは、「なぜ止められるのか?」という点です。理由はアイフル側から見てリスクのあるユーザーだと判断されてしまったからです。

アイフルをはじめとしたカードローン業者は膨大な顧客データをもっています。そのデータから、月に何度も借入したり、限度額まで借りては返すような人は、貸倒れになる可能性が高いことが分かっているのですね。

(例えば、1万円や2万円の少額を何回も引き出す人はギャンブル依存症の可能性が高いなど。)

特にアイフルとの契約実績が浅いうちは要注意。

「無計画」と感じさせるような利用があると、思ったよりも早い段階で止められてしまいます。

解除方法

アイフルとの間の信用が落ちている状況なので、これを回復させないことには利用停止は解除されません。

具体的には、返済を積み重ねることです。

ただし、1度や2度、返済をすれば信用が回復するかというと、そうではないのですね。

やはり落ちた信用を取り戻すには一定の期間が必要。

具体的には最低でも3ヶ月。

3か月間はしっかりと返済を行い、その実績を持って担当者と掛け合うのが良いと言えます。

なおかつ、出来れば通常よりも多めの金額を返済(繰上げ返済)した方が、話し合いは有利に進みますよね。

(限度額近くまで借りている人は特に!)

その他の方法

あくまでもアイフルとの間でのみ信用が落ちているだけなので、他社にて新規申込を行うというのも有効な方法です。

特にカードローン全般で言えることですが、「新規申込の間口は広い」ので通る可能性は十分あると言えます。

今なら審査の際に必ず見られる「信用情報」も汚れていない状況ですしね。

ただし、どこでも好きなところを選べばOKという訳でもありません。

特に重要視すべきは審査の難易度ですからコチラのカードローン(←タップ)から選ぶことをお勧めします。

原因 その2アイフルで延滞を起こしてしまい信用が落ちてしまった為

アイフルでの短期延滞

わずか1日だけの延滞で即刻カードが止められてしまう、ということは通常ありません。

ですが、2日・3日の延滞であっても二度・三度と起こしてしまったり、たった一度であっても1週間や10日を超える延滞を起こしてい待った場合には、融資停止となる可能性は高いです。

特にカードローンは、「その人の信用」でもってお金の貸し借りを行うものです。

それだけに延滞の有無は重要視されやすく、短期であっても出金停止につながりやすいのですね。

解除方法

原則的に、アイフルから借りている全額を返済することが求められます。

軽度の延滞と言えども契約違反を犯した状態なので、残っている残高を全額返済するまでは復活が難しいことが多いです。

ただ、全額返済に至らなくても、「数ヶ月、真面目に返済を続けていたら、知らない間に出金停止が解除されていた」、なんてこともあるので、とにかく真面目に返済を重ねることが重要です。

数ヶ月返済した上でアイフルの担当者と交渉するというのも、間違いなく復活を早める一つの手ですね。

その他の方法

唯一の希望としてあるのが、延滞を起こしたと言えども信用情報においては事故やブラックとまでは扱われない、という点です。

(もちろん、何度も延滞している場合は別ですが…)

なので、たったの一度や二度の短期延滞であれば、他社の新規申込であれば通る可能性があるのですね。

というのも、短期の延滞を起こした場合には下記のように入金状況に「Aマーク」が付くのですが、これを審査の際にどう見るか?は、カードローン会社によってバラバラだからです。

特に、銀行系のお堅い業者はかなり厳しく見てきますが、いわゆる消費者金融系のカードローンは甘めで、多少の「Aマーク」なら見逃す傾向にあるのですね。

アイフルの信用情報

なので新規申込を検討している人は、まず、消費者金融系のカードの中から選ぶことをお勧めします。

その中でも、特にコチラのカードが一押しですね。

原因 その3契約後の定期の「途上与信」に引っ掛かってしまった為

途上与信

実は、カードローンの審査は新規申込時のみに行っているのでは無いのですね!

カード発行後(契約後)も、定期的に(1ヵ月に一度、もしくは3ヶ月に一度)、信用情報機関から信用情報を取り寄せ、他社(クレジットカードの含む)の利用状況や他社との新規契約の有無などをチェックしているのです。

これを専門用語で「途上与信」(モニタリング)と呼ぶのですが、その途上与信の結果、リスクがあると認められた場合には、限度額を下げられたり、出金を止められたりするのですね。

気になるのは、途上与信では具体的にどういった点を見ているのか?というところですが、これはズバリ、以下の4点だと言われています。

  • 他社の利用履歴(他社での延滞の有無)
  • 他社の借入残高や限度額
  • 他社での増額申請の有無
  • 他社との新規契約の有無

他社の利用履歴(他社での延滞の有無)

他社での延滞が原因

要は、他社の入金状況を見て延滞をしていないか?をチェックしているのですね。

他社というのはカードローンだけじゃなく、クレジットカードやスマホ本体の分割払い、自動車ローンなども含まれています。

この利用履歴は、途上与信の中でも最も重要な項目なので、ここの評価が低いと(つまり延滞が多いと)、カードが止められる可能性が高くなります。

他社の借入残高や限度額

借入と収入のバランスが悪い

他社での借入額や限度額が多いほど、やはり貸す側としてはリスクが高いと考えますよね。

また、アイフルを含めた消費者金融系カードローンの場合には、国から要請で、利用者の借入残高を定期的にチェックし、総量規制に引っ掛かっていないか?(年収の3分の1以上を借りていないか?)を確認することを義務付けられているので、これも厳しく見られる項目の一つになります。

具体的には、自社と他社の限度額の合計が年収の3分の1を超えている場合(超えそうな場合)は、即刻でアウト。

アイフルがいくら貸したくても、その場合は問答無用で借入を停止させられてしまいます。

何故ならアイフルが法律違反を犯してしまうからですね。

他社での増額申請の有無

他社への増額申請

実は最近、重要視されているのがこちらの項目。

要は、増額申請する人はお金に困っている、ということを表してしまうため、そういった増額申請の履歴が残っているほど、カードが止められやすくなるのですね。

他社との新規契約の有無

他社への新規申し込み

「他社の借入残高や限度額」と似たようなチェック項目ですね。

というのも、新規契約をするということは新たな限度額を持つことになるので。

ただ、こちらの項目では単に限度額を見ているだけではなく、新規申込をした結果、契約に至っているかどうか?というのもチェックしています。

何故なら、新規申込をしたけれど契約に至ってない場合は、審査に落ちたということが予想できるからです。

当然、審査に落ちた回数が多いほど評価はマイナスになるので、利用停止につながる可能性も高くなります。

途上与信が原因で利用停止になってしまった場合の解除方法

途上与信が原因で出金停止となった場合の復活方法

途上与信の結果、これ以上、お金を貸すのはリスキーだと判断されてしまっているため、やはり信用を取り戻すことが必要になってきます。

他社での延滞があった人は、とにかく延滞せずに履歴を綺麗にすること。

他社の借入額や限度額が原因の人は他社との契約を解除する事、もしくは、年収を増やすことが求められます。

何故なら年収に対して借入枠が大きすぎると判断されているため、借入枠を下げるか、逆に年収を上げるしか方法がないからですね。

増額申請や新規申込の審査落ちが原因の人は、ちょっと対策が難しく、他社への増額申請や新規申込を控えると共に、今あるアイフルからの借入を真面目に返済し、信用に対する評価を上げるしか手がありません。
他社との新規契約により借入枠が増えたという人も同じで、その借入枠を縮小するか、解約、または、借入枠に耐えられる分だけ年収を増やす、といった対策が必要になってきます。

その他の対策

他社への新規契約を既に行っており、落ちまくっているという場合には、どうしようもありませんが、それ以外の場合には、他社の新規申込で借りれる可能性はあると言えます。

他社での延滞についても、色々な業者で延滞をしている場合にはさすがに難しいですが、一度や二度であればスルーされることの方が多いです。

つまり、カードローンは「新規の間口」は広く、どこも新規の顧客を求めている事情もあるので、少額の申込みであれば通ることが多いということです。

ただ、どこを選んでもOKという訳ではないので、出来ればお勧めのコチラの中から(←タップ)から選んでもらうのが最善だと言えます。

原因 その4カードの破損、磁気不良

アイフルカードの磁気不良

こちらは単にカードが破損していたり、カードの磁気が不良になっている為、借入できないというパターンです。

ひとまず、会員ページにログインし、融資余裕額が0円になっていなかったら大丈夫。

すぐにお金が必要な場合は、振込融資を利用し、同時にアイフルに対し、カードを郵送で送ってもらうよう要請しておけばOKです。

もしくは電話後に、アイフルの自動契約機に出向いて再発行してもらうことも可能です。

原因 その5ATMがメンテナンスで使えない為

アイフルのATMがメンテナンスの為

実は、ATMが定期のメンテナンスで使えず出金できないということも多いのですね。

こちらの場合も、まずは会員ページにログインし、融資余裕額を確認してみてください。

0円ではなく、きちんと限度額が残ってれば大丈夫です。

再度、下記のメンテナンス時間以外にATMに出向き、追加借り入れをすればOKですね。

休止時間
アイフルの正規ATM23時~7時
コンビニATM(セブン銀行)平日・祝日 2時~3時
土曜 2時~3時、23時~24時
日曜 24時~6時

原因 その6電話番号・住所・勤務先、年収の変更届を出していない為

電話番号・住所・勤務先、年収の変更届を出していない為

これも立派な利用停止の理由です。

特に多いのが電話番号と住所ですね。

何かしらの理由でアイフルが本人に電話した際に、携帯が解約済みだったり、自宅にかけても電話に出なかったり、自宅へ送付した郵送物が宛先人不明で戻って来たり、というような場合には、それを理由に利用を停止させられます。

ただし、この場合の利用停止は一時的なものですから、きちんと届け出をし直せば、すぐに融資枠は復活します。

勤務先の変更については、再度在籍確認を求められることもありますが、どちらにしても手続きさえ踏めば、復活はすぐに行われます。

それに対し、ちょっと厄介なのが年収です。

特に、収入証明書を既に一度出している人

実は収入証明書の有効期限は3年とアイフルが決めているので、契約から3年たったときには再度アイフルに提出しないといけないのですね。

提出要請に応えなかった場合には、収入証明書が未提出の状態なので、当然融資も停止させられます。

また提出した際も、今の年収が当時の年収に比べて下がっている場合には、それが原因で利用が出来なくなることもあります。

要は、年収の額をベースに限度額を設定するのが通常なので、年収が下がれば限度額も下がり、限度額が下がることにより、融資余裕額 が0円になってしまうことがあるからですね。

解除方法

電話番号・住所・勤務先などの登録情報については再度きちんとしたものを届け出ること。

収入証明書の未提出については、再度、収入証明書を取り寄せ提出することが必要ですね。

ただし残念ながら、収入証明書を提出することで年収が落ちていることが判明し、それが原因で利用停止となるパターンについては、対策がありません。

その場合は、やはり打てる手としてあるのは他社への新規申込ですね。

信用情報も全く汚れていない状況ですし、通る可能性は非常に高いと言えます。

アイフルの復活が難しい人へ
新規申込にオススメなのは、この2社

復活が難しい場合に、お勧めできるカードローン

ブラックになった訳じゃないのに借入を止められた!

でも、お金を用意する必要がある。

ここではそんな方にオススメのカードローンを紹介していきます。

ズバリ、選ぶポイントは以下の3つ!

  1. 多くの人が利用している大手のカードを選ぶこと
  2. 申込みが手軽でカード発行までの時間が早いカードを選ぶこと
  3. 信用情報に不安がある人は、審査に柔軟なカードローンを選ぶこと
特に信用情報に不安がある人は、審査を最優先に考える必要がありますね!

審査落ちを避けたいなら!

プロミス(まずは3秒診断がお勧め)

プロミス

審査の通過を最優先で考える場合、選ぶべきは消費者金融系のカードローン。その中でも、一番のお勧めがプロミス!

即日融資にも強く、さらに30日間無利息なのもお勧めポイント!

消費者金融のカードローンはプロミス以外にも、アコムやSMBCモビットなどもありますが、実は、審査通過のデータを公表している中で常に上位に居続けるのがプロミスなのですね。

即日融資にも強く、土日・祝日でも当日中に借りることが可能。

さらに振込みでの即日融資もOKで、はじめての方に限っては平日の15時以降も振込対応してくれますよ。

なお、審査が不安な方は、借りれるかその場で分かる「簡単3秒お借入診断」(←コチラ)をやってみてください。

名前などの個人情報を入れる必要もなく、借入可能かが3秒で分かります。

審査通過率★★★★★データを公表しているカードローンにて常に高い審査通過率。
総量規制対象外×消費者金融の為、借入は年収の3分の1まで。
融資スピード★★★★★審査最短30分。融資最短60分。
金利★★★☆☆4.5%~17.8%。大手カードローンでは平均的な数値。
無利息サービス★★★★★初めての人ならEメール登録とWEB明細を選択するだけで30日間無利息。
無人契約機の営業時間★★★★★朝9時~夜22時(一部21時)まで。時間内にカードを受け取れば、土日でも祝日でも、その場で借入OK。

※女性の方にはレディースプロミスがお勧め♪

主婦や学生の方でも一定の収入あれば申込みOK。

収入証明書も借入希望50万円までは提出不要です。

プロミスの次にお勧め

アコム(こちらも3秒診断あり)

プロミスに次いでお勧めなのがアコム!

プロミスと同じく即日融資に強く、審査最短30分、融資最短60分で借入OK。

もちろん、振込融資にも対応♪

ハッキリ言って、プロミスとアコムにはほとんど差がないので、個人的な印象で選んでもらっても良いぐらいです。

CMの印象でも良いですし、普段使っている銀行が三菱なら三菱東京UFJフィナンシャルグループのアコム。三井住友ならSMBCグループのプロミス、というのでもOKです。

審査通過率★★★★★業界でもトップレベルの審査の通過率。
総量規制対象外×消費者金融の為、借入は年収の3分の1まで。
融資スピード★★★★★審査最短30分。融資最短60分。下記の無人契約機の営業時間迄にカードを受取れば併設のATMやコンビニATMですぐにお金を引き出すことが可能。
金利★★★☆☆3%~18%。大手カードローンでは平均的な数値。
無利息サービス★★★★★アコムを代表するサービス。30日間無利息。
無人契約機の営業時間★★★★★朝の8時~夜22時。夕方以降の申込みでも22時までにカードを受け取ればその場で借入OKです!
実はアコムにも3秒診断があるので、審査が不安な方は3秒診断を試してみてください。

もちろん、個人情報の入力も不要です♪

3秒診断はコチラより

FP監修者からのアドバイスコメント

恩田雅之
カードローンが利用停止になる原因の中でカード破損や磁気不良など突発的な要因もありますが、その他の原因はご自身で防ぐことが可能なものがほとんどです。
住所や電話番号の変更、転職の連絡はカード会社に確実に行いましょう。
返せる分だけ借りて延滞など起こさない、返済が苦しい時は即カード会社に相談する。
以上の事を心がけて上手にカードローンを利用しましょう。
>>FP恩田雅之氏の詳細
NPO法人北海道未来ネット専務理事 有田宏
カードローンは、一度契約した限度額は未来永劫保証される訳では有りません。「途上与信」と言い、定期的に借入人の信用状況をチェックする制度が有ります。

途上与信では個人信用情報も見るので、他社の借り入れ状況も解ります。

アイフルの返済をきちんと行うのはもちろんですが、むやみに他社に口座を開設するのも考え物です。

要求された収入証明を提出しなかった。これだけで「ルーズな人?」とみられる恐れも有ります。必要な手続きは速やかに行いましょう。
>>FP有田宏氏の詳細

サブコンテンツ

このページの先頭へ