【最終回はプチ波乱】フェリシモのミシン講座第6回目は「ファスナーを付ける」

フェリシモミシン講座6回目キャッチ

ここ数か月向き合ってきたフェリシモのミシン講座も、今回で最終回。

何でも熱しやすく冷めやすい私が、とうとうここまでやってきたのだ。

まだ終わってないけどすでに達成感そこそこだ。

さわやかな気持ちで12月を過ごせそうだね!

さて今回、

第6回目の課題は「ファスナーを付ける」

だ。

ファスナーの意味は、“しっかり留めるもの”。

ミシン講座も最終回を迎えるにあたって何ともふさわしい課題ではないか。

うまくできてるな、さすがはフェリシモさんだね。

・・・なんてニヤニヤしているから波乱が起きるんだぞ、よつば!

第6回目の課題は「ファスナーを付ける」

第6回目の課題はファスナーを付ける

ボタンやホックで留めるのもいいけど、ファスナーでピシッと閉めたいものもある。

今回の課題は、ポーチや洋服のあんな部分・こんな部分に大活躍の、

「ファスナーを付ける」

だ。

では、教材の中身を確認しよう。

フェリシモミシン講座第6回目の中身

布が3種類と接着芯・ファスナー2本・飾り用ブレード・テープ2種ね。

接着芯をカット

じゃ、まずは下準備として規定どおりに接着芯をカットしよう。

布をカット

次に、接着芯をアイロンで貼って規定通りに印をつけてカットしたよ!

・・・さて、突然ですがここでお知らせです。

そう、なんとファスナーとテープ類を誤ってごっそり捨ててしまっていたのでした。

マジかよ・・・マジだよ!

あれだ、前週末のゴミの日に捨てたんだな多分きっと。

そもそもさ、ファスナーとテープ類だけ小さなビニール袋に入れておいたのがイカンかったのだ。

最終回になってもすんなり終わらないのがよつばクオリティだね!

課題1:ペンケースを作ってみよう!

表布2枚を合わせてうんぬん

「ねえ、ファスナーとテープ捨てちゃってどうすんのよ!」

って知らない誰かから怒られそうな今の私。

まあ何とか気を取り直して、

課題1のペンケースを作ってみよう!

で、とりあえずファスナーなしで進めるところまでやっておいたのが上記の画像

ペンケース用の布は、ベージュに小さな赤いドット柄のものと裏地用にライトブラウンのギンガムチェックのもの。

・・・あと必要なものは、ファスナー(ベージュ)とテープね、ファスナーは楽天で注文したから配達待ちさ。

そんなこんなで2日後、念願のファスナーキター!!

ファスナーが間に合った

20cmのベージュのファスナー、このままでちょうどいいみたい!

ファスナーを待ち針で留める

じゃー、ファスナーを3mm出っ張ってる部分に待ち針でとめて、端から1mmのところを縫おう。

ファスナーの押さえを「片押さえ」に換えて、慎重に縫っていこう。

片押さえは押さえが小さく、ファスナー付けのような細かなミシン掛けに最適なのだ。

片方のファスナーが付いた

ファスナーの持ち手部分をずらしながら縫って・・・よし、片方のファスナーが付いた!

1.5cmに線を引く

縫い合わせたところで折り返し、裏側にして縫い線から1.5cmのところに印を付ける。

ファスナー取り付け中

この印に沿ってミシンをかけよう、ファスナーの持ち手部分に来たらずいーっとずらして縫う、これでファスナーが両側縫えたことになる。

底を縫う

2枚の底部分を合わせて待ち針を留め、押さえを通常のものに戻し、仕上がり線でミシンをかける。

両脇を縫う

両脇を仕上がり線で縫ったら、外袋のできあがり。

外袋をくるむ前

外袋を内袋の布でくるみ、アイロンでクセをつける。

外袋を引き抜く

このまま外袋を中から引き抜くと、内袋の形ができる(ほほー)。

内袋の両側を待ち針で留める

内袋の両側を待ち針で留めて、端から1cmのところにそれぞれミシンをかける。

内袋に外袋をイン

内袋を裏返して表にし、外袋の両端を1cm折り込んでからを中に入れ込む。(割とパンパン)

内袋をたてまつり縫い

内袋を外袋にたてまつり縫い(手縫い)で留めて、裏返す。

ペンケースできあがり

ファスナーの持ち手に赤いリボン(元のテープを捨てちゃったので手持ちのリボンを活用)を付けて・・・。

はい、ペンケースの完成!

ファスナーが見えないタイプ

このペンケースは、表側からファスナーが見えないタイプ。

内袋の様子

うむ、ファスナーを開けると内袋がのぞいてキュートだぞ!

見た目と大きさからして、ペンケース以外にも活用できそうな感じ。

たとえば、お箸入れなどにもいいかもしれないな!

課題2:ファスナーポーチを作ってみよう!

表側6㎜のところに線を引く

うむ、ペンケースを作ってみてファスナーの付け方はわかった。

次は、

課題2のファスナーポーチを作ってみよう!

ファスナーポーチ用の布は、ブルー系のざっくりしたものとさわやかなブルーストライプ×赤い小花柄のもの。

・・・に、紺色のポンポンブレードを使用するはずなんだけど、ファスナーたちと共に捨てちゃったのよね。

ということで、手持ちのテープからよさげなものをチョイス!

どちらにするかな

この2つのうちどっちかかなと考えた結果、向かって左のものに決定。

やはりいい感じだった

布たちと縫い合わせてみたら・・・うむ、こっちでよかったと思う!

ひもをしつけで留めた

サイドにひもをしつけ縫いする、これも捨てちゃったテープの代わりに、お気に入りのリボンを代用。

ファスナーをカット

・・・と、ここまで作っておいたら次の日にファスナーが届いたので、必要な長さにカット。

手縫いで留める

開き終わりは手縫いで留めるようにしたよ。

ファスナーを仮留め

次は、ファスナーを片方をポーチの上部に留めて、ミシンをかける。

片方のファスナー付け完了

片方のファスナー付けができた、どんどん進めよう。

内袋を重ねて待ち針

内袋を重ねて待ち針を打ち、上部の仕上がり線でミシンをかける。

両脇に待ち針を打つ

外布と内布に広げファスナーを外布側にアイロンで倒して両脇を合わせて待ち針を打ち、しつけ縫いをする。

ポーチの周囲を縫い終わり

4片を角丸になるよう印をし、内布に6cm程度の返し口を残してぐるっとミシンで縫う。

裏返したらコの字縫いでふさぐ

ポーチを裏返して表側を出したら、コの字縫いで内布の返し口をふさごう。

ファスナーポーチできあがり

内袋を中に入れ込んで、はいできた。

2種類の布を使った内布付きのファスナーポーチ

のできあがり!

ペンケースとは違った付け方でちょっと苦戦した部分もあるけど、なんとかできたぞ。

あとがき:ミシンが使える喜び・楽しさを堪能した全6回だった。

あとがき

2年もの間放置していたフェリシモのミシン講座「はじめてさんのきほんのき」も、今回で無事完走できた。

最後の最後でファスナーとテープたちをうっかり捨てるというプチ波乱はあったけど、なんとかなった。

こうして6回分の課題作品をずらっと並べてみると、よくやったじゃんてなるよ。

とにかく、2018年のうちに6回すべて終わってほっとした。

最初はまっすぐ縫うだけでもひやひやしてたのが、最後のほうはまっすぐ縫えて楽しいに変わっていた。

成長じゃん。

少なくとも、超初心者レベルだけは脱出したのではないだろうか。

ミシン講座は終わっちゃったけどまだまだ技術はつたないし、小物類ばかりではなく洋服にも挑戦したい。

もうこれからは、布屋さんでお気に入りの生地を買い集めていつか何かを作りたいなってだけの状態にはしないのだ。

今後は、あれを作りたいからこの生地を買わなくちゃ、になるのだ。

そして今のミシンを使い倒したら、次回はもっと高性能タイプにしてもっと難しい作品にもチャレンジするんだ!

・・・こうして私のミシンの欲は、限りなく広がるばかりなのであった。

そんなこんなで季節はクリスマス間近、そうあの子をなんとかしなくちゃね。

ライター紹介

肝油ドロップ愛好家

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ