【糸の色替えとかのこ編み】フェリシモの棒針編みレッスン2でミニポーチ作成

フェリシモ棒針編みの会2キャッチ

「積ん編み禁止!リアルタイムでやっていくぞ!」

と心に誓って開始した、

フェリシモのはじめてさんのきほんのき「棒針編みレッスン」も第2回目

を迎えた。

初回はごくごく基本的なことを学んだだけだったけど、棒針の扱いを覚えることができた。

そう、初回はあくまでもアップであり、第2回目となる今回からが本番である。

せっかくつかんだこの感覚を忘れないうちに、進めていこうではないか。

第2回目の課題は「糸の色替え、かのこ編み」

第2回目の課題

フェリシモはじめてさんのきほんのき「棒針編みの会」、

第2回目の課題は「糸の色替え、かのこ編み」

だ。

色を変えて編む方法と、かのこ編みね・・・かのこ編み・・・なつかしい!

ボコボコした編み上がりが何とも愛らしい感じのアレだ。

今回の中身は、赤・紺・白の毛糸と、内袋用の布とファスナー、テキスト。

第2回目の中身

あーそういえば、昨年ミシン習っているときにファスナー類ごっそり捨てちゃったことがあったよね・・・。

内袋用の布とファスナー、今回はうっかり捨ててしまわないようにしなくてはな!

では、材料と手順を確認したら始めよう。

練習:クッション用サンプラーを編もう!

サンプラーを編もう

ではまず、軽く腕ならしだ。

ボーダーのサンプラー

を編んでみよう。

まずは赤の毛糸で作り目ね。

サンプラー作り目

今回は、赤3段・紺1段・白1段のメリヤス編みだ。

サンプラー編み始め

このパターンを6回繰り返し最後に赤3段編み、最後に表編み止めしたらできあがり!

サンプラー編み上がり

色を変えると今どこを編んでいるか分かりやすいし、変化があって飽きないのでどんどん進む。

若干ゆるめぐらい?

うーむ、目安よりちょっとゆるいっぽいから本番ではややキツめに編もう。

でもどうよ、

第1回目より目がそろっているぞ、上達している!

とひとり喜んだのだった。

慣れって大切ね!

本番:ボーダーのミニポーチを作ろう!

ミニポーチを作ろう

さあ、いよいよ第2回目の本番、

ボーダーのミニポーチを作成

しよう。

まずは、紺の毛糸で作り目ね。

ミニポーチ作り目

こちらは、紺・赤それぞれメリヤス編みで2段ずつ・白のかのこ編みを6段編む、を繰り返す。

かのこ編みは欅坂46のサイレントマジョリティーを口ずさみながらリズムに乗って編んでいこう。

♪ ふふふん(表編み)ふふ(裏編み)ふふん(表編み)ふふーふふ(裏編み)ふふーふ(表編み)ふふんふ(裏編み)ふふふ(表編み)ふふふ(裏編み)ふふふ(表編み)ふふんふ!(裏編み)、みたいなね。(分かりづらいわ)

ポーチを編み始めよう

歌いながら編むと楽しいな!・・・そんな感じでなんとか編み上がったぞ!

ミニポーチはまあまあ

よっしゃ、やったーと思いきや、さくっと「もう1枚編もう」なんて書いてあってね。

なんか、体育会系部活の「まだまだ行けるなー?よーし後10周!」を思い出したね、いや2枚編まなきゃいけないって分かってたけどさ。

2枚編み終えた

まあそんなこんなでなんとか2枚編み終えました、ふー。

フリンジ1

では、ファスナーの持ち手に付けるフリンジを作ろう。

フリンジ4

10cmの長さにカットした厚紙に赤い毛糸を8回ぐるぐる巻いて・・・2か所を縛ってカット!

フリンジ完成

紺の毛糸でも同様に作って、赤と紺のフリンジ完成!これを最後につけるんだ。

ミニポーチに仕立てよう

じゃ、ミニポーチに仕立てていこうか、内袋用の布とファスナーを用意して指示通りにカット。

内袋を作る

チャックをポーチ本体の上部に縫い付けたら、紺の毛糸で下部をメリヤスはぎ・側面をすいくい綴じしてポーチの形に仕上げようって、もうできてる状態にすっ飛んでるね。

このあたり、画像撮影を忘れるぐらい集中&エラー&やり直しだったのでごめん。

内袋を付けた

内袋を表側に返して本体内部にたてまつり縫いで縫い付けたら、内部はこんな感じ。

最後に、ファスナーの持ち手にフリンジ2つを付けよう。

ミニポーチ完成

できた!サイズ的に使い捨てカイロ入れるのにピッタリでは?もう春だけど!

まあしかし、編み地にファスナー付けるのめんどいしメリヤスはぎとすくい綴じはちょっと手こずってしまった。

これもあれかなあ、慣れなのかなあ。

ま、なんとかミニポーチも仕上がったしいいか。

こんな時代もあったねと、笑い話になる日が来ることを願うよ。

あとがき:編み物の楽しさだけでなく、ミシンのありがたみも感じた。

あとがき

色を変えて編むのはとても楽しい。

飽きないし、ここまでやったぞというのが分かりやすいからだ。

かのこ編みも、リズムに乗って編んでいくとすいすい編めてしまう。

第2回目にして編み物の楽しさがさらに増したと思う。

でも、編んだだけでは作品にならないのだ。

手縫いでファスナーや内袋を付けたり、綴じたりする作業で随分時間がかかってしまった。

こうした部分、布ならミシンでガーっとできるからね。

編み物をしているのに、ミシンのありがたさも感じた回だった。

編み物の楽しさと苦しさは表裏一体、来月の第3回目も心して取り組もう。

第3回目、超かわいいものが編める予定で楽しみ!

ライター紹介

よつば

肝油ドロップに溺れたい。(1日2粒厳守)

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ