【いちごみるくの可愛い妹】サクマ製菓「れもんこりっと」のこと

れもんこりっとキャッチ

「好きな飴は何ですか?」と聞かれたら、私は確実にこう答える自信がある。

サクマ製菓の「れもんこりっと」

とね。

昔からある小さくてとても可愛い飴さ。

でも、れもんこりっとのことを知っている人はもしかして少ないのかも。

デパートの地下などで何とか残っているぐるぐる回る計り売りのキャンディコーナーでも、いちごみるくしかない。

スーパーやコンビニをチェックしても、大体いちごみるくしかない。

売り場であまり見かけないことは、れもんこりっ党員としてとてもつらい。

だからこそ今立ち上がろう。

もっともっとれもんこりっとを知らしめるのだ!

サクマ製菓「れもんこりっと」とは?

れもんこりっととは

「れもんこりっと」って何よって思う人も多いだろう。

「れもんこりっと」は「いちごみるく」の可愛い妹さ。

ちっちゃくてまるくてさんかくの形は同じでも、れもんこりっとはレモンの甘酸っぱさとミルクの甘さが絶妙で、何個でも食べられちゃう。

サクマ「いちごみるく」の姉妹品、1973年生まれのロングセラー品です♪甘酸っぱいレモンキャンデーで、サクサクみるくミルフィーユを包みました。噛んだときのカリッ!コリッ!っとした食感が楽しいクランチキャンデーです。レモンとみるくのハーモニーと絶妙なバランスが楽しめます☆

※引用元:サクマ製菓株式会社 れもんこりっと紹介ページ

マジでベストセラーに納得。

結局ずっと愛される飴は、お口に入れた途端にほっと安心できる味わいのものだからな。

かりっとこりっと噛んだときの食感も楽しい。

でも「何でれもんこりっとだけ「こりっと」なんだろ」ってずっと思ってたので、この機会にサクマ製菓さんに質問してみました。

ホームページからの質問だし回答来ないかもなって思ったらちゃんときましたさすが!

メールの内容を一部そのまま抜粋するね。(サクマ製菓さんに掲載のお知らせ済)

いちごみるくの次に発売をした、「れもんこりっと」は、「レモン味の噛んで食べるキャンデー」がコンセプトのため、「こりっと」という商品名になりました。その後発売した「みかんみるく」などのシリーズは、いちごみるくと同様、「フルーツとみるくのおいしさを再現」がコンセプトのため、商品名は「◯◯◯みるく」となっています。

※回答元:サクマ製菓株式会社 お客様相談室

・・・つまりれもんこりっとは唯一無二の「こりっと」さんなのだ!

近年登場した新シリーズたちにも「こりっと」の呼び名は譲っていない。

ああ長年の疑問が解決して超スッキリ。

サクマ製菓さんご丁寧にありがとうございました!

しかし、いちごみるくはトップアイドルだけあって、こんな特設ページまであるのだ。

いちごみるく誕生物語
いちごみるくの歴史

うーむ両者の扱いの違いをまざまざと感じる。

でもれもんこりっとはいちごみるくの姉妹品なのだし仕方ないのかも。

それに自分自身、大人になって飴をわざわざ買ってまでなめることがとんと少なくなって以来れもんこりっとから遠ざかっていたのも事実。

そうよね、金銭を落とさずに単に推すだけなんてダメな大人の典型じゃんよと考えて、、、

今回れもんこりっと1kg入りの大袋を購入しましたヤッタね!

れもんこりっと1kgは何個入りなのか調べたみた。

数えてみた

久しぶりのれもんこりっと、しかし1kg入りは初めてだ(通常タイプは1袋90g入り)。

サクマ製菓株式会社公式サイトれもんこりっと90g入り販売ページ

さて、今回入手したれもんこりっと1kgには一体何個入っているのか。

通常タイプは1袋90g入りで1個約3.5gだから、25~26個程度入ってることになる。

なお、サクマ製菓さんでは1kg入りのものは260粒を保証している。

これはもう実際に数えてみるしかあるまい。

100

・・・100。

200

これで200・・・。

273

・・・273!!

先生!私のれもんこりっと1kgは合計273個でした!

もともとお安いのにさらに13粒お得だったよヤッター!

このれもんこりっとの山をどうするのか、おい。

れもんこりっとの山

こうして山にしてみるとなかなかのものがある

れもんこりっとの山なんて小さいころに見た夢じゃないか大人になってよかったー!

・・・ていうのはさておき、どうするよこの山。

いくら大好きで毎日少しずつ食べ続けるにしても、さすがに風味が落ちてしまうだろうよ。

そうださっさと友人たちに配ろう。

れもんこりっとのおいしさをおすそわけするのは、れもんこりっ党員なら当然さ。

たとえばこんな感じでさ、透明なプラコップに入れてリボンとペーパーでラッピング。

プラコップへ

我が愛するガーリーテプラでりぼん印刷をやりたい気持ちも消化できて一石二鳥だ。

【マステやリボン印刷】意外と機能充実のガーリーテプラを楽しむ

りぼんでラッピング

30個じゃちょっと仰々しいかなって思ったら、小さな紙袋に入れて渡せばいいさ。

小さな紙袋に

そう、ガーリーテプラで印刷したマステを貼ってね!

マステを貼る

よっしゃこれならさらっと渡せるな。

いちご模様なのに中から登場するのはれもんこりっと、だがマステに表記した「おいしい飴」に偽りなし。

こうしてれもんこりっと消費計画は着々と進んでいくのであった。

あとがき:れもんこりっ党員は永久継続です。

あとがき

最後にこうすればれもんこりっとのおいしさを封印できるぞ!

れもんこりっと、しばらく目を離しているうちにパッケージデザインの変更とともにバリエーションが増えていた。

ひねりタイプしかなかったのに、ピロータイプ(個別密閉タイプ)まで発売されていて時の流れを感じたね。

だけど見た目がちょっと変わっても、れもんこりっとのおいしさは健在だ。

小さいころにわくわくしながらつかみどりした、あの感じがよみがえったよ。

れもんこりっ党員永久継続決定だ。

いちごみるく派のみなさんもぜひ一度食べてみてほしい。

かりっとこりっと噛んでほしい。

見た目は似てるけどちょっと甘酸っぱくて小粋なアイツ、それが「れもんこりっと」なのだ。

秋の夜長に、れもんこりっと。(90g入りの取り扱い強化を希望!)

ライター紹介

よつば

肝油ドロップに溺れたい。(1日2粒厳守)

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ