【古物雑貨の旅完結】第3回関西蚤の市で「好きなもの」を確信

関西蚤の市キャッチ

2016年5月に第9回東京蚤の市・10月に第1回東海蚤の市に行ってきたよつば。

残念ながら11月に開催された記念すべき第10回東京蚤の市には行けなかった。

でも、まだもう1回残っているじゃない?

そう、

第3回関西蚤の市

がさ!

ということで、行ってきました。

大阪から憧れの阪急電鉄に(割とマジで)ゆられて出掛けていった阪神競馬場。

当日はかなりのハードスケジュールとわかっていても行かずにはいられなかった熱きハート。

実際、今年最後の蚤の市ではいろいろと思うこともありました。

さあ、今回は何かいいものと出会うか、いつものようにざっくりレポをご覧ください。

関西蚤の市とはなんぞや?

関西蚤の市

それでは、関西蚤の市についてざっくりご紹介。

【第3回関西蚤の市 開催概要】

関西蚤の市は阪神競馬場で行われる古物雑貨の祭典。

これまで参加してきた2つの蚤の市と同様、東京の手紙社さんが主宰。

5月に行った第9回東京蚤の市と10月に行った第1回東海蚤の市については、下記を参考にしてね。

【古物雑貨の祭典】第9回「東京蚤の市」で好きの再確認完了

【東海地区初】第1回「東海蚤の市」で古物雑貨たちに惚れ直す

つまり、2016年は東京・東海・関西と、3会場の蚤の市に行ったってことね。

完全に古物雑貨の旅だったな、2016年てば!

すごく楽しかった。

では、今回の第3回関西蚤の市の様子をほんのちょっぴりどうぞ。

最後の写真、器もさることながら敷いてある猫の布にも注目を!

関西蚤の市1

古本屋

関西蚤の市2

関西蚤の市3

関西蚤の市4

関西蚤の市5

関西蚤の市は3回目の開催だけあって来場者がとても多かった印象。

東京蚤の市の感覚に近いものがあったかな。

関西蚤の市でもさまざまなパフォーマンスを楽しむことができたし、おいしいフード類もいろいろとあったよ。

あとは、こちらね。

競走馬

競走馬を実際に見ることができるのは、関西蚤の市だけだったな!

関西蚤の市でゲットしてきたものをざっくりご紹介!

パンフレット中身

さて、関西に場所を移したとて、またまた大好きな東京・高円寺のハチマクラさんが参加していると知ったらそりゃー行くじゃない?

そしてゲットしたものがこちら!

ハチマクラさんで買った1950年から80年ごろの包装紙や包み紙たち。

ハチマクラさん紙ものたち

そのほかの戦利品も、ご覧のとおり。

そのほかの戦利品

買ってきたものを並べるって、いいよね、買い物の醍醐味。

東京・谷中のビスケットさんで買った青い象柄の布テープ。

大阪・南船場のシトラスペーパーさんで買った猫の切手。

兵庫・西宮のnitteさんで買ったアンティークな布たち。

ハチマクラさんとビスケットさんは、蚤の市で知ったのではなく実店舗に先に行ったパターン。

でも、シトラスペーパーさんとnitteさんは、蚤の市が無かったらもしかしたらご縁が無かったのかもパターン。

・・・ふむ、こうして改めて見てみると、

よつばったら紙ものと布ものしか買っていない

って気づいたりして。

そう、

今回の蚤の市に参加して思ったのは、自分の「好きなもの」が結局のところ紙ものと布もの中心なんだなってこと。

それに、あれだけの中で結局選ぶのはやっぱりこんな感じのテイスト、種類。

自分の「好きなもの」って、やっぱりこれなんだなって強く思ったのでした。

ボタンは今、名古屋の立松ボタンさんで買ったもので満足してるからっていうのもあるかもだけどね。

どっちにしても関西蚤の市、今回もよい出会いをありがとう!

「クリスマスプレゼントの集う記念碑」に参加

クリスマスプレゼント企画告知

東京と東海は、「物々交換の本棚」で自分がおすすめしたい本を交換するっていう企画だったのね。

だが、関西は違った。

関西蚤の市では、

クリスマスプレゼントの集う記念碑「X’mas Present Monument」

っていう企画があってだね。

予算500円ぐらいで、クリスマスプレゼントを交換しましょうぜ企画

なのでした。

ということで、私は「ちょっとした夢を実現するためにあるとうれしいもの」を選んでラッピング!

ラッピングには、東海蚤の市のときと同じくハチマクラさんで購入したラッピングペーパーなどを使用。

プレゼントラッピング

ほうら、紙だってミシンで縫えるんですよえっへん!(威張るところではない)

で・・・置いたー!

プレゼント置いた

ちょっと不安だったけど、誰かが持っていってくれることを願って&交換でひとつプレゼントを選んだ後、お店回りに向かったのであった。

・・・が、チキンなハートから不安を拭い去るためにも、結局1時間後ぐらいに確認しに戻ったよね。

プレゼント無くなってた

・・・無い!どなたかが選んで持って行ってくれたみたいで安心した!

とにかくよかった!それで、私がいただいてきたのはこちら。

もらってきたプレゼント

うーむ、なんて書いてあるか意味がわかんないけど、ラッピングがかわいかったからいっかなって。

さて開けてみるかね、丁寧なラッピングだな・・・。

開けてみた

・・・ほほう?この十字の物体はなんぞね?

・・・裏を見たら輸入物のコースターだってことが判明!

お馬さんの焼印がかわいい木製コースター、せっかくだから実際に使うことにしよう!

このコースターを贈ってくれたどなたかに、幸多からんことを!

番外編:大阪・南船場のシトラスペーパーさん実店舗へ

シトラスペーパーさんカード

今回の関西蚤の市は、都合により初日の午後から2時間半ほどの滞在と少しハードなスケジュールだったことは否定できない。

でも、大体気になっていたお店は回ることができたよ。

そこはもう東京・東海それぞれの蚤の市での経験があるからね。

だけどひとつのお店だけ、ちょっと心残りがあって。

それが、

大阪・南船場のシトラスペーパーさん

※シトラスペーパーさん公式サイト:http://citruspaper.net/

シトラスペーパーさんでは、かわいい猫の切手を買ったのだけど、実はこれに関連したものがあってね。

後からあれも買えば良かったなって感じたのと、この機会に実店舗にもぜひ伺いたいと思って。

ということで、関西蚤の市が終わった次の日、シトラスペーパーさんの実店舗に行ってきた!

シトラスペーパーさん看板

シトラスペーパーさんの実店舗に行きたいなって思ったのは、買い残しへの未練だけじゃない。

あんなに忙しい中でも、きちんとひとりずつお客さんに応対していてそれがとても印象に残っていたから。

品揃えも私の好みにドンピシャだし、これはきっと実店舗もいいんだろうなって思ってたのさ。

建物入口

シトラスペーパーさんさ、私が泊まってたホテルがある(よつばの)四ツ橋から超近いのよ、知らなかった!

シトラスペーパーさん入口ドア

ということで購入したものはこちら!

猫の切手初日カバー

あと、こっちも!

ビンテージペーパーとピン

猫の切手の初日カバーたちと蝶の古いペーパーとよつばの古いペーパー、それに蝶のビンテージピン。

この猫の切手の初日カバーね、切手だけのとどっちを買うか迷って、蚤の市では切手だけにしたのよね。

でもやっぱり揃えた状態で欲しくなって、ずっとうーんて思ってたのさ。

手に入って良かったよ、この猫たちの絵、すてきだもの!

さて、前日の関西蚤の市の後片付けで皆さんとても疲れていたにもかかわらず、お店を開けていただいたのはありがたかったな。

なにしろ12月4日の日曜日は関西地区は夕方から結構な雨だったからね。

雨の御堂筋

御堂筋もほら、ご覧のとおりリアル「雨の御堂筋」状態。

こんな状況だから商品が濡れてしまったり、搬出に手間取ったり、乾燥作業をしたりなどでとても大変だったとか。

でもそんな中でも、蚤の市での印象そのままの対応の良さだった。

雑貨屋さんもね、品揃えだけでなくお店の人の対応も重要だと思うんだよね。

そんな意味からも、大阪行ったら絶対にまた寄りたいと素直に思えるとてもよい雑貨店でした。

あとがき:蚤の市は「好きなもの」を知る場所だった。

日光珈琲

日光珈琲さんでかき氷ーと思ったら、冬だから無かったのでアイスコーヒーを!

さて、2016年は、5月に東京・10月に東海・そして12月に関西と3箇所の蚤の市を回ることができた。

それぞれの蚤の市に行ってみて、それぞれにいいところももう少しかなってところもあったけど、総じて思ったのは、

蚤の市は「好きなもの」を知るために最適な場所だということ。

私も古いものならなんでもいいわけではなく、紙ものや布ものでもときめくものとときめかないものがあって。

それは当然と言えば当然なのだけど、蚤の市に集まるものたちの圧倒的な物量を目の前にしても変わらなかった。

自分の「好きなもの」もはっきりして、好きなお店も固まってきたのも実感した。

ほかの人は、私とはまったく違ったものに興味を示していたけど、みんなしてお気に入りを探したり買ったりするのがとても楽しそうだった。

広い会場を回るのは体力的にも気力的にもちょっとハードだけど、行った価値はすごくあったと思う。

蚤の市、機会があったらぜひのぞいてみるといいよ。

思わぬ「好きなもの」に出会って、そこから興味がどんどん広がっていくかもしれないから!

どうやら本日12月15日で2周年っぽいよつばブログ。これからもゆるくよろしくです!

ライター紹介

よつば

肝油ドロップに溺れたい。(1日2粒厳守)

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ