【ミシンが心配】フェリシモのミシン講座3回目「厚い部分を縫う」でトートバッグ

フェリシモミシン講座第3回目キャッチ

前回、苦手なジグザグミシンを何とか克服した。

さて、今回で順調に、

フェリシモのゼロからレッスン ミシン「はじめてさんのきほんのき」の会も第3回目

を迎えている。

前回第2回目は苦手なジグザグミシンのコツをつかむことができ、一歩進んだ感がある。

【ジグザグミシンを克服】フェリシモのミシン講座第2回目で苦手意識をぶち破る

だが、ここにきてちょっと心配になってきたのだ。

なぜならば、

第3回目のテーマは「厚い部分を縫う」

だからだ。

厚い部分を縫うってね、ミシンに大きな負担がかかるんです。

割と初心者向けのマイミシンが耐えられるか心配。

さらに課題のハードルが上がって、2種の布を使ってトートバッグを作る

という・・・。

ハードだ、第3回目にして高いハードルだな!

ちゃんとでき上がるのか、まあやってみようではないか!

第3回目は「厚い部分を縫う」練習なんだけど・・・。

厚い部分を縫う

さあ、全6回の講座も折り返し地点にやってきたよ。

第3回目のお題は「厚い部分を縫う」

とな・・・。

はっきり言って、超心配。

私のミシンは初心者向けの普及バーションちょい上であり、針が折れないかめちゃくちゃ心配。

こんなとき職業用のパワフルなミシンなら、あこがれの標準価格70万円のあのミシンなら・・・。

いや、いくら初心者向けバージョンのミシンでもちょっと厚い部分を縫っただけでイカレテしまっては困るのよ。

そうさ、やってみるだけさ、厚い部分も縫ってみなければ先に進めない。

できるだけゆっくり縫ってミシンの負担を軽くして、不安なときは針を交換することにしよう、そうしよう。

第3回目は「トートバッグ」を作成

フェリシモミシン講座3回目の中身

まずは、ミシンを使う前まで準備しよう。

今回は、布2種類と接着芯を使うよ。

接着芯をカット

まずは、接着芯を規定のサイズにカットする。

接着芯を貼った

カットした接着芯を無地・水玉の布の裏に貼っていこう。

布のカット完了

よし、これで前準備は完成だ。

布のカットが終われば、あとはどんどん縫うのみさ!

さあ、厚い部分をどんどん縫おう!

3回目のテキスト

間違わないようにテキストを熟読したら、始めよう。

初心者がトートバッグをうまく作るコツは、自己流で進めないことだ。

間違いは大体にして思い込みが原因だからね、しっかり読むことが大切だ。

持ち手を作る

まずは持ち手用の布を規定通りに折る。

ひも完成

折ったら両端から1mm程度のところにミシンでステッチをかけよう。

布を合わせる

次に、外袋用の無地の布と水玉の布を縫い合わせよう。

布の切り替え部分

縫いしろをアイロンで無地側に倒し、裏返して無地側の端から1mmのところにステッチをかける。

外袋を縫う

裏返して外側を縫ったら、小さなテープを仮止めしておこう(撮影忘れた)。

外袋のマチを作る

続いて底にマチを作るため、左右対称に11cmの位置に線を引いて縫う。

外袋完成

マチから1cmのところでカットする。

外袋外観

外袋、もうこのまま上部を縫うだけで十分なのではとも思ったけど、ちゃんと作ろうな。

内袋を縫う前

続いて内袋を、向かって右側に7cmの「あき」を残して縫っていこう。

内袋完成

内袋も縫い終えたら同様にマチを作って余分な部分はカットしておく。

内袋と外袋を合わせて留めた

外袋を内袋の中に入れ込み、できあがり線で合わせて待ち針で留める。

内部はこう

留めたあとの内部はこんな感じ、これを上から1cmのところでぐるりと筒縫いした後、外袋を内袋の「あき」部分から引き出して裏返そう。

内袋を出して

オール水玉の内袋が出たら外袋の中に入れ込み、でき上がり線でアイロン・持ち手を待ち針で固定して上から1mmのところにステッチをかける。

できあがり

内袋の「あき」をコの字縫いして閉じたらでき上がり。

・・・どうよ?厚い部分もステッチもまあまあうまくいったじゃない?

底板を切って

・・・えー、個人的にトートバッグには底板がほしいので手持ちの板をカットしてイン!

完成

できた!小さなトートバッグの完成だ!

あとがき:マイミシン、意外とやるじゃん。

厚い部分はどうか

不安だった厚い部分も難なくクリアーできてホッとしている。

今回のトートバッグ作り、作業工程は多かったけどひとつずつこなしていけば何とかなった。

第1回目・2回目で学んだことの応用だったから、案外イケたのだろう。

ベーシックで使いやすいミニサイズのトートバッグに仕上がってうれしい。

前回は100円ショップで売ってもいいかなレベルだったのが、

今回のトートバッグは3コインショップ商品もしくは女性誌の付録レベルと思われる。

しれっとブランドタグでも縫いつけておけばダマせるのではないだろうか。

そんな感じで着実にミシン慣れしてきているし、もの作りの楽しさがパワーアップした第3回目なのでありました。

まあ、まだ残り3回あるのだし、次回は何が起こるか分からないけどね。

この数日後に台風で停電した我が家、今はこうしてミシンも使えるし電気は本当にありがたいよ!

ライター紹介

よつば

肝油ドロップに溺れたい。(1日2粒厳守)

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ