【フェリシモ】竹尾監修「世界6都市をイメージした紙コレクション&テンプレートの会」

紙テンプレートの会キャッチ

今年も相変わらず紙好きは継続の模様です。

でも、春は別れの季節です。

そう終わってしまったの、5か月間もウキウキワクワクさせてくれた、「紙の専門商社竹尾が選ぶ500種類の紙セットの会」が。

とてもつらい。

【紙好きも唸る】フェリシモ「紙の専門商社 竹尾が選ぶ500種類の紙セットの会」

500色の紙

コンプリートできたのはうれしいし達成感もあるけど、来月からはもう来ないんだもの。

さようならフェリシモ、楽しかったよ今までありがとう!

・・・なんて言っていたら始まりました。

紙の専門商社 竹尾 監修 世界6都市をイメージした紙コレクション&テンプレートの会

です、ヤッタネ!

そう、春は出会いの季節でもあるんです。

このコレクションを発見した途端、「無」と「歓喜」が交錯する感情、自動的に注文ボタンをクリックする指。

フェリシモさん分かってる、すごく分かってるよね(沼)。

始まるよ、紙好きのための6か月間アゲイン!

「世界6都市をイメージした紙コレクション&テンプレートの会」とは?

パッケージ

「世界6都市をイメージした紙コレクション&テンプレートの会」

とは、こんな感じのもの。

紙の専門商社 竹尾とSeeMONOがコラボした、紙好きのための、ちょっとマニアックな紙コレクション。世界6都市のイメージで紙20枚(=20種)をセレクトしました。付属のテンプレートを使って、自分オリジナルの封筒やタグなどを作ることもできます。紙の質感や組み合わせを考えながら存分に紙を楽しめるコレクションです。ふだんなかなか手にすることのない珍しい紙も多いので、一期一会の旅のように、一枚一枚の個性と巡り会う楽しさを味わえそうです。

引用元:SeeMONO 紙の専門商社 竹尾 監修 世界6都市をイメージした紙コレクション&テンプレートの会

・・・SeeMONOって何ぞや?ってなったけどフェリシモのインテリア雑貨のブランドですって。

ふーん、オシャレだね!

世界の6都市のイメージに合わせて選んだ紙とテンプレが6か月にわたって届くのだ。

しかも、信頼の竹尾さん監修だから安心。

めちゃくちゃ楽しみだ、ちゃんと生きよう。

今回のコースでは、実用性抜群な小さな封筒や袋を6種類作ることができる。

紙を生かすとしたら、やっぱり封筒や袋類が気軽な使い道だと思う。

市販のものでもいいけど、使いたいときに限ってストックがなかったりするしね。

テンプレがあれば、手持ちの紙を生かしてかわいくできるだろう。

いずれにしても、500種類の紙セット完了でしゅんとしていた心にジャストミートしたのは間違いないね。

栄えある初回は「TOKYO POCHI BUKURO」

内容物

なんと初回分は大好きな神戸にウキウキ旅行に行っている間に届いていた。

私が神戸に行っている間に、すれ違いで神戸から届くとはこれいかに。

まあいいが。

さて、こちらが、

「世界6都市をイメージした紙コレクション&テンプレートの会」の内容

でございます。

コレクションに入っているものは、以下のとおり。

【紙コレクション&テンプレートの会の内容物】

  • 都市のイメージに合わせてセレクトした紙20枚
  • 紙テンプレート
  • 情報カード(作成手順記載)

内容物はパッケージを含め、すべて紙でできているというシンプルなこだわり。

使い終わった後も、パッケージにすべてをコンパクトに収納できるのもいい。

さて初回に届いたのは、

「TOKYO POCHI BUKURO」

どうやら東京の多様性・多面性をイメージして集めた紙らしい、ほー!

そしてポチ袋かー、日本ならではの紙ものだものね。

見てるだけでもワクワクするけど、これは早く作ってみないと!

早速「TOKYO POCHI BUKURO」を実作!

やってみよう

さあ、早速やってみよう。

「TOKYO POCHI BUKURO」を実作だ。

その前に、道具を用意しよう。

【用意する道具】

  • はさみ
  • カッター
  • 定規
  • のり(スティックのり)
  • シャープペンシル
  • 書けなくなったボールペン

まずは、この色の組み合わせで(単に上から2枚取っただけ)。

テンプレートで印をつける

テンプレ―トを切り離して、紙の上に置いて印をつけて切る。

切り抜いたところ

折って組み合わせて糊づけして・・・。

組み合わせて糊付け

できたー!ポチ袋!

できあがり

・・・色的に忍者とか畳のイメージかな、組み合わせを変えたのも面白いね。

で、調子にのってもう少し作ってみたよ。

ほかにも作ってみた

紙の色と小窓やふた部分の形を変えるだけでも随分表情が変わる。

お気に入りは、赤い線の表情が面白い「寿(ことほ)ぎ」バージョンのもの。

ああ、テンプレ便利!最高!

きちんとしたテンプレがあると同じものがたくさんできるし、クオリティーも保てる。

それに、ポチ袋はシンプルなものだからこそ、自分のアイデア次第でいろんなアレンジができそう。

次回以降も楽しみだ。

今回のコレクションもやっぱり申し込んで大正解なのであった。

あとがき:大好きな紙を簡単に実用化できる素敵テンプレだった。

あとがき

紙好きの皆さんはお分かりいただけるだろう。

紙好きにとって、紙は減ることなく無限に増える。

いけないと思いつつも手にしてしまう、それが紙の魔力なのだ。

そんな愛しい紙たちをスマートに実用化できるのが、紙コレクション&テンプレートの会だと思う。

この素敵テンプレがあれば、大好きな手持ちの紙たちを使ってすいすい作ることができちゃう。

まさしく紙好きがほしかったものを作ってくれたって感じがしたね。

後5回、毎月どんな紙とテンプレが届くか楽しみにしよう。

フェリシモさんもある大好きな神戸、また行くぞ!

ライター紹介

よつば

肝油ドロップに溺れたい。(1日2粒厳守)

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ