【マステ好き再燃】mt 10th anniversary in Nagoyaと東京のmt lab.に行った

mt10thキャッチ

マステ好きが再燃している。

再燃しているっていうか、より高まっている。

それというのも今年は、カモ井加工紙さんのmtが誕生して10周年というおめでたい年だからだ。

そう、

2018年は「mt 10th anniversary」

なのだよ諸君!

つまりは、10周年にちなんだ企画が主要都市を中心に行われ、限定マステがたくさん発売されるということでもある。

これはヤバイね!

ということで、

その10周年記念企画のひとつ、「mt 10th annversary in Nagoya」に行ってきた

のです。

さらにマステ熱が高まった勢いで東京の「mt lab.」にも行っちゃった

のようふふ。

今回は、この1か月ですこぶるマステ熱が再燃したという記録です。

「mt 10th anniversary in Nagoya」とは?

mt10th名古屋

では早速だけど、

mt 10th anniversary in Nagoya

の詳細は以下。

【mt 10th anniversary in Nagoya 開催概要】

大好きなカモ井加工紙さんのmt10周年記念イベントが名古屋でやると聞いたときからワクワクが止まらない。

去年の名古屋のはポップアップストア的なものだったから、今回ほどの規模ではなかったのだ。

もう1年以上前の話なのか、うーむ。

【マステステマ宣言】魅惑のマスキングテープ沼は脱出不可能

10周年記念イベントでは、マステのつかみ取り(各地で開催されるイベント限定マステが多く入っている)や量り売り(修羅場)や当たりマステを狙ったガチャなど、楽しい企画がたくさん。

試し貼りコーナーもいつもどおり楽しんだよ。

mt10th名古屋会場内

会場内はすでに最終日だったから、割と人が少なかった感じかな?

お買い物ボックス

だがしかし、人数の多い少ないではないんだあふれるパワー(熱情)は。

「mt 10th anniversary in Nagoya」で購入したものは?

10周年記念名古屋購入品

では、今回の名古屋でのイベントで購入したものをご紹介。

10周年記念名古屋限定マステ

名古屋限定マステコンプリートセット(10種入り)はマスト!

名古屋らしく、ご当地名物・駄菓子・味噌樽・あずき・ういろうとかね、ほーパチンコとか乾電池も名古屋なのか!

単品売りのコーナーではブルー地のきせかえ人形模様のマステの減りが激しかった。(一時売り切れたらしい)

確かにかわいい、だがそのほかのものもどえりゃーかわいいがね!

量り売りとつかみ取りマステ

せっかく来たのだし、量り売りのマステを少々&つかみどりを1回分!

量り売りでは見事にブルー~グリーン系しか選ばないのが自分っぽい。

なんと6本で300円しなかった、安い!

1回500円のつかみ取りでは合計8本でバナナは3つ取ったのだけど、修羅場で親切にしてくれたお姉さんたちにもらっていただいだ。

もう同じものはたくさんいらないの、大人になったでしょ?

このバナナ・ふぐ・サビ(チョコではないのだ!)・伊勢型紙のマステは地方イベント限定のものらしい。

折り紙柄が2本?

折り紙柄のmt wrap、同じのが2本あるけど実は1本は2017年の東京の紙博で限定販売されてたときのものなんだ。

実はひとつは限定

折り紙柄がかわいくてもったいなくて使えなかったけど、これでバリバリ使えるな!

mt wrap実例

mt wrapはこんな感じでブックカバーにすることもできるのだよ実用的。

こうしてウキウキワクワク行ってきた名古屋のイベントであったが、ひとつうっかりなことがありまして。

名古屋イベントの記念缶バッジ、材料を買ったのにバッチンしてくるの忘れた!

つらい・・・機会があったらどこかでできないかお願いしてみよう。

東京のmt lab.に行ってきた!

mtlab.外観

名古屋で勢いづいたから、東京のmt lab.にも行ってきたの。

mt.labとはカモ井加工紙さん直営の路面店

mt lab.についてはこちら。

【mt lab.について】

  • 営業日:毎週水曜日から日曜日まで(月・火は基本お休み)
  • 営業時間:10:00~19:00(12:00~13:00はclose)
  • 店舗住所:東京都台東区寿3-14-5
  • 最寄り駅:地下鉄都営大江戸線蔵前駅A5出口より徒歩3分
  • 公式ページ:http://www.masking-tape.jp/event/mt-lab/

以前は予約優先だったけど、現在は予約なしで入れるので営業時間内ならいつでも行けるうれしい。

※【予約優先制】終了についてのお知らせ
http://www.masking-tape.jp/event/2018/05/post-10.html

店内ではスタッフのお姉さんたちが親切に説明してくれるし、お姉さんたち自身もきっとmtが大好きなんだろうねって思えるのでほんわりする。

特にオープン当初は人気がすごく、予約も取りづらかったというmt好きの聖地だ。

店内1

今回訪れたときは「mt wrap展」の真っ最中で。

店内2

mt wrapは両端を合わせると簡単にラッピングできるんだ。

店内3

カジュアルな“のし”デザインは気軽なお年賀やお祝いに良さげ!

店内4

こんな感じでシャレオツな使用例がたくさんあって至福。

店内5

新作マステ・mt lab.限定マステも豊富!

mt lab.購入品

ということで、mt lab.では上記のものを購入。

mt wrapはおめでたいポップな色使いの“のし”タイプ。

マステはmt lab.限定品を中心に、好みの色合いや柄もの・量り売りのものを(これも限定)を少々。

今回は割とストイックに選んだのだけど、だからこそ満足度が高いのかも。

そうそう、量り売りのマステ、新しいものに変わったとのことだしまた折を見て行かねば!

10周年記念限定マステ(非売品)とかさ。

mt10thanniversaryボックスと通販限定マステ

何しろ今年はmt 10th anniversaryだからさ、

10周年記念mtboxなんてのが発売されたり(当然買ったり)。

mtファンにはたまらない記念マステ(非売品)が割と太っ腹に配られている

のです大変。

上の画像(黒地のマステ1個)も、mt通販サイト購入者限定の10th記念マステだったりするしね。

そのほかにも、今回のmt 10th annviersaryイベントで1,000円以上お買い上げごとに1個もらえるこれとか。

10周年イベント記念マステ3種

税抜き1,000円ごとに1個だから、たくさん買った人はたくさんもらえちゃうという罠。

mt lab.記念品

そして、mt lab.でもお店の1周年記念のマステと、復刻版のマステをもらえたし。

mtアプリ登録記念マステ

mtスタンプアプリを入れて会員登録した記念にもらえるマステもあるし。

あとスタンプひとつ

mtスタンプ対象イベントに行って500円以上購入すると押してもらえるスタンプがたまると、これまたマステがもらえるの。

自分で買えば増える、それは道理。

しかし、さらに非売品のマステを次々にもらえてしまうのですよ素敵。

もうさマステって自然繁殖してるんじゃないかな、きっとそうだよ。

・・・おお、確か通販サイトでもあとちょっとで限定マステがもらえるポイントになるはずだ。

そしてとりあえず、あとひとつでガチャ当たりマステがひとつもらえる、1か月以内の予感!

あとがき:そして引きずり込まれまくるマステ沼。

あとがき

2018年5月は、私にとってマステ係数がとても高い1か月だった。

当初はまあそんなに買わなくてもいいだろう、手元にたくさんあるしと思っていたが甘かった。

マステが自ら意思を持って増え続けることをうっかり忘れていた。

あの子たち仲間をきっと呼び寄せている、そうに違いない(ということにする)。

だが紙好き、マステ好きにとって使う予定があろうとなかろうとマステが増えるのは幸せにほかならない。

名古屋のmt 10th anniversaryと東京のmt lab.に行って大正解だ。

こうして増え続けるマステを正当化し、さらなるコレクション欲に燃えるのであった。

うーむ、スタンプもあとひとつは押したいし、次はあれよ紙好きなら外せないあのイベントな!

修羅場怖いがマステはほしい、嗚呼。

ライター紹介

よつば

肝油ドロップに溺れたい。(1日2粒厳守)

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ