【リピ買い確実】京都のショコラティエ・チョコレート店3選

京都お気に入りチョコレートショップ3店キャッチ

チョコレートは明治って、以前ほざいていたよつばです。

いやそれは変わりない、基本的には明治チョコレート大好きよ!

だがしかし、ちょっと高級なチョコレートも大好き、だって美味しいもん。

ってことで今回は、京都ならこのショコラティエ・チョコレート店だって思う3店をご紹介しちゃおう。

どのお店もリピ買い確実だし、下手すると万札吹っ飛ぶから要注意ね!

ほんと今回の京都旅は濃かったのよ、いろいろ。

そう、まるで濃厚なチョコレートみたいですねってね!

濃厚なチョコレート・・・まるで失恋ショコラティエの世界さ、気分だけな!

(あのドラマ放送から約2年経とうとしてるんだね時の流れは早いもんです。)

おっと、えらく脱線した。

さて、気を取り直して今回ご紹介するのは・・・。

あまりの可愛さにクラクラしちゃうお店・コレぞTHE京都だな!ってコンセプトのお店・個人的に常連になりたい本格派なお店の3つ。

全部よつばが行って食べてみてのオススメだからちょっとは信用できると思うよ?

※今回は店内撮影は一切行っていませんので悪しからず。

1.超絶キュート!CACAO MARKETは秘密の地下室へ!

カカオマーケット店舗外観

まずはここ、CACAO MARKET(カカオマーケット)

なにからなにまで全部キュート、としか言いようがないんだよね。

このCACAO MARKET(カカオマーケット)は、京都の有名なチョコレート店マリベルがプロデュースしたコンセプト店。

初めて行ったときはKyotobnbさん(旧京都スマイルツウシンさん)のこの記事を見て行きたいー!ってなったんだよね。

非日常な空間を過ごすことができる京都祇園のカカオマーケットというお菓子屋さんが素敵すぎる – 京都スマイルツウシン

その圧倒的なキュートさに、当然ながら若い女性たちから人気抜群!

実際、2回行って2回とも店内移動すら難しいぐらい混み混みでございました。

カカオマーケットチョコレート

1回目に行ったときは、このガラスのコップに入ったタイプを数個、紅茶とチョコクッキーのセットを数個、さらに自分用にも買ったよ。

決してお安くはないわけで、散財だよね、はっきり言って散財だと思う。

アハハ、ウフフ♪(チョコレートマジック)

秘密の地下室へ

・・・高まる!マジで高まる!

店員さんからオススメされることもあるし、そうでなくとも地下室に行きたいって言うと、案内される別建物の秘密のお部屋。

そのための数字キーをもらうんだけどさ。

秘密の地下室キー

このキーナンバーを入力しないと入れないっていうのが、そそるんだよねー!

望遠鏡を覗くと

もしもカカオマーケットの地下室に行ったら、窓際の望遠鏡前の席に座って覗いてみて!

なんだかすごくかわいらしいものが見えるから!

ジェラート

チョコレート屋さんだけど、ここはジェラートも美味しいんだよ。

1回目に行ったときは、残暑で歩き回って暑かったし、やっぱりジェラートを頼んじゃうよねー。

カカオマーケットプレート

こちらは2回目訪問のときに頼んだカカオマーケットプレート。

可愛い・・・。

いいね、やっぱり可愛い。

もちろん見かけだけじゃなくて、このガトーショコラのお味も美味でございました。

【CACAO MARKETの店舗情報】

  • 住所:京都市東山区常盤町(大和大路通)165-2
  • アクセス:京阪本線「祇園四条駅」徒歩1分
  • 営業時間:11時~20時
  • 定休日:火曜日
  • 公式サイト:http://www.cacaomarket.jp/

お店も秘密の地下室も、そしてお店のお姉さんたちも天使みたいだった。

2.加加阿365はTHE京都感たっぷりでお土産に良し!

加加阿365店舗外観

加加阿365は華やいだ祇園の街並みにぴったりな、古風でモダンなお店!

抹茶好きにはたまらない「茶の菓」でも有名なマールブランシュがプロデュースしたチョコレート専門店。

お店に入ると至るところにこだわりを感じたな、なんていうか気合い?

加加阿365

うおお!ってテンションあがりまくって色々カード決済で買っちゃおうぜ!なんてなりそうになったよつば。

だって、京都土産にもぴったりのカワイさと凝ったパッケージ類の嵐なんだもん。

落ち着け、落ち着いて理性を働かせるのよ、そう理性よ・・・。

もう今回の京都旅は予算使いまくってて苦しいだろそうだろ?

ってことで冷静になって自分用に購入したのがこちら。

加加阿365説明

自分用に購入したこれ、365日毎日違うデザイン!

今回は11月10日だったから、「里の祭の日」。

今度行くときはいつだろ、何の日に行けるのか楽しみになるよね!

加加阿365箱裏

箱自体もカワイイし、上箱の裏もさ、いいこと書いてあるー!

「Everyday is a Good day」

全力で、いえすと言おう!

中身はとろーり

ちなみにこれ、中身はとろっとろの状態で製造日を入れて3日しか持たないのね。

だからお土産用には別のものを少々(少々)購入いたしました。

リベンジ必須のエクレア

実は、この日は午後まで別エリアをがっしがっし歩いていたので、到着時間がかなり遅くなってしまって。

このお目当てのかわいいエクレアに巡り合えなかった、残念・・・。

次回はリベンジだ!

【加加阿365の店舗情報】

  • 住所:京都市東山区祇園町南側570-150
  • アクセス:京阪本線「祇園四条駅」徒歩6分
  • 営業時間:10時~18時(夏期は10時~19時)
  • 定休日:不定休
  • 公式サイト:http://www.malebranche.co.jp/cacao365.php

次回立ち寄ったときにも爆買いしませんように・・・ように・・・。

3.ショコラティエ ドゥーブルセットは常連希望のお店!

ドゥーブルセット外観

加加阿365に立ち寄ったのも夕方遅めだったけど、それでもどうしても立ち寄りたかったお店。

それがここ、ショコラティエ ドゥーブルセット

外観は至ってシンプル、実はお店の中も至ってシンプル。

ドゥーブルセット看板

外の看板もカカオって感じを出しつつ、シンプル。

だから、ああこれは本気でチョコレートそのもので勝負しているんだなって思ったのね。

ドゥーブルセット外箱

さらにはチョコレートが入る箱まで、シンプルそのもの。

店主さんのお話によると、この箱を次回持って来ればまた詰めてもらえるんだって。

つい買い過ぎちゃうから持ってきた箱に入る分だけ買っていく常連さんもいるんだって!

ふーん・・・近所の方々に愛されてるって感じで、なんかいいよね!

ドゥーブルセットチョコ6種

ということで、もうほとんど売り切れてしまってたんだけどさ(営業は21時までだけど売り切れ続出)。

それでもこれ食べたいって思ったのを6つセレクトして箱に入れてもらいました。

・・・あれ、上からなんのチョコだっけー?

ドゥーブルセットお品書き

ってなるのを見越していらっしゃる(笑)

お品書き順にきちんと並べていただいているので、安心。

上段左から、抹茶、ガラムマサラ、ミント、下段左から、コニャック、ウヰスキー、アイラ。

お酒風味が半分占めたのは、よつばゆえにご愛嬌!

変わり種のガラムマサラは好き嫌いが激しいから、もしちょっと・・・って思ったらカレー作るときの隠し味としてひとかけら入れると良いそう。

これ、カレー味のチョコだって感じで私は好きかも!

こういうお話ができるのも、個人店の良さかなー。

【ショコラティエ・ドゥーブルセットの店舗情報】

  • 住所:京都市下京区柳馬場通り四条下る相之町141 ITOビル1階
  • アクセス:阪急電車「烏丸駅」、地下鉄「四条駅」徒歩6分
  • 営業時間:14時~21時
  • 定休日:不定休(イベント出店時もお休み)
  • 公式サイト:http://www.kyoto-choko.com/

個人的にとても気に入ったお店なので次回また行くもん!(箱を持って)

京都のショコラティエ・チョコレート店よつば的まとめ

京都って何気にチョコレート天国だよなーって思う。

友達と一緒にまた立ち寄りたいお店も多いし、ここは!と思うような渋めのお店までいろいろ。

正直、こういうところも京都ってうらやましいな。

だって、チョコレートは幸せだもの。

チョコレートを口にすれば、悩みも嫌なことも全部とろけちゃう。

甘く美味しいチョコレート、ああチョコレートあなたはどうしてチョコレートなの?

ほんと今回ももっといろんなところ回りたかったけど、まあまた今度のお楽しみにしよう!

それまではまた明治チョコレートの甘い誘惑に溺れようっと。

※ショコラティエ ドゥーブルセットは不定休なので必ず公式サイトで営業を確認してからどぞー!

いやさすがに朝食に毎食チョコは困る困らない。

★こちらも見てね!⇒【運命の京都福知山】ブックカフェ「古本と珈琲モジカ」で長居

ライター紹介

よつば

肝油ドロップに溺れたい。(1日2粒厳守)

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ

永代使用料と工事費と管理費