独自調査で判明!アコムの審査時間を短くする9つのコツ!

アコム 審査時間
ミカサ

ミカサ

アコムの審査時間を短くする9つのコツ

mikasa_ico

アコムで即日融資を受ける場合、気になるのが審査時間!

出来るだけ早く借りたいという方の為に、今回は独自調査で明らかになったアコムの審査時間を短くするコツをお届けしたいと思います。

当サイトではアコムを利用した人に聞き取り調査を実施していますが、今回はそのデータや回答を元に導き出したコツになります

コツを抑えてもらえれば、実質的な最短時間である60分~90分での融資も可能だと言えるので、急いでいる方はぜひチェックして下さい。

まずは、60分~90分で即日融資に成功した人のモデルケースを確認しておきましょう!

まずは、60分~90分で即日融資に成功した人のモデルケースを確認しておきましょう!

以下は、60分~90分ほどで即日融資に成功した方のデータを元に作成したモデルケースになります。

モデルケースを見て頂ければ、短時間での借入に成功した人が「どのようなステップ」を踏んで借入に至っているのか? 「各ステップにどれくらい時間を要しているのか?」 が簡単に分かるようになっています。

後ほど説明する9つのコツも、このモデルケースを元に解説していきますので、ぜひ参考にして下さい。

コツその1.出来る限り混雑していない時間帯に申込むようにしましょう!

重要度:★★★☆☆

出来る限り混雑していない時間帯に申込むようにしましょう!

該当してくるのは、モデルケースの「ステップ2.」の部分ですね。さて、何故できる限り混雑していない時間帯に申込んだ方が良いのでしょうか?

理由は単純で・・・

ステップ2の「アコムからの連絡待ち」の時間を短縮することが出来るからです。

詳しく説明しましょう。

まず、アコムとの契約を進めていくには、一番最初に「電話での申込内容の確認」というものを経る必要があります。

要はWEBなどからの申込みに対し、この申込内容で本当に間違いないですか? というのを確認する作業なのですが、この確認作業が少し厄介。

何故なら、手続きの性質上、アコム側からのアクションを受けて初めて手続きが開始されるものだからです。

具体的には、確認作業は「アコムが直接本人に電話をかけて行うか」、もしくは、「この番号に電話をかけて下さいというアコムからのメールの指示を受けて本人が電話をする」のですが、どちらにしても必須となるのがアコム側からのアクション。

つまり、こちらがいくら急いでいたとしても、アコム側からアクションがない限りは話を前に進めることが出来ないのですね。

その為、どうしても混雑している曜日や時間帯に申込んでしまった場合には、このアコムからの連絡が入るまでに時間を要してしまいます。

確認作業はコンピューターが対応するのではなく「人」がするものなので、申込みが混雑しているとそれだけ時間がかかってしまうのですね。

そこで有効となってくるのが「出来る限り混雑していない時間帯に申込む」というもの。

モデルケースを見て貰えれば分かる通り、空いている時間帯であれば、ものの10分程度でアコムから連絡が入ることになります。

ちなみに、下記は当サイトでアコムの即日融資にチャレンジした際のデータですが、この時もわずか8分ほどでアコムから連絡が入っています。

午前10時8分にWEBからの申込が完了し、10時20分にアコムからメールが入っているのが確認できると思います。

※午前10時8分にWEBからの申込が完了。

アコムからのメール

その12分後の午前10時20分にアコムからメール。

アコムからのメール

混雑しにくい時間帯っていつ?

アコムの時間別申込み数グラフ

午前中がベストですね。

上記のグラフは、過去半年分のアコムの申込データをグラフ化したもの(当サイトおよびグループサイト経由の申込データ。2017年12月~2018年5月までの合計1381件)ですが、

これを見ても分かる通り、午後12時~16時の時間帯はどうしても混みあうことが多いのですね。

なので混雑を避けて、なるべく審査をスムーズに進めるには午前中の申込みが良いということが分かります。

ただ、午後12時を回ってしまっても「即日融資を受けること自体は可能」なので、相当急いでいるという場合を除いて位は、そこまで神経質になる必要も無いと言えます。

ただし、1点だけ注意してもらいたいのは、午後20時以降の申込み。

何故、注意が必要かというと・・・ズバリ、そもそも即日融資に間に合わない可能性があるからです。

というのも、アコムの審査対応時間(審査回答時間)が午後21時までと決まっているので、20時以降の申込みとなると、21時のリミットに間に合わなくなる可能性があるのですね

モデルケースを見てもらっても分かる通り、即日融資を受けるには最速でも60分程度はかかるので、本日中に間に合わせたいという場合には、19時までに申込むことをお勧めしたいと思います。

コツその2.出来れば在籍確認が行える時間帯に申込むこと!

重要度:★★★☆☆

コツその2.出来れば在籍確認が行える時間帯に申込むこと!

籍確認とは、申込者が本当にその会社で働いてるか? を「原則、会社に電話をかけることで確認する」、審査項目の1つになります

では何故、この在籍確認が行える時間帯に申込んだ方が良いのでしょう?

ズバリ答えはシンプルで、在籍確認は重要な審査項目の一つであるため、在籍確認が取れないと本審査を完了させることが出来ないからです。

本審査が完了しないということは、当然、融資も行われません。

だから、在籍確認が行える時間帯に申込むことが重要になってくる訳です。

ただし、アコムの場合には1つだけ抜け道あって、その抜け道を使うことが出来る場合には、そこまでナイーブに考える必要もないのですね。

気になるのは、その抜け道とは何か?ですが・・・

これは、一定の書類を提出することを条件に、在籍確認を仮の形で通過させてもらえる可能性がある、というものになります。

仮通過の場合は、利用限度額が10万円ほどに限定されてしまうのですが、それでも本来は即日融資がNGなものをOKにしてもらえる訳ですから、急いでいる人によっては有難い話だと言えます。

具体的な条件(必要書類や手続き)については下記の記事で詳しく説明しているのですが、一応ここでも触れておきたいと思います。

ズバリ、条件としては以下の通り。

「健康保険証」と「運転免許証、もしくは、直近の給料明細1ヵ月分」を用意すること。

それらの書類を「自動契約機(むじんくん)」にて提出すること。

こうすることで、仮の形ではありますが、在籍確認をパスできる可能性がありますので、その他の審査項目に問題がなければその日のうちに融資を受けることが出来るようになります。

さらに詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックして下さい。

アコムの在籍確認の電話をなしする裏技を解説

コツその3.申込時に入力するメールアドレス、電話番号は正確に!

重要度:★★★★☆

申込時に入力するメールアドレス、電話番号は正確に!

単純な話ではあるのですが、重要度としては高くなります。

何故、申込時に入力するメールアドレス、電話番号は正確に入力する必要があるのでしょう?

ズバリ、アコムからの連絡が不達になってしまうからですね。

「コツその1.」でも触れた通り、審査を進めるには必ず一番最初に「アコムからの申込内容の確認」を受ける必要があります。

そしてこの確認作業は、「アコムから直接電話がかかってくる」か、「メールにて指定された電話番号にこちらが電話をかける」かによって手続きが開始されるのですが、どちらの場合にも共通しているのが、お客が申告した電話番号やメールアドレスにアコム側からの連絡が入るという点です。

なのでメールアドレスや電話番号が間違っていると、当然、アコムからの連絡が入らないことになります。

連絡が取れないということは確認作業も進められないので、単純ではありますが申込時に入力するメールアドレス・電話番号は正確に入力する必要があるのですね。

もちろん、両方とも(電話・メール)間違えるということは少ないとは思いますが、起こり得る話ではあるので、注意しておいてもらいたいと思います。

コツその4.申込内容の確認電話にはすぐに出る!または、かけ直すこと!

重要度:★★★★★

申込内容の確認電話にはすぐに出る!または、かけ直すこと!

こちらも単純ではありますが重要度は高くなります。

先ほどから何度も触れている通り、審査をスタートさせるためには一番最初に「アコムからの申込内容の確認」に応じる必要があります。

これに応じない限りは審査は進まないのですから、いち早く対応することが審査時間を早めるためには重要になってくるのですね

いくら午前中の早い時間帯に申込みを行っても、確認電話への対応が遅れてしまったら、その分だけ審査完了の時間もずれ込んでしまいます。

それを避けるためにも、アコムと思われるところから電話がかかってきたらすぐに出る。

不在着信が残っている場合にはすぐにかけ直す。

アコムからメールが届いている場合にはすぐに開封して内容を確認する、ということが求められてきます。

会社の昼休憩にWEBから申込を行う人も多いと思いますが、そういった場合も休憩時間の終了間際ではなく、前半に申込みを行い、休憩時間中に確認電話を受けられるようにしておくのがお勧めです

会社の終業時間後に確認電話に対応・・・というような流れになると、それだけ審査時間もずれ込んでしまうことになります。

コツその5.申込内容について虚偽や誤った情報を申告しないこと

重要度:★★★★★

申込内容について虚偽や誤った情報を申告しないこと

何故、申込内容について虚偽や誤った情報を申告してはいけないのか? というと、

ズバリ、訂正や再確認、追加の資料の提出を求められる可能性があるため、その分だけ審査が長引いてしまう恐れがあるからです。

実際にアコムに申込んでみると分かるのですが、ステップ2.の確認電話やステップ6.の自動契約での手続きの際に、アコムのスタッフから色々な質問を投げかけられることになります

要は、申込内容に誤りは無いか? 申込者に不審な点は無いか? を複数の質問によって調べられているのですが、そこでつじつまが合わないところや怪しい点が出てくると、アコムも審査を慎重に行わざるを得ない為、その分だけ審査が長引いてしまう可能性があるのですね。

アコムが一番恐れるのは、審査基準を満たさない人にお金を融資してしまうことです。

何故なら基準を満たさない人にお金を融資すると、返済が焦げ付いてしまう可能性が高いからです。

そうなると最終的に損出を受けるのはアコム側ですから、そういった事態を避ける為にも申込内容や申告内容に疑問点が出てきた場合には、審査を慎重に行わざるを得ないのですね。

さらに言うと、審査が長引くだけで済めば良いですが場合によっては審査自体に通らなくなってしまう可能性もあるので、虚偽や誤った情報を伝えるのは避けなければなりません

カードローンをはじめとした「無担保融資」というのは、本人の信用を元にしてお金を貸し出す制度である為、ちょっとした誤りのつもりであっても、相手側の信用を損ねてしまう可能性があるのですね。

特にこれらの項目には気を付けましょう!

・収入

原則50万円以下の借入を希望している場合には不要となっていますが、求められることも意外と多くあります。

特に自営やフリーランスの場合は年収証明書や納税証明書の提出がほぼ必須と言えるので、誤った額や嘘を申告しているとすぐに判明していまいます。

・勤務先情報

こちらは誤りというよりも虚偽の申告をする人が多い項目になります。特に退職してすぐの方というのは、直前に働いていた会社を申告してしまうことが多いのですが、在籍確認によって嘘が簡単に判明してしまいます。

・他社からの借入額

要は、他の「カードローン」や「消費者金融」などからの借入額、クレジットカードの「キャッシング枠」での借入額をここで申告するのですが、他社からの借入については信用情報をチェックすれば簡単に分かるので、嘘はもちろんのこと誤った額を申告すると、信用を疑問視されてしまいます。

なお、申込の際に信用情報は必ずチェックされるので、他社からの借入額を把握していない人は、事前に調べておくことをお勧めします。

コツその6.仮審査通過後の手続きは、出来れば自動契約機にて行いましょう

重要度:★★★★☆

仮審査通過後の手続きは、出来れば自動契約機にて行いましょう

近辺に自動契約機(むじんくん)が無い場合は仕方がありませんが、そうでなければ自動契約機で手続きを進めた方が審査時間が短くなる可能性が高いです。

理由はズバリ、待ち時間無く審査の各種手続きがリアルタイムにて処理されていくからです。

アコムの場合、外出せずで全ての手続きをWEBのみで完結させることも出来ますが、こちらの場合は、単純に申込み順に手続きが処理されていくことになります

混雑している役所を想像してもらうと分かりやすいのですが、手続きを進めるにも、イチイチ待ち時間というの発生してきますよね?

あっちで受付して、こっちで書類を出して、しばらく待機して・・・・というように。

ところが自動契約機を使って手続きをする場合には、この待ち時間というのが発生しないのです。

もちろん、自動契約機に先客がいない(ブースに誰も入っていない)という条件が付きますが、それさえ満たしていれば、後は待ち時間なく手続きをサクサクと進めることが出来るのですね。

何故、待ち時間なく手続きをサクサクと進められるのかというと?

ズバリ、自分だけの「専任担当者」が付き、各種手続きを優先して進めてくれるからです。

先ほどの役所の例でいうと、「VIP専用レーン」のようなものが用意されていて、並んでいる人達を横からスーッと抜いていけるようなイメージです。

専任担当者が同伴でナビゲートする形で、各種手続きを順番待ちすることなく進めることが出来るのですね。

ここで疑問に思うのは、何故、自動契約機の場合は、手続きが優先されるのか?という点ですが、これはよくよく考えたら当然だと言えます。

というのも、もしもWEBでの手続きの人達と自動契約機の人を分け隔てなく同列に扱ってしまったら、自動契約機で手続きを行う人の待ち時間が異常に長くなってしまうからです。

WEBで手続きをする人は待ち時間が発生したとしても、自宅でゆっくりしたり、仕事をしたりすることが出来ますが、自動契約機の人はあの狭い空間でひたすら待ち続けることしか出来ないのですね。

こんなの苦痛以外のなにものでもないですし、苦情が殺到するのは誰の目にもはっきりしています。

わざわざ自動契約機に出向いたのに、これじゃ全く意味がありませんよね?

だから、自動契約機に出向いてくれた人については、待ち時間を作ることなく、優先的に手続きを進めるようにしているのです。

だから、WEBのみで手続きするよりも自動契約機に出向いた方が、審査を早く済ませることが出来るのですね。

それから実は他にも、自動契約機の方が有利な点があって、それは審査完了後にすぐにその場でカードを受け取ることが出来るところです。

カードをその場で受け取ることが出来るということは?

そうです。自動契約機に併設されているアコム専用ATMにて、即効でお金を引き出すことが出来てしまうのですね。

仮に、カードを受け取ったのが夕方や夜でも問題ありません。

銀行と違い、アコムの専用ATMは原則24時間営業なので、夕方でも夜でもすぐにその場で引き出すことが出来ます。(コンビニのATMでもOK。)

こういった面から考えても、やはり審査を急いでいる人の場合には、自動契約機を使うのがお勧めですね。

具体的には、仮審査通過後の手続きは、自動契約機で行うのが良いでしょう。

コツその7.自動契約機への移動時間を短くすること

重要度:★★★☆☆

自動契約機への移動時間を短くすること

これはそのままですね。

自動契約機で手続きを行う場合は、自動契約機の設置場所までの移動時間を短くすることで審査にかかる時間も短縮することが出来ます。

事前にどこに契約機が設置してあるか?をアコムの公式HPで調べておき、一番早く到着できるところを把握しておきましょう。

ご自身の移動手段も考慮して、出向きやすい場所を選定しておくのが良いですね。

あと、この自動契約機の移動に関して、もう1つだけ審査時間を短くするコツがあるので、そちらも紹介しておきますね。

ただ、こちらについては、1分1秒を争うほど相当急いでいるという人以外にはあまり現実的ではない手法なので、参考程度に聞いてもらいたいと思います。

ズバリ、その内容としては・・・

「WEBからの申込みが完了したら、アコムからの確認電話を待たずして、直ぐに自動契約機に向かう」というものになります。

通常は、申込内容の確認電話の後に伝えられる「仮審査の結果」を聞いてから自動契約機に向かう人がほとんどだと言えます。

というのも、合格するか分からないのに出向いてても、無駄足に終わってしまう可能性があるからですね。

だから、合格というのを聞いてから、多くの人は出向くのですが・・・このノウハウは違います。

ズバリ、「仮審査は合格する」ということを前提に先取りで動いてしまうのです。

モデルケースを見ても分かるう通り、「WEBからの申込完了後、アコムからの確認電話」が入るまでの間には、一定の待ち時間が発生してきます。

早ければ10分程度、遅ければ30分~60分ほどの時間ですが、この待ち時間を利用して自動契約機に向かってしまうのですね。

理想的な流れとしては、自動契約機が設置してある場所に到着する前後に、アコムから内容確認の電話が入り⇒仮審査合格⇒そのまま直ぐに自動契約機のブースへ、というものになります。

上手く行けば10分~30分程度、審査時間を短縮することができるので、一刻一秒を争うような人は参考にしてもらいたいと思います。

実際、当サイトでアコムの即日融資をガチ調査した際にも使用した方法になります。

【アコム即日融資ガチ調査!】借入までの1時間16分を写真42枚で実況!

コツその8.出来れば収入証明書を用意しておきましょう

重要度:★★★★☆

出来れば収入証明書を用意しておきましょう

原則、アコムの場合は希望借入限度額が50万円を超えない限りは収入証明書の提出は不要となっています。(※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要)

ですが、このノウハウでは、「あえて不要であってても収入証明書を用意しておきましょう」、というものになります。

何故、あえて収入証明書を用意した方が良いのかというと?

ズバリ、その方がアコムも安心して審査を行うことができ、スムーズに審査を進めることが出来るからです。

気になるのは、どうして収入証明書を用意しておいた方が審査がスムーズに進むのか?という点ですが、これはアコムの立場になって考えると分かりやすいです。

アコムとしても、出来る限り審査を短縮して、すぐにでもお金を渡してあげたいというのが本音として存在しています。

というのも、アコム自身がスピード審査・スピード融資を「ウリ」にしており、これを高めることがアコムの評価につながることが分かっているからです。

ですが反面、それにこだわり過ぎると、「本来は審査に通してはいけない人を審査に通してしまう」というリスクも発生してきます。

要は、スピードとリスクの間で、アコム自身も葛藤をしている訳です。

そんな中で、収入証明書を用意している人と、用意していない人の2人から申し込みがあったらどうでしょう?

どちらの方が安心して「融資OK」の判断を出しやすいでしょうか?

当然、用意している人の方ですよね。

やはり、審査を行う上で「収入」というのは重要な項目の1つですから、そこがハッキリいている人の方が判断が行いやすいのです。

だから収入証明書を用意した方が審査を早く済ませることが出来るのですね。

具体的に収入証明書としては何を用意すれば良いでしょう?

会社が発行する「給料明細」か役所で取得できる「収入証明書」ですね。

給料明細の場合は直近3ヶ月分。ボーナスがある人はそちらの分も用意しておくのがベストですね。

もちろん、会社名が明記されていて、ハンコが押してあるものが必要になります。

収入証明書はこういう書類ですね。

役所に行けば取得可能で、取得の際に100円程度の手数料が必要になりますが、公的な文書の為、説得力は間違いありません。

コツその9.希望限度額は控えめに申請しよう

重要度:★★★☆☆

希望限度額は控えめに申請しよう

申込者の心理としてあるのが・・・「今後も利用する可能性があるから出来る限り限度額は高めにしておきたい」というもの。

確かにその気持ち、分かります。

ですが、審査を早く済ませるということを第一に考えた場合は、限度額は控えめにしておくのがお勧めです。

ズバリ理由としては、希望限度額が高ければ高いほど、アコム側も慎重な審査が必要となってくるからです。

仮に高額な限度額を付与し、ユーザーが返済不能に陥ったり、逃げられたりしたら、最終的に損失を受けるのはアコムになります。

その為、高額な限度額を希望する人については審査を慎重に行わざるを得ないのですね。

ですので、今すぐ必要でない限りは申込時に申請する希望限度額は控えめにしておくことをお勧めします。

具体的には10万円程度に収めておくのが無難ですね。

まとめ

いかがでしたか?

アコムの審査時間を早めようと考えた場合、特に重要になってくるのが、アコムからの申込内容の確認電話のステップをいかに素早くクリアするか?という点になってきます。

というのも、申込内容の確認電話をクリアしないことには審査の手続きが一向に進まない訳ですから、ここでの待ち時間を少なくすることが審査を早めるためのポイントになってくるのです。

その為には、コツ1の混雑していない時間帯に申込むコツ3の電話・メアドの入力は正確にコツ4の申込内容の確認電話はすぐに出る!かけ直す!コツ5の申込内容について虚偽や誤った情報を申告しないこと、辺りが重要になってくるので、心配な方は重点的に読んでもらいたいと思います。

本日は、以上になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ