| TOP | 節約エージェント | よつばブログ。 | カードローン・エージェント |

【加害者版】交通事故の示談金・慰謝料の相場は?知らないとマズイ常識を解説!

スポンサードリンク

交通事故示談金キャッチ画像

こんにちは、自動車の運転大好きライターのまいこです。

早速ですが今回は、交通事故の加害者になった場合の示談金や慰謝料の相場についてまとめました。

ドライバーなら、どんな人であってもどれだけ注意しても自分がいつ交通事故加害者になるかわかりません。

みなさんは、いざ加害者になった際に必要になるお金について、しっかりと理解できているでしょうか?

示談金、慰謝料、損害賠償など、聞きなれない言葉の意味や違い、それぞれの相場については正直よく分からないのでは?

まずは言葉の知識や必要なお金の相場を知って、あらかじめ頭をスッキリさせておくことが大切。

それに、必要な知識や相場を知ることで、思わぬ損害を被ることを防げますからね。

また、お役立ち情報として加害者という立場で「とるべき行動」と「とってはならない行動」など、不利にならないような必要な豆知識もまとめてみました。

こちらも是非、参考にしてくださいね。

それでは、まずは基本となる示談金などの詳しい説明からスタートしますね!

スポンサードリンク

交通事故の示談金って何?慰謝料とはここが違う!

交通事故を起こしてしまった時、一般的には「示談」によって解決することになります。

示談というのは、話し合いで解決すること。

お互いに納得できる金額(示談金)を、加害者が被害者へ渡すことで、示談は成立して交通事故は解決します。

では、示談金には何が含まれるのか、見ていきましょう。

交通事故の示談金とは損害賠償のこと!

示談金は損害賠償と同じ

加害者と被害者の間で話し合うことで、交通事故を解決するお金を「示談金」と言いましたね。

この示談金ですが、実は「損害賠償」と同じなんです。

損害賠償に何が必要なのかを考えれば、示談金に含まれるものも見えてきます!

交通事故の示談金に含まれるものはコレ!

示談金に含まれるのはコレ

損害賠償には「積極損害」「消極損害」「慰謝料」があり、示談金にもこれらが含まれます。

また、起こしてしまった事故が人身事故か物損事故かによって、示談金に含まれるものは異なります。

なかなか聞き慣れない言葉が多いですが、それぞれ次のようなものとなっています。

【示談金に含まれる詳細を確認】

  • 積極損害:被害者が事故によって実際に支払ったお金

※治療費関係、通院交通費、付添看護費関係、入院雑費、弁護士費用など

  • 消極損害:被害者が事故に遭わなければ手にしていたと考えられるにも拘らず、事故により失ったお金

※死亡による逸失利益、休業損害など

  • 慰謝料:傷害事故により被害者が受けた肉体・精神的な苦痛に対して支払うお金

(人身事故の場合)

  • 人身事故の場合の示談金に含まれるのは、「積極損害」「消極損害」「慰謝料」の3つ全て

(物損事故の場合)

  • 物損事故の場合の示談金に含まれるのは、「積極損害」「消極損害」の2つ
  • 車同士の軽い接触事故などの物損事故の場合、慰謝料は求められない

交通事故の示談金、気になる相場は?

交通事故示談金相場は?

何と言っても気になるのは、示談金の相場ですよね。

示談金の相場は、事故の状況・被害者へ加えた傷害の度合い・被害者の家族構成や年齢などによって、大きく変わります。

このため、一概に「相場は○○万円くらい!」とは言えません。

ただし、基準は設けられていますので、被害者の置かれている状況から算出することは可能です。

この明確な基準には「保険会社基準(自賠責基準・任意保険の基準)」と「日弁連基準」の2つがあります。

一般的に、保険会社基準は最低限の金額、日弁連基準は高めの金額に設定されています。

先述のとおり、示談金の相場は一概には言えないのですが、基準がどのように使われるかを見てみましょう。

示談金の相場例:被害者が40歳男性(既婚)で死亡した場合

交通事故示談金相場例

ここでは例として、年収800万円で生活費が300万円、妻子(子1人)あり、大黒柱の40歳男性を交通事故により死亡させてしまった場合で説明します。。

【示談金の相場例】

  • 消極損害:{(死亡当時の年収)-(年間生活費)} ×(就労可能年数係数)=(800-300)× 14.643 = 7321.5万円
  • 慰謝料:2,700万円から3,100万円(日弁連基準)or 1,000万円(自賠責基準)
  • 積極損害(治療費、葬儀費用など):実費

上記の内容を合計した金額がこの場合の示談金の相場す。

交通事故の示談金の相場は想像した通りか、それ以上にかなり大きな金額となります。

ただし、被害者側に過失が認められる場合などは減額も考えられますので、実際の金額は異なる可能性が極めて高いです。

示談金の適切な価格を知りたい場合は、加入している任意保険会社や交通事故に強い弁護士に相談するのがベストです。

交通事故の加害者のための知識!とるべき行動・NG行動はこれ!

これまでの流れでもお分かり頂けたかと思いますが、示談金はかなりの金額となりますし、複雑な基準のもとで決定されます。

被害者へ誠意を見せるのはもちろん、自分自身が大損したりせず、なるべくスムーズに解決へと運ぶためにも、とるべき行動とNG行動をご紹介します。

必ずとるべき行動は「緊急措置義務」「警察への報告義務」!

必ずやること

【交通事故を起こしたときに必ずとるべき行動】

  • 免許取得時に習った「緊急措置義務」「警察への報告義務」を必ず果たすこと!

※これらの義務を果たさないと道交法違反となり、懲役や罰金が科せられます!

  • 被害者(被害者の家族)にこちらの情報(車のナンバー、運転免許証、車検証、自賠責保険証、任意保険証)を明らかにすること!

※加害者が被害者へ示せる数少ない誠意の一つです。
※「損害賠償を支払い、責任を負います」という意思の表れでもあるので、情報開示をしっかりと行ないます。

  • 加入している任意保険会社に報告し、今後の示談交渉などについて相談を!

※被害者と勝手に示談交渉を進めると、お互いに損をする可能性が高いので、必ずプロに任せましょう。

ほとんどの任意保険には、示談交渉のオプションがついていますよ!

治療費の立て替え払いを任意でやっておくと心証が良くなる!

任意でやるといいこと

当座の治療費などを立て替えると、被害者からの心証を良くできる可能性があります。

示談がスムーズに進む可能性が高まる他、嘆願書などを書いてもらえれば刑事責任の軽減が期待できます。

治療費の立替時は、領収書受取と加害者側での保管を必ず行い、任意保険会社の方に指示を仰ぎましょう。

念書を書くこととお見舞金を渡すことはNG行動!

NG行動

事故を起こした直後に、被害者に対して念書を書かないこと!

動揺してしまい、「申し訳ありません。全責任は私にあります。」という内容を書いてしまうことは絶対にNG。

示談が難航したり、任意保険加入しているにも拘らず、保険金でカバーできない大金を支払うことになってしまう可能性も。

慰謝料としてお見舞金を渡さないこと!

人身事故の場合、示談金には慰謝料が含まれており、示談終了後に支払われます。

示談未成立の段階で、被害者から慰謝料としてのお見舞金を請求されても、応じないように!

交通事故の示談金等まとめ

今回は、交通事故の加害者となってしまった場合に必要となる示談金などのお金について解説してきましたが、いかがでしたか?

示談金は、損害に対するお金と慰謝料が含まれ、その計算は非常に複雑なものとなっており、相場も状況によりけり。

もちろん交通事故など起こさないのが一番ですし、誰も傷つけないことが何より大切。

でも、万が一を考えて、加害者となってしまった時のための対策を考えておくのがベターです。

示談金などの専門用語を正しく理解して、万が一のときのためにしっかり準備しておきましょう!

【参考文献一覧】

  • 「交通事故の損害賠償と解決」薄金 孝太郎 著 新星出版社 2012年 改訂第3版第1刷
  • 「交通事故と示談のしかた」長戸路 政行 著 自由国民社 2009年 最新版第1刷
  • 「すぐに役立つ図解とQ&Aでわかる賠償額算定から民事・行政・刑事責任の有無まで最新交通事故の法律とトラブル解決マニュアル128」千葉 博 監修 三修社 2014年 第1刷
  • 「加害者・被害者のための交通事故完全対応マニュアル」鈴木 清明 著 大和出版 2008年初版

スポンサードリンク

ライター紹介

まいこ

京都在住の美容マニアOLです。 お肌の曲がり角を越えた頃からナゾの肌荒れに悩まされ、オーガニックコスメや無添加コスメ、ドクターズコスメなどなど、コスメジプシーを続けています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
グループサイト line

このページの先頭へ