【3日間完走】世界切手まつりスタンプショウ2018で「タマ&フレンズ」に会う

スタンプショウ2018キャッチ画像

今年もやってきた、切手好きには外すことができないアレだ。

そう、

世界切手まつりスタンプショウ2018

だ。

第42回目のコラボはなんと「タマ&フレンズ」

めっちゃ昭和、昭和ノスタルジーはよつばの大好物さ。

去年もベルばらに酔っていたけど、ことしはタマたちに会えるんだ。

ねこ切手特集も楽しみだぞ!

そう、それと去年の心残りを今年はリベンジするのだ。

レッツゴートゥーザスタンプショウ2018!

3日間行ったよ! スタンプショウ2018!

スタンプショウ受付

切手のお祭りスタンプショウも今回で42回目。

【第42回スタンプショウ 開催概要】

  • 日程:2018年4月20日(金)・21日(土)・22日(日)
  • 時間:20日と21日:10:00~17:00、22日:10:00~16:00
  • 入場料:無料(スタンプラリー参加は公式ガイドブック300円が必要)
  • 主催:公益財団法人日本郵趣協会 (公式サイト:http://yushu.or.jp/
  • 会場:東京都立産業貿易センター台東館 4Fおよび5F展示室
  • 第41回スタンプショウ2018公式サイト:http://yushu.or.jp/

2017年は初めて参加したこともあって、テンションが異常に高かったみたい。

【切手のお祭り】第41回スタンプショウ2017でベルばらに酔う

でも心残りがあったんだよね、3日間開催のところ2日間しか行けなかったから。

しかし2018年は2017年とは違うのさ。

スタンプショウ2018は4月20日・21日・22日の3日間全日程通ったんだから!

そして、今回のスタンプショウのメインタイアップは「タマ&フレンズ」

生誕35周年おめでとうタマ!(&フレンズ)

改めて知ったのだけど、タマってば三毛猫のオス設定らしい・・・希少!!

まあそんな感じで、何かと猫風味が濃い目の回でもあった気がする。

主要展示

今回の主要展示はこちら。(上の画像にも載ってるが。)

【第42回スタンプショウ 主要展示】

  • 世界のねこ切手大集合
  • 切手でふり返る「思い出の昭和」
  • 日本切手フリースタイルコンテスト2018
  • トピカル切手展

文字だけだとさらっとしてるけどさ(撮影禁止なので詳細をお伝えできないの)。

それぞれひとつずつ見ごたえあるし、切手への情熱と財力が皆さんハンパないことが伝わってくるんだ。

ああ、いいもん見せてもらいましたな、って何度も思った。

しかし会場内をひと周りするだけでも大変疲れるし、上階のディーラーブース(全国の切手商さん大集合)なんてもう。

ずっと見ていたいし買いたい欲がむくむく刺激されるが、なにしろ量がハンパないからね。

スタンプショウはおそろしい量の切手に酔うんだよ、切手で酔うってすごくない?

初日なんてせっかく朝方にスタバの期間限定「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」を飲んだのに、あっさり消費しちゃったぐらい。

いや飲んでいたからこそ何とか持ちこたえたとも言える。

周りは自分のお目当ての切手を探す皆さんで並々ならぬ雰囲気だったし、私もずっと集中してたからねー。

お話したらきっと濃い内容で盛り上がる同士たちが大集結している中で一所懸命選んだ。

このほかにも切手デザイナーの玉木さんの講演や会場内の企画、掘り出し物コーナーなど目白押しで、3日間あっても時間が足りない感じがした。

とにかく、スタンプショウを乗り切るには糖分補給がいかに大切かを実感したのであった。

「タマ&フレンズ」スタンプラリーや記念押印をご紹介!

スタンプラリー完成

いきなりだけど、

「タマ&フレンズ」スタンプラリーコンプリート!

本当にコンプリートするためには、浅草のメイン会場内を回って押すだけじゃないんだ。

完全コンプリートのためには、目白の「切手の博物館」と押上の「郵政博物館」にも足を運ぶ必要がある。

当然行ったよ、当然よ。

その成果がこちら。

参加賞

左から、郵政博物館・浅草台東館(メイン会場)・切手の博物館の記念品。

去年も思ったけど、郵政博物館の企画内容に関係ない記念品、ある意味すごい。

それと、会場限定の記念小型印なども3日間かけて押してもらったよ。

記念小型印

3日間分の「記念小型印」がこちら!「タマ&フレンズ」の面々!

チェコとスロベニア

こちらはチェコ郵政とスロベニア郵政の記念押印。(オサレ)

カナダと中国

カナダ郵政と中国郵政の記念押印。(オサレ再び)

浅草と向島

そして、浅草郵便局臨時出張所と向島郵便局臨時出張所(郵政博物館)の押印!

ああ、2018年は3日間行って本当によかった。

すべての切手に消印が押されている・・・眺めるたびに満足だ!

スタンプショウ2018で買ったものは?

記念撮影ブース

せっかくスタンプショウ2018に来たのだし、そりゃー切手買いますよね。

では、今回購入した切手をご覧ください。

1万枚以上(切手箱30箱)から吟味して選んだ成果さ。

いろいろ学んだ結果、去年よりははるかに出費が少なかった・・・はず。

購入したもの1

私にとって絶対外すことができないメインテーマの蝶切手たち。

購入したもの2

サブテーマの鉱物切手にかわいい猫切手とハート切手、そして「よつばのクローバーが豚にさらわれている切手」。

購入したもの3

さらにこちらは風景印に詳しい古沢保さんブースで見つけた掘り出しもの一覧。

阿久比!!こんなところで於大の方ゆかりの阿久比!!また行きたい!

タマの切手

・・・とタマの切手1枚。

まあ、今年はむやみやたらに手を出さなかった点だけは成長したと思う。

いや見方を変えれば、ここで出費しないのって意味あるわけ?とも言えるのだが、まあいいだろう。

縁がある切手なら、いずれどこかで入手することになろうよ!(謎の強気)

あとがき:切手の世界は果てしなく、追えば追うほど深みを見るのだ。

あとがき

ともあれ、去年コンプリ―トできなかった悔しさはリベンジできた。

今年は何とか都合をつけて3日間参加できるようにして本当によかった。

記念押印欄がすべて押されているってイイネ!

人それぞれの楽しみ方があるとはいえ、やはりコンプリートできた達成感はすばらしいものだ。

猫の切手もたくさん見れたし「タマ&フレンズ」の消印も可愛くて満足だ。

愛する切手の博物館もせっかく新しくスタンプラリー企画が始まったようだし、また楽しみながら行こう。

切手の魅力は無限、情熱の波はあっても決して消え去ることのない、広大な海のような存在なのだ。

1年1回春に行われるスタンプショウ、また来たいしもっと気合い入れなければ。

なかなかタイミングが合わなかった浅草の珈琲ハトヤさんにも入店できたし幸せだ。

ライター紹介

よつば

肝油ドロップに溺れたい。(1日2粒厳守)

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ