【積ん布救済企画2】「カットクロスでつくる布こもの」でスマホポーチを作る

ハギレで小物を作ろう2キャッチ

まだまだハギレがあり余っている。

先月こちらで「積ん布救済企画1」でサコッシュ(どっちかというとワンショルダーバッグだが)とフラット巾着ポーチを作ったものの、まだまだあり余っている。

【積ん布救済企画1】「カットクロスでつくる布こもの」とハギレで小物を作る

そこで今回は、

「カットクロスでつくる布こもの」アゲイン企画

として、

ハギレでスマホポーチを作ろう

ではないか。

しかし、元々スマホポーチを作ろうとして買った本でもあるし、やっと本題に入ったとも言える。

手持ちのハギレ救済プロジェクト2を、春になる前に。

さあやる気があるうちに、早速作り始めよう。

【準備編】まずは、材料をそろえて作り方を確認!

スマホポーチを作る

※画像引用元:文化出版局編「カットクロスで作る布こもの」(2018/7/13)

まずは、

スマホポーチの材料をそろえて作り方を確認しよう。

まずは、材料から(いつも使っている裁縫道具は省略)。

【ハギレで作るスマホポーチの材料】

  • 表袋用(パッチワーク用)の布5種類
  • 裏袋用の布1種類
  • 接着キルト芯適量
  • Dカン(直径1cm)2個
  • ナスカン(直径1cm)2個

次に、ざっくりと作り方を確認しておこう。

【ハギレで作るスマホポーチの作り方】

  1. ハギレを規定サイズにカットする
  2. タブと持ち手を作る
  3. スマホポーチ前面の表布それぞれパッチワークする
  4. タブを上部に縫い付けておく
  5. 裏面に接着キルト芯をアイロンで貼り付ける
  6. 表袋布前面と裏袋布前面を中表に合わせてファスナーを縫い付ける
  7. 表袋布後ろ面と裏袋布後ろ面を同様に合わせてファスナーを縫い付ける
  8. ファスナーの端を始末する
  9. 表袋布・裏袋布同士を中表に合わせ、返し口を残して縫う
  10. 裏返して返し口を閉じ、持ち手を付けて完成!

・・・ファスナーの付け方は、フェリシモのミシン講座でもやったので初めてじゃないけどさ。

【最終回はプチ波乱】フェリシモのミシン講座第6回目は「ファスナーを付ける」

ファスナー付けって失敗すると面倒なので、まずは練習が必要だと思われる。

そうだ、本番を成功させるためにも練習だ練習!

【練習】スマホポーチを練習で作ってみよう!

練習しよう

いろいろ考えた結果、練習用で作るバージョンは、

お気に入りのブルー系マルチストライプの布メインで作る

ことに決定。

それと、無地の布を裏布用にすればいいだろう。

ではそれぞれ必要なサイズを測ってからカットして、表布の裏に接着キルト芯を貼っておこう。

すると、こんな感じね。

重大なミス

・・・あら?姉さん大変です、ここでミスを発見しました・・・。

タブを挟み込む部分だけは、必ずパッチワークをする必要があることをうっかり忘れていたよ、残念!

これじゃタブを挟み込む場所がないじゃんよ、ということで改めまして・・・。

気を取り直した材料

はい、布をカットし直したのでこれで作ろう。

ついでに、ファスナーはやっぱりネイビーにしよう。

タブ・持ち手も作った後

まずは、タブと持ち手を作って、表袋用の布にタブを付けてパッチワーク。

ファスナーが就いた状態

表袋用の布の裏にキルト芯をアイロンで接着し、裏袋用の布とファスナーで挟んで縫う。

表袋用布同士・裏袋用布同士を合わせ、返し口を残してぐるっとミシンで縫う。

表袋・内袋同士を合わせて縫う

内袋の返し口をコの字縫いして、持ち手を付けたら・・・。

内袋を閉じて持ち手をつける

はい、完成ーー!!

練習用完成

今使っているスマホが小さめだからだいぶ余裕があるけど、将来機種変して大きなスマホになっても大丈夫そうだ。

これ、以前リンネルの付録バッグをリメイクしたものにピッタリ

なんだ。

リンネルの付録バッグにピッタリ

バッグの中にinしてもいい感じだし、リメイク部分とも相性バッチリ。

バッグの中に入れても良し

これでますます使い勝手がよくなったから、今年の夏もこのバッグ使うの楽しみ!

さて、練習用を作ってみて改めてファスナー付けが苦手なことを実感した。

これだけは数をこなさないといけないのかもなー、特にファスナー端がどうしてもボコっとしちゃうんだよね。

ファスナー付けは今後も課題にしよう。

よし、作り方は分かったし本番に進もうかね。

【本番】さあ、お気に入りの布でパッチワークのスマホポーチを作ろう!

本番スマホポーチの材料

さあやっと本番だ。

いよいよ、

スマホポーチ(複数種の布でパッチワークバージョン)の作成

だ。

練習で1個作ってみたから何となく安心感があるし、これはイケそうな気がする。

ということで、布の組み合わせはこれで行こうかな、フフフ。

組み合わせ案

・・・いや、こっちにしよう、やっぱりこのピンクのかわいい布を使いたい。

組み合わせ案最終

そうだ練習用でネイビーのファスナーを使ったから、こっちはホワイトね。

ということで布を組み合わせて、ミシンをどんどんかけて・・・、できた!

本番バージョン表

お気に入りのハギレをパッチワークしたスマホポーチの完成!

本番バージョン裏

裏は鳥の布を大きく使ってみた。

内袋つき

キルト芯を使ってクッション性を確保しているだけでなく、ちゃんと内袋もついているからスマホを傷つけることもない。

これ、布の種類・配置・分量を変えれば、オリジナルのスマホポーチが無限にできちゃう。

汚れてしまったら持ち手だけ・本体だけでも作り直せばいいし、持ち手を何本か作っておいて、気分で交換するのもいい。

せっかく2つ作ったスマホポーチ、手持ちのバッグに合わせて活用するぞ。

あとがき:スマホポーチが愛おしくてたまらない。

あとがき

実は、スマホポーチを自分で作れたらいいなーって思ってから7年ぐらい経過した。

当時はぼんやりといいなーって思うだけだったので、今回実作したことを考えると随分進歩している。

苦手なファスナー付けもちょっとずつコツが分かってきた気もする。

それに、流れで2つ作ったスマホポーチはどっちもただただ愛おしい。

本番で作ったのものだけでなく練習用のものも2つとも気に入っているし、その日の気分によって使い分けることもできてうれしい。

せっかくお気に入りのスマホポーチを作ったのだし、ポケットが少ないバッグと一緒にどんどん使おうと思う。

もちろん、お散歩にも単体で持っていくよ!

2回目を終えてもなおあり余るハギレたち、また何かで活用しなくてはな。(続く)

ライター紹介

肝油ドロップ愛好家

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ