【紙好きも唸る】フェリシモ「紙の専門商社 竹尾が選ぶ500種類の紙セットの会」

500種類の紙セットキャッチ

衝動買いをしたうちの半分は、なんだかんだで後悔していると思う。

衝動にかまけて買ったものの、冷静になると大してほしくなかったなと我に返るアレである。

だが、最近まったく後悔することのない衝動買いをした。

それが、

紙の専門商社 竹尾が選ぶ500種類の紙セットの会

さ。

なんとこの告知を見てから数十秒後には注文を完了していたという始末。

twitterやっててヨカッター!

フェリシモさんてばサンキューベリマッチ!

で、早速初回分が届いたので今回はこのすばらしき頒布会についてのお話にするよ、うっひょーーー!

「紙の専門商社 竹尾が選ぶ500種類の紙セットの会」とは

500種類の紙セット公式

※画像引用元:フェリシモ紙の専門商社竹尾が選ぶ500種類の紙セットの会

ここは私がうだうだ説明するより、公式サイトの説明を読んでいただいたほうがよい。

描きたくなる紙、500種類。
500色の色えんぴつと相性のいい紙を、なんと500種類。創業から約120年の歴史を持つ紙の専門商社 竹尾のプロジェクトチームが、自社で取り扱う約9,000種の紙の中から吟味し、実際に500色の色えんぴつで描き味を試しつつセレクトしてくれたスペシャルなラインナップ。素材感、色味、表情など紙の個性もそれぞれなら、色えんぴつでの描き心地や色の見え方もそれぞれ。 どの紙に何を描こうか、組み合わせの数だけ創造性が刺激されそう。朝から夜へ、1日の時間の流れを色でイメージした5種類のセットの中から、1回に100枚(100種類)ずつお届けします。

※引用元:フェリシモ紙の専門商社竹尾が選ぶ500種類の紙セットの会

・・・ふーーーむ。

あまりにもすてきでエアー気絶しちゃう。

さて、このシリーズの購入を決めた理由として、

紙専門商社 竹尾さんが手がけている

という絶対的な安心感があったからという点も見逃せない。

単に色がたくさん揃っているだけで衝動買いしたのではない、竹尾さんなら完璧だと瞬時に判断したからなんだ。

※竹尾さんの公式ホームページはこちら:紙専門商社 竹尾

竹尾さんは、とてもすてきな見本帖店が神田・青山・大阪に、それと銀座Itoyaさんにもすばらしい売り場がある。

竹尾さんショールーム

自分で撮影したのがこの1枚しかなくて、しかももう1年半以上も再来できていないとは不覚の極みよ。

それにしても、この「紙の専門商社 竹尾が選ぶ500種類の紙セットの会」さ、

品質がよくて色数が揃っている、しかも・・・いろんな種類が楽しめる。

ハガキサイズでコンパクト、持ち運びしやすくて保管場所を取らない。

さらに月1セット税込み1,620円・・・お財布にやさしい価格設定。

これを買わない選択って紙好きとして無理があると思いません?

「紙の専門商社 竹尾が選ぶ500種類の紙セットの会」初回の内容

パッケージと色説明

早く届かないかなーと心待ちにしていた10月下旬のある日。

「紙の専門商社 竹尾が選ぶ500種類の紙セットの会」初回分100枚が到着!

フェリシモからの宅配便だと分かった途端、心おどるよつば。

早速開けてみて、中身を見てみたよ。

ディープトーン色味

・・・初回は濃色(夕方)DEEP TONE100枚!好きな色味!

グラデーションがたまらない

100枚きっちり揃えたときのこのグラデーションがたまらない。

背表紙から見える中身

きちんと収納したときに、ちらりと色味が見えるのが紙好きの心をつかんで離さない。

5回シリーズだからこんなのがあと4回来るんだよ、たまんない!

【500種類の紙セットの会残り4回の予定】

  • 白(朝):文字どおり白色中心の100枚
  • ナチュラル(午前):やわらかで自然な色合いの100枚
  • 淡色(昼下がり):パステル調のかわいい色味の100枚
  • 黒・グレイ(夜):1日の静かな終わりを思わせる黒やグレイの100枚

これがランダムでやってくるのだ・・・すてき。

もうだめだ、もったいなさすぎて絶対に使えないしこのまま保存するんだ!

500色の色えんぴつ TOKYO SEEDSもやっぱり気になる

500色の色鉛筆

※画像引用元:フェリシモ500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS

うん、ね?気になるのよ。

500色の色えんぴつ TOKYO SEEDSが気になる。

500種類の紙セットの会を注文するとね、もはや意識の隅に置いておくわけにはいかない。

フェリシモさんたら、過去に3回ほど500色の色鉛筆を展開しているのよね。

第1回目は1992年、それから第2回目・第3回目と続き、今回は第4回目のシリーズさ。

実は私もちょっとだけ第2回目を注文していた時期があるんだけど諸般の事情で途中退会。

でも今回のものは特に品質がいいんだよね、何より東京製だしパッケージもかわいいし、やっぱり500色だし!

第1回目が登場して以来、フェリシモさんがずっと推しているのも超分かるすてきシリーズだからな。

それでもなー毎月25本ずつ届くから、今から始めて2年以上。。。

せっかちな私にはこの時点で耐えられないのもわかってる。

某ディ〇ゴス〇ィーニも途中で挫折しちゃってばっかりだったしな、ああ、悩むーーー!

まあ、こちらはしばらく考えましょう前向きに。

あとがき:あと4か月もワクワクが続くなんて楽し過ぎる。

あとがき

「ご注文後約3週間程度でお届けします」なんて言われていたのに結構すぐ届いた初回分。

うれしい誤算じゃないか、楽しみは早く来たほうが絶対にいい。

おかげですごく幸せな気分になれたよ。

それにこの500種類の紙セットの期待にそぐわぬクオリティは、すばらしい。

実物を手にしてみて改めて思ったんだ。

紙好きなら1セットと言わず、2セット以上買っても損をしないレベルの逸品だ。

竹尾さんと組んだフェリシモさん、大正解ですありがとう!

はー、あと4か月間毎月100枚ずつ届くのた楽しみすぎて心がおどりまくりだよ!

衝動買いついでに、この記事も割と衝動書きしたんだよねアハハ。

ライター紹介

よつば

肝油ドロップに溺れたい。(1日2粒厳守)

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ