【再生紙テープを切り貼り】エコクラフトでミニチュア雑貨を作る

エコクラフトキャッチ

エコクラフトをご存じだろうか

エコクラフトとは再生紙のひもが数本集まった手芸用の平たいテープのことだ。

そして、いつものようにふらっと書店の手芸コーナーに出かけてみつけたこちらの本。

エコクラフトで作るかわいいミニチュア雑貨

ほうほう・・・

エコクラフト=紙もの、かわいい=正義、ミニチュア雑貨=・・・好き!

ようし、紙ものと紙もの雑貨にはまった2017年の締めくくりはこれだなと思って購入。

そしていつものように、凝りもせずにトライしてみたよ。

いいのよとりあえずの仕上がりは気にしない、もう手芸は自己満足の世界だって身に染みているからさ。

何ごとも気になったらやってみればいいのだ。

それでは、いつものようにレッツゴー!

エコクラフトについて

エコクラフトとは

エコクラフトはハマナカ製の手芸材料で、原材料は紙。

しかも再生紙100%だからとってもエコ。

エコクラフトは、その名のとおりエコな手芸材料なのだ。

今回は4色だけ使うけど、ハマナカ製のは全部で29色もある。

ほんものの木材のようなナチュラルカラーも多いから、小さなかごや家具作りにもぴったりさ。

エコクラフト

実物はこんな感じで12本の細い紙ひもが並んで貼り付けてあるから、用途に応じて切ったり数本ずつ分けて使うのだ。

・・・???何か既視感があると思ったんだけど、ベ〇ースタ〇(ド〇カラ〇メン)に似てる!

似ている

そう思うとなんだかちょっと愛しくなってしまうのであった。

エコクラフトで実際に作ってみよう!

エコクラフト書籍

エコクラフトで作る かわいいミニチュア雑貨
(ブティック社)レディブティックシリーズno.4531 (2017/11)
www.amazon.co.jp/

ああ表紙に作りたいものてんこ盛り!・・・でもわかってる。

最初から編み編みしたり、複雑な構造のものは作ったりしちゃいけないってこと。

今年1年、いろいろな紙もの雑貨づくりをして学んでるから安心してほしい(この前のペーパークイリングとか)。

だから今回はちょっと基本的な感じのものでトライするよ、丸いスツール(椅子)。

いやでもこれ、初心者の初心者用ではないのでは疑惑もある。

まあいいのだ、やってみるんだ年末だし勢い大事!

ってことで、本の通りに材料のサイズを測って切ってみた。

パーツを切ってみた

それぞれのパーツを重ねて貼るとこんな感じ。

サンド色の細い2本は輪っか(指輪みたいな形)にして端を糊付けしておこう。

パーツを貼り合わせた

スツールの上部を丸く切って・・・

円形にカット

丸く切ったものに、もう1枚重ねて貼って切ってを繰り返して4枚貼り合わせた状態にしよう。

縁取りをぐるりと巻いたら裏返して、大きめほうの輪っかを貼って脚を4本均等間隔に貼って・・・最後に脚の下部に小さめの輪っかをはめ込んで貼って完了!

どうよ、スツールできあがり!

できあがり

横から見るとこんな感じ。

スツールを横から

ひっくり返してみるとこんな感じ・・・まあまあ、スツールっぽくなったのでないだろうか。

スツール裏返し

前回作ったクリスマスブーツを乗せても大丈夫。

クリスマスブーツをのっけてみた

ふむ、スツールが案外スイスイできたので、2018年は編み編みにも挑戦したいぞ!(する)

あとがき:エコクラフトはエコであるだけでなく優秀な手芸素材!

あとがき

書きながらもう2脚作ってしまった、覚えると簡単だ!

エコクラフト手芸は、初心者向けにもピッタリだと思う。

切り貼りもしやすいし、何しろ素材が紙だから扱いやすさもお墨付き。

いきなりカゴとか麦わら帽子とかの編み編み系から入らなければいいのだ。

今回は「スツール」を参考に作ってみたけど、予想外にスイスイできで満足度も高い。

バルサ材で作るより簡単だし時間もかからないし、見た目も木材っぽくなるしね。

何より、再生紙100%というエコ素材な点もいい。

まだたくさん材料が余ってるし、もうこれは編み編み系をやるしかなかろうぞ来年!

そう、私自分でアレ作りたいのよ、リカちゃん人形の洋服用のトルソー!(無謀)

&ハッピーニューイヤー!

ライター紹介

よつば

肝油ドロップに溺れたい。(1日2粒厳守)

follow me
  • twitter
  • rss
サブコンテンツ
グループサイト

ページトップアイコン  このページの先頭へ