【セルフレーム限定】極上メガネ男子キャラ!ほぼ少女漫画系4選

【セルフレーム限定】極上メガネ男子キャラ!ほぼ少女漫画系4選

出典:3月のライオン 1 羽海野チカ ジェッツコミックス

「メガネ男子」・・・うーむ、なんて良い響きなんでしょう!

はじめまして、わたくし“よつば”と申します。

あの有名な某漫画よ〇ばとの人じゃありません。
どっちかというと緑の植物、どうやら幸運を運んでくるらしい例のブツです。
でもアイコンは猫です。

普段twitterで若干塩気&辛味の多いつぶやきをしていますが、ほぼ甘党です。
以後お見知りおきを。

さてさて、

いくらメガネ男子がもてはやされてるって言ったって、何でもメガネかけていればいいってもんじゃない!

まあ、私が好きなのはどっちかというと男子って年齢よりはもう少し大人の方々なんですけどそれはさておき。

ホンモノのメガネ男子は「セルフレームのメガネ」が似合ってこそですよ。

コレ重要。

これでもかと主張するプラスチックのテカリ(黒縁万歳!)、鼻が高くないと滑り落ちる鼻当て・・・。
イケメン認定されてもほとんどの人が、「んー、特に悪くもないけど別段良くもない。」で終わってしまう、ごく平凡なあのぶっとい石油製品フレーム。

やはりセルフレームをクリアしてこそ真のメガネ男子だと私は思う!思うよ!!

ということで、今回は私よつばが読んだことのある漫画のキャラクターから完全独断で選んだ“セルフレーム限定極上メガネ男子キャラ”を第4位から発表しちゃいましょう♪

(ありきたりなネタですって?そう、みなさんメガネ男子には一家訓お持ちの方が多いようで。だからこそ、今言いたいんだ、よつば的ベスト4を、あえてね!)

第4位 重版出来! 五百籏頭 真(いおきべ まこと)

重版出来4
出典:重版出来!4 松田奈緒子 ビックコミックスピリッツ

なんでタイトルに“ほぼ少女漫画系”って入れたかっていうと、これ少女漫画じゃないかなって思って。
掲載誌もビックコミックスピリッツですしね。

この漫画は見た目が小熊っぽい柔道部出身の新卒の女の子が出版社に入社して、社会に揉まれて成長していく物語なんですけど、その勤務先の会社にいる先輩がこの方。

うん・・・いいですね、いい!!
これはよいセルフレームメガネ男子・・・年齢的にはもう男子ではないからセルフレームメガネ男か!

このちょっと不精な感じが、編集者っぽいし、全体的にイケメンな雰囲気大。
黒のセルフレームでもデザイン性の高いレンズの縦幅が細いタイプがお似合いなのもポイント高い!

それに加えて4文字苗字…例えば勅使河原さんとか、武者小路さんとか…何にせよ名前がとにかくインパクト大。

「ええと…何とお読みすれば良いですか?」って初対面の人に絶対言われちゃうであろうこの苗字“五百籏頭(いおきべ)”。

もうね、なんて素敵なんでしょう!!

名前の読みが難しいことをダシに、お話できるチャンスあり・・・。
・・・ふおおおおお!!

おっと失礼しました。

第3位 ハチミツとクローバー 真山 巧(まやま たくみ)

ハチクロ
出典:ハチミツとクローバー4 羽海野チカ クイーンズコミックス

フッ・・・来たよ、真山君。

もう全体的に見た目の好みが直球ストレートど真ん中。
しかもこの4巻の表紙は、トレンチコートまで着ていらっしゃる。

うむ完璧だ、完璧・・・これで黒髪設定ならなお完璧なビジュアルなんだけどねっ!

でも真山君てちょっと罪な役なんですよね・・・。

真山君に片思い中の山田が可哀想ったらもうね、でもそれも真山君の見た目でまあいっかって最終的におさまってしまう、セルフレームメガネ効果。

ちなみに真山君役はドラマ版は向井理さん、映画版は加瀬亮さんでしたね。

ドラマ版は放映当時リアルに視聴していたのですが、当時は向井理さんが大ブレイクちょっと前で「真山君役の向井くんが超いいんだよ!」って周りに触れ回っても、

「ふーん、よく知らないなあ。」

とか、あまり芳しくない反応しか返ってこなかったのも今は良い想い出。
いいんですよ、そもそも・・・

真山君は脇でひっそりダークホース的な存在がその良さを倍増させてる

んだからさ!

第2位 坂本ですが? 坂本(さかもと)

坂本ですが 1巻表紙
出典:坂本ですが? 1 佐野 菜見 ビームコミックス

なんていうか、この人はもう存在そのものが神々しい。
一応少女漫画なのか?いやこれ完全にギャク漫画なんですけどね。

成績優秀・容姿端麗・男女問わず生徒から教師までみな坂本ファン。
完全レディーファーストの紳士だし、なんだろこの人?レベル。

そして

黒縁のセルフレームも華麗に似合う!ついでに黒髪ストレート!!

もうたまんないですね!!

この漫画を一度読んだらおそらく、みなさんも坂本ファンになるだろうよ。

まあこの人欠点なんてないんじゃないの?的な完璧キャラなんですけど・・・それゆえにいろんな人から嫉妬されたり、女性徒の間で取り合いになったりするのですが、そのかわしかたがまたいちいちニクイ。

例えば教室にスズメバチが入ってきたときの、コンパスで撃退シーンがあるんですけどね、「秘技 マナー“ビー”ンズ(豆つかみ)」。

ウルトラZ級難度、あのハニューだったら5回転とかしちゃうレベル。

それにしても坂本君てば眼鏡を取っても超絶イケメン&左目の下のほくろがセクシー。

でも、現時点でも下の名前がなんだかわかんないというね・・・。
個人的には漢字一文字の名前がいいかなあ(妄想)

そんな、

下の名前マジなんていうの?的ミステリアスな点もあいまって2位

でした。

第1位 3月のライオン 桐山零(きりやまれい)

三月のライオン 1巻表紙

出典:3月のライオン 1 羽海野チカ ジェッツコミックス

現時点、私の中で断トツトップのセルフレームメガネ男子が、この桐山零君。

将棋のプロ歴5年で去年の年収は780万、マンションに一人暮らしと、高校生でありながらも自立しているある意味大人。
育った環境も複雑で、現在も難儀な問題抱えまくりな設定。

実はちょっと前まで、“ああ、いいねーこの桐山零ってキャラもね、可愛い可愛いアハハ”ぐらいだったのですが、11月28日発売の10巻を読んで、変わったよね、180度。
それまでは島田さんとか野口先輩とか好きだったのにね、女心と秋の空はなんちゃら。

もう桐山零以外に第1位は考えられない!!

ってね。

今回の10巻で桐山零、少年から完全に一人の男性(イイオトコ)に成長している!

最初はまだあどけなさとか不安定な感じが残った描写だけど、最新刊10巻は全然違う。

そんで基本ビジュアルもさらに進化!

横顔がとくにたまらんのですよ。

・・・ってことで、まだまだ発売直後だし、これから読む方のためにもネタバレになるから詳しくは話さないけど、みんなも早速読んでみよう!

ホントにオススメ桐山零。
ホンキでオススメ桐山零。

惚れるよ?割とマジで。

よつば的セルフレームメガネ男子まとめ

てな感じで唐突に始まった、このよつばブログ。

最初の記事は何のテーマで書こうかなとずっと試行錯誤するうちに、自分の好きなものを気ままにゆるーく紹介しよっかなってことになってたどり着いた今回の企画。

始めは5人選ぼうかなって思ってたんですが、パっと思いついたのがこの4人だったので4選、そのあたりは超テキトー。

「自分の心のおもむくままに行け。そうさ、好きなものを無理やり作るなんてナンセンス以外の何物でもないだろ?(引用元:よつば名言集)」

でもきっと私が全然知らない、もしくは見過ごしている素敵なセルフレームメガネ男子が漫画の世界にはたくさんいるだろうし、このキャラをなぜ入れないんだ!って方は是非お知らせいただくとうれしいな!

今回はほぼ少女漫画系ってくくりだったし、完全少年漫画だとまた違うセレクションになるだろうしね。
(教えていただく場合は、セルフレームメガネ男子限定でお願いします。)

それでも当分、

セルフレームメガネ男子第1位桐山零は崩せそうもない

と思うけど!

では、またなんとなくゆるりと次回まで~にゃるるる!

ライター紹介

肝油ドロップ愛好家

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ

ページトップアイコン  このページの先頭へ