ACマスターカードにETCカードが無く困っている人へ!代替策を2つ紹介

ACマスターカード ETC
ミカサ

ミカサ

ETCカードをゲットする方法を2つ紹介

mikasa_ico

ACマスターカードにはETCカードの発行が無く、困っているという方へ。

今回はそんな人に向けて、ETCカードを手に入れる方法を紹介したいと思います。

ズバリ、方法は2つあります。

ACマスターカードの申込みを検討している人も、既に持っている人も参考にしてください。

方法その1.ETCカードの発行がある他社のクレジットカードに申込む!

ETCカードの発行がある他社のクレジットカードに申込む!

1つ目の方法は誰しも思いつく方法ですね。

ただ、問題となるのがどのクレジットカードに申込めば良いのか? という点。

ズバリ、比較ポイントは、「審査の通りやすさ」「ETCカードの受取りまでの日数」、それから「入会金・年会費の有無」だと言えます。

それぞれ詳しく見て行きましょう。

なるべく審査の難易度が低いカードを選ぶこと!

なるべく審査の難易度が低いカードを選ぶこと!

そもそもクレジットカードの審査に通らなければETCカードも発行されない訳ですから、審査面は非常に重要。

審査に自信がある人であれば好きなカードを選んでもらえればOKですが、そうでない方は慎重に選ぶ必要があります。

というのも、審査に落ちるとその履歴が信用情報にも載るので、次に申込むカードの審査難易度が必然的に上がってしまうからです。

つまり、基本的には一発目の申込みで審査に通す必要があるのですね。

なので、なるべく審査の難易度が低いカードをチョイスしましょう。

急ぎの人はETCカードの発行が早いカードを選ぶように

急ぎの人はETCカードの発行が早いカードを選ぶように

急いでいない方は問題ないのですが、1週間後あたりまでには手に入れおきたいという方については、ETCカードの発行が早いクレジットカードに申込む必要があります。

通常、2~3週間ほどかかるETCカードの発行ですが、中には、最短即日~3日程度で発行してくれるところもあるのですね。

できれば、入会金・年会費は無い方がイイ

できれば、入会金・年会費は無い方がイイ

まぁ年間500円程度なのですが、出来れば入会金や年会費は無い方が良いですよね。

ただ、ここにこだわり過ぎるのはNG。

というのも、これにこだることによって審査の難易度が高いカードに申込み、審査に落ちてしまっては元も子もないからです。

カードを選ぶ際のポイントは3つありましたが、(「審査の通りやすさ」、「カードの受取りまでの日数」、「入会金・年会費の有無」)、3つを比べた場合、最も重要視すべきは「審査面」です。

発行までの日数と会費については、比較する際のサブの要素として捉えるようにしましょう!

具体的なお勧めクレカはどれ?

その1.Tカード プラス(SMBCモビット next)

Tカード プラス(SMBCモビット next)

審査面を考えた場合、最もお勧めなのが「Tカード プラス」。

カードローン会社が発行しているだけあって、どこよりも入手しやすいカードとなっています。

しかも、Tポイントの機能付き!

ACマスターにはETCもTポイントありませんが、Tカードプラスには両方とも付いているのです。

年会費ポイント
初年度2年目以降付与還元率有効期限
無料無料200円=1ポイント(Tポイント)0.5%無期限
ETCカード会費電子マネー
無料id
アップルペイに対応しているのも嬉しいですよね。

こちらもACマスターには無い、Tカードプラスの良い点です!

その2.楽天カード

2番目にお勧めなのは、楽天市場でお馴染みに楽天カードですね。
年会費ポイント
初年度2年目以降付与還元率有効期限
無料無料100円=1ポイント1.0%~10.0%12か月
ETCカード会費電子マネー
無料※1・2rakuten_edy

※1

申込時の楽天市場の会員ランクがプラチナ・ダイヤモンドの場合は初年度無料。(通常:540円)

※2

ETCカードの年会費請求月に会員ランクがプラチナ・ダイヤモンドの場合は、翌年度も年会費無料。(通常:540円)

デメリットとしては、楽天市場の会員ランクがプラチナかダイヤモンドじゃないとETCカードの年会費として540円が取られてしまうところですが、審査のことを考えた場合、そこは譲歩しても良いポイントだと言えます。

発行までの日数は、2週間程度なので一般的なカードと遜色ないところです。

その3.エポスカード

エポスカード

3番目にお勧めなのがエポスカード。

こちらは入会金・年会費ともに無料となっています。

年会費ポイント
初年度2年目以降付与還元率有効期限
無料無料200円=1ポイント0.5%~5%24か月
ETCカード会費電子マネー
無料rakuten_edymobilesuica
エポスカードって何? と初耳の方もおられるかもしれませんが、大手の百貨店であるマルイが発行しているクレジットカードなのですね。

審査面が柔軟なのもあって、実は人気のカードとなっています。

方法その2.カード審査不要のETCパーソナルカードに申込む

カード審査不要のETCパーソナルカードに申込む

一般的にETCカードを手に入れるには、クレジットカードの申込が必要と認識されていますが、実は、不要なものもあるのですね。

ズバリ、それが「ETCパーソナルカード」。

ETC事業の元締め企業である「一般財団法人 ITSサービス高度化機構」(高速道路6会社が共同で設立)というところが発行しているものですが、ETCパーソナルカードの良い点は、審査を受ける必要なく、申込めば必ず手に入れられるのところ

つまり、クレカの審査に不安な方でも、その心配なしに、必ずETCカードを手に入れることが出来るのが良い点なのですね。

ただし、クレカとは違うデメリット面もあるので、申込の際には、そこをしっかり検討した上で申込してみてください。

個人的には、どうしてもクレカの審査に通らない方に限ってはお勧めしますが、そうでない方についてはお勧めしていません。

ETCパーソナルカードの良い点

繰り返しになりますが、クレカの申込みが不要。

つまり、クレカの審査落ちを心配することなく、必ず手に入れられるのが良い点ですね。

ETCパーソナルカードの悪い点

デポジット(保証金)を事前に支払っておく必要がある

デポジット(保証金)を事前に支払っておく必要がある

要は、通行料金が未納となる事態に備えて、担保金を事前に振込みしておく必要があるのですね。

クレジットカードの場合は、クレジットカード会社が利用者に変わって保証(立替え払い)を行ってくれるのですが、ETCパーソナルはクレカ会社の保証がないため、事前にデポジット(保証金)を入金しておく必要があるのです。

しかも、このデポジットは、あくまでも保証金なので、そこから通行料金に充ててもらうことが出来ません。

通行料は通行料として別途、支払う必要があるのですね。

この辺りは賃貸マンションやアパートの保証金と家賃が別になっているのと同じ考え方になります。

デポジット(保証金)の料金が高い

デポジット(保証金)の料金が高い

しかもこのデポジットの料金が意外と高いのです。

具体的には、デポジットの額は、自分の平均利用月額を予想して、その予想した額を「4倍した金額」がデポジットの額になるのですが、どんなに利用が少ない人でも最低2万円は納める必要があるのです。

仮に、月に2千円ぐらいしか使わないとしても、デポジットの額としては2万円になってしまうのですね。

ETCパーソナルのデボジット金額一覧表

ETCパーソナルのデボジット金額一覧表

もちろん、ETCパーソナルカードを解約すれば、デポジットは返ってきますが、通行料とは別に、事前に2万円を納めておくのは、なかなかの負担になります。

この点がETCパーソナルカードをお勧めできない、最も大きな理由になります。

申込みも面倒で発行まで時間がかかる

申込みも面倒で発行まで時間がかかる

クレカの場合は、スマホやPCから簡単に申込みをすることが出来ますが、ETCパーソナルカードの場合は、高速道路のサービスエリアに置いてある申込用紙を取りに行くか、電話で申込用紙を取り寄せる必要があるのですね。

どちらにしても、郵送の手続きが必須となってくるので、カード発行までには日数がかかってしまいます。

ETCパーソナルカードを受取るまでの流れ

①申込書を手に入れる
②記入し、切手を貼り郵送する
③事務局からデポジットの納入の依頼が来る
④デポジットの入金が取れ次第、カードが発送される
⑤カードが届く
(デポジット納入から約2週間後)

まとめ

いかがでしたか?

やはり、クレジットカードの方が何かと利便性が良いですよね。

ACマスターカードを既に持っている人は、今回の記事で紹介したTカード プラス楽天エポスのいずれかのカードに追加で申込むことを検討してみて下さい。

ACマスターカードを検討していた人は、一旦、白紙に戻し、Tカードプラス、楽天、エポスで再検討してみることをお勧めします

審査が不安な方は、Tカードプラス一択で良いと言えます。

以上、ミカサがお伝えしました。

追伸

ACマスターカードを検討している人は、まずは3秒診断からやってみて下さい。

文字通り3秒で審査の概ねの判断を見ることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ